その他

お彼岸のお供えに、のしは不必要?その場合と必要な時の書き方を紹介

シノ
シノ
家のお供え物に「のし」つけなきゃ!でも書き方がわからないなぁ
ジロ
ジロ
やぁシノ太。「のし」の書き方について教えてあげるよ。あと「のし」が不必要な場合があるからその事も教えるわ〜

お彼岸のお供え物に熨斗(のし)は必要だと思われがちですが、ジロが言っていたように不必要な場合があります。

今回はその場合や必要な時の「のし」の書き方をご紹介していきます。




お彼岸のお供えにつける熨斗(のし)が不必要な場合とは?

実はお彼岸のお供えに熨斗は一切必要ありません。

シノ
シノ
え!?みんな熨斗(のし)を使っているじゃん!なんでなの!?

実は熨斗(のし)というのは下記の画像にあるマル枠で囲ってある所を言い、慶次で送る品物に「熨斗」と「水引」が印刷してある熨斗(のし)紙をつけます。

反対に弔事の場合には、「水引」のみを印刷した掛け紙を使うのがマナーとなります。

ジロ
ジロ
だから、お供えには「熨斗紙」ではなく「掛け紙」を使うんだぞ
シノ
シノ
本来は「掛け紙」っていうんだね!わかったよ!ありがとうジロ!

ちなみに掛け紙を用いるのは他の世帯へお供え物を持っていく時のみです。
冒頭でシノ君が「家のお供え物に「のし」つけなきゃ!」と言っていましたが、自分が住んでいる家のお供え物に掛け紙をつける必要はありません。

「のし」の書き方や水引の意味



ジロ
ジロ
「熨斗紙」改め「掛け紙」の書き方や水引の意味について説明していくぞ

水引の間違いのない選び方

お彼岸の掛け紙の水引は10本結び(結び切り)となっており「一度きりで繰り返さない」という意味が込められています。

シノ
シノ
水引の色は他にも赤色とか黄色とかあるけど何か関係あるの?

関係ありますが、お彼岸の際には関東は「黒と白」関西は「黄と白」が基本です。他の色は使用用途が変わってきます。

ジロ
ジロ
水引は「結び切り」の色は「黒と白(関東ver)」で印刷してあるものでオッケーだぞ

お店でお供え物を用意する場合は、会計の際店員さんに「お彼岸のお供えに使いたいので掛け紙をください」と伝えましょう。しっかりと対応してくれます。

表書き、名前の書き方

シノ
シノ
表書きって何かくの?名前って相手の名前を書けばよかったんだっけ?自分のだっけ?

表書き

表書きは「御供」「御仏前(お供えがお金の場合)」と書きましょう。ただし49日過ぎていない忌明け前でしたら「御霊前」と書きましょう。

御供 ← 一般的
御仏膳(お供えがお金だった場合)
御霊前(忌明け前)

名前

名前はご自身の名前を書きましょう。夫婦の場合はご主人の名前を代表として書きましょう。
参考までにしたの画像をご覧ください。

シノ
シノ
なるほどな〜!とりあえずは上の画像通りに書けば間違いはないって事だよね!
ジロ
ジロ
そうそう。表書きは「御供」、名前は自分のを書けば大丈夫だ!!ただ忌明けの時の表書きは注意しないといけないぞ。



お彼岸のお供えに、のしは不必要?その場合と必要な時の書き方を紹介:まとめ

ジロ
ジロ
シノ。水引や表書き、名前の書き方はわかったかな?自分の家に掛け紙はいらないからね
シノ
シノ
もうバッチリわかったよ!僕は1匹暮らしだから実家に帰る時は「掛け紙」をつけてお供え物を持って行かなきゃだね!!

いかがでしたでしょうか?お彼岸の時の掛け紙は

水引は「結び切り」
表書きは、「御供」「御仏膳」「御霊前」を使い分ける
名前は自分のを書く

この三点を押さえていれば大丈夫です。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。