マンガ、アニメ、小説

五等分の花嫁ネタバレ101話空白の1日目の続きが明らかに!

『五等分の花嫁』とは、主人公の貧乏高校生上杉風太郎が家庭教師のアルバイトをする事で、出会った五っ子の誰かと結婚を前提に話が構成されたラブコメディーです。

アニメ2期制作発表が行われる中、原作漫画は折り返しを迎えたとのこと…

今回は、大人気漫画『五等分の花嫁』最新話のネタバレ考察をしたいと思います!

100話ネタバレを見返す← →102話更新予定

五等分の花嫁のキャラ人気ランキング!2019年の人気キャラは!?

五等分の花嫁101話ネタバレは7つをポイントを絞り紹介!

前回の100話では、風太郎の小学生時代の同級生が登場して五っ子達と修羅場になってしまいました。

今回の101話では一花と風太郎が中心に話が進んでいきました。
加速する花嫁レース!風太郎の花嫁は一体、誰なのでしょうか。

今回は7つのポイントに絞り詳しくネタバレしていきます。

・風太郎からのメールに期待してしまう一花
・二乃に変装するが大失敗の一花
・告白の返事を迫る一花
・迷子の子ども
・この前キスしてた人
・浮気はダメだよお兄ちゃん
・風太郎が選んだ相手とは

では気になる最新ネタバレをご覧ください。

五等分の花嫁101話ネタバレ: 風太郎からのメールに期待してしまう一花

「ほんと、あんたって優柔不断で最低ね」

はい、カット!

一花は「ありがとうございまーす」と言いスタッフに頭を下げます。
どうやら映画の撮影のようです。

休憩に入った一花は携帯画面を覗き込みます。

『学園祭初日15時に教室に来てくれる』

風太郎からのメールに表情が緩む一花。そして呼び出された理由を考えて顔を赤くします。

五等分の花嫁101話ネタバレ: 二乃に変装するが大失敗の一花

急な仕事のキャンセルにより、学園祭を訪れる一花。
深く帽子を被り周囲を警戒しながら歩きます。

そこで「中野一花いるじゃん」という言葉にドッキさせられた一花は身バレを防ぐために二乃に変装しますが、二乃が学園祭のアイドルであることは変わりないので結局は野次馬に追いかけられてしまいます。

五等分の花嫁101話ネタバレ: 告白の返事を迫る一花

「これを被ってろ」

そう言うと、風太郎は一花の頭に上着を被せます。

一花はそんな風太郎に、風太郎がメールをくれたから学園祭に来たのだと言い顔を赤くさせます。

「つい、五人全員に一斉送信してしまった」と風太郎が言ったことで一花は“自分だけ呼ばれたのだと勘違い”していたことが急に恥ずかしくなります。

五人を集めた理由を聞く一花に風太郎は「特にない」と言いました。

一花はキョトンとした表情をすると続けて話し始めます。

告白の返事まだでしょう。

イエスでもノーでも先延ばしにするのは酷だよ

『五等分の花嫁』101話より

一花の言葉に風太郎は「わかっている」と答えました。

五等分の花嫁101話ネタバレ:迷子の子ども

迷子のこどもに遭遇した一花と風太郎。

二人は子どもの親を探すために周囲を見渡しますが中々見つかりません。

泣き出しそうな子どもに一花は声をかけます。

子どもは、自分の名前が『ショー』であることや、もうすぐ妹が産まれて兄になる事を一花に話してくれます。

「大変なお母さんと赤ちゃんのために強くならないといけないね、お兄ちゃんできる?」と一花はショーに言います。

「うん、僕強くなる!」とショーは涙を堪えて答えました。

そんなショーを愛しく思えた一花はショーの頭を撫で、褒めました。

五等分の花嫁101話ネタバレ: この前キスしてた人

「お姉ちゃん見たことある。この前キスしてた人だよ」
ショーの言葉に風太郎は固まってしまいます。

その瞬間を一花は見逃さず「私が誰かとキスしてたのがショック?女優だよ?」と風太郎の耳元で囁きます。

風太郎はすぐ否定しますが一花の言葉にかなり動揺しているようです。

「フータローくんだって経験済みだもんね」

その一言で風太郎は一花はに姉妹との間で起こった、旅行先でのキスを知っているのだと確信します。

五つ子のうちの誰とキスしたのかと聞かれた風太郎は「全員が五月に変装していたのでわからない」と言います。

一花は追い討ちをかけるように風太郎に「で?誰だと思うの?」と聞きました。



五等分の花嫁101話ネタバレ: 浮気はダメだよお兄ちゃん

一花と風太郎の話を聞いたショーは、二人が只ならぬ関係だと思ったようで風太郎に浮気のようなことをしてはいけないと注意します。

そして、現在見ているドラマの話をしてくれました。

内容は、姉妹で同じ男の人を好きになり、姉妹は険悪な関係で修羅場となってしまう。という内容に一花も風太郎も自分たちに起こっている現在と重なり固まってしまいます。

風太郎がドラマの結末をショーに聞くと「片方と結ばれて、片方とはそれきっり」と答えました。

「ショー!」と呼ぶ声に風太郎は目を向けます。

そこにはショーくんの母がおり、無事に母に会うことができました。

しかし、ショーの母が一花がいることに興奮して大声を上げてしまったことで、一花を見ようと会場内は大騒ぎになります。

一花を逃し風太郎が野次馬を相手に立ちふさがります。

その際、風太郎は一花に「15時、忘れるなよ」と言いました。

五等分の花嫁101話ネタバレ: 風太郎が選んだ相手とは

風太郎は一花のためにタクシーを呼びます。
五人が好きだと言う風太郎の言葉は、まるで浮気男のセリフだと言って風太郎をからかう一花。

風太郎は苦い顔をして「そ、そんなに酷いか?」と言います。

そんな風太郎の顔を見た一花は「私はいいと思う」と答えますが、表情は暗くなる一方です。「あのさ…私はもう来られなかもしれない。今答えを聞いたらだめかな?」と一花は言います。

私じゃなくていい
二乃でも…三玖でも…姉妹の誰であっても…

これでこの気持ちに区切りがつけられるんだ。

『五等分の花嫁』101話より

風太郎は一花の気持ちを察し口を開きます。

「誰も選ばない。それが俺の答えだ。』

ここで101話が終了となりました。

五等分の花嫁101話ネタバレの内容を詳しく紹介!:まとめ

今回は、一花が中心にストーリーが進んでおり、風太郎と姉妹との空白の1日が明かさせれました。
99話からの謎が101話から姉妹順に明かされていくのでしょう。

今回は101話を振り返りながらも『五等分の花嫁』の考察をしていきたいと思います。ここからは私、個人の101話の考察になります。

※ここからは、あくまで個人の意見です。

シノ
シノ
ここから質問していくから教えてね!



五等分の花嫁101話ネタバレ:一花が最終日に風太郎を呼び出した可能性を考察


今回の101話の一花がベランダで外を眺めるシーンとは99話で最後に風太郎が教室のドアを開けるシーンは重なっているのだと考察しました。

その理由は、101話最初の一花がベランダで景色を眺めているところにアナウンスが鳴っており、99話の風太郎が廊下を開ける時も同じアナウンスが流れていたからです。

シノ
シノ
確かに確認すると同じかも!でも一花が呼び出したのではなく風太郎が呼んだ可能性もあるのでは?何故に一花が呼び出したと考察したの?




五等分の花嫁101話ネタバレ:一花が最終日に風太郎を呼び出した可能性を考察②

風太郎は99話のラストには既に姉妹全員に自分の気持ちを伝えていたと考えました。
そのため一花が呼び出したのだと考察します。

一花は風太郎への気持に決着をつけたいと考えているようです。
その際「私じゃなくていい。二乃でも、三玖でも、姉妹の誰であっても…」と言っています。

風太郎が『誰も選ばない』と言われ一花はショックを感じたのと同時にかなりの不満を抱いたと思うので呼び出すには十分な理由だと感じします。

五等分の花嫁101話ネタバレ:風太郎が恋をする可能性を考察

99話での謎解きで出た『200月0日に進め』という二乃が持っていた紙。

これが2000日目結びの伝説回に進めという意味だと捉えると、風太郎が姉妹の誰かに恋をする可能性が出てきます。

五等分の花嫁101話ネタバレ:風太郎が恋をする可能性を考察②

「あの日結ばれたのは、手と赤い糸と運命。」とあります。

つまり、99話を2000日目だとすると100話は結婚するまでの5年間の1日目が過ぎたという考察ができます。

今までは、五つ子が風太郎を好きになっていくストーリー展開がされていましたが、これからは風太郎が五つ子の誰かに恋をする順序が描かれていくのではないでしょうか。

五等分の花嫁101話ネタバレ:風太郎が姉妹の前から消える可能性を考察

おさらいになりますが、風太郎は頭がずば抜けて良く、模試で優秀な成績を収めています。

そんな優秀な人物を誰もが見逃すはずがありません。

無償で海外留学、大学からの推薦入学など様々な可能性が考えられます。

風太郎にとって何か将来の夢がはっきりと見つかり、夢を叶えるためにはとても良い条件をマルオから出されたのではないでしょうか。

五等分の花嫁101話ネタバレ:風太郎が姉妹の前から消える可能性を考察②

風太郎は誰よりも姉妹達が仲良して欲しいと願っています。

101話で迷子の子どもショーが言った通りの結果になってしまうのならば、五つ子の側に風太郎が居れば全員がバラバラになる結果になってしまいます。

今回の101話での風太郎の「誰も選ばない」という発言から火種の元になってしまう可能性がある自分を遠くに追いやってしまうと考えた可能性も十分あります。



五等分の花嫁101話ネタバレ:風太郎が姉妹の前から消える可能性を考察③

100話で登場した謎の美少女。
正体は風太郎の小学校時代の同級生でした。
学園祭の帰り道に「五つ子ちゃん達」と言っていました。

しかし、実際に風太郎の同級生の女の子があったのは二乃と五月だけになっています。

ここからは、考察ですが風太郎がマルオに自分の後任の家庭教師を依頼しており、マルオが選んだ依頼相手が風太郎の同級生だったのではないでしょうか。

だから、五つ子の事を知っていたという可能性があるのだと思われます。

五等分の花嫁101話ネタバレ:次回102話の考察

次回は一花と風太郎の絡みが続くのではないかと考察します。

そして、風太郎の将来の夢、遠くに離れる理由などが明かされるのではないでしょうか。

次回の更新はどうなるのか楽しみです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。