マンガ、アニメ、小説

【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】の内容をご紹介

この記事では【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】の内容をご紹介しています!

五等分の花嫁の最新話が読みたいけどマガジンは買わないって方は、ここを読んでいただければ、98話の内容はバッチリですので、ぜひ最後までご覧ください!

※五等分の花嫁98話は、2019年8月21日に発売の2019年38号に記載されている内容です!

 前話無し← →次話を見る

五等分の花嫁のキャラ人気ランキング!2019年の人気キャラは!?

五等分の花嫁98話前のあらすじ

前話のあらすじは・・・

らいは
らいは
前回は…
クラスの男女が揉めてたね

そうだね!

簡単にまとめますと…

  • 男子たこ焼き(二乃)VS女子パンケーキ(三玖)
  • 孤立しそうな二乃問題を風太郎が解決!
  • 二乃、父の不器用な優しさに気付く

となります!

では【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】の内容をご紹介していきます。

五等分の花嫁ネタバレ98話の内容をご紹介!

ということでご紹介していきます!

シノ
シノ
今回紹介する98話の内容はざっとどんな感じかなぁ???

今回ご紹介する内容はこちら!

・タイトル名

・扉絵

・勇也、マルオの元へ

・三玖と水族館デート

・五月、上杉家へ

の5つの大見出しをご用意!!!

五等分の花嫁ネタバレ98話:タイトル名

今回の五等分の花嫁98話のタイトル名は…

「終わり掛ける日常」

いつもの日常が終わってしまう時を迎えてしまうのでしょうか?

また新たな展開がありそうです!

五等分の花嫁98話:扉絵

そして今回の五等分の花嫁98話の扉絵はこんな感じです!!!


出典::春場ねぎ【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】

突如マルオの元に現れた勇也…!

一体何の話をしにきたのでしょうか!?

五等分の花嫁ネタバレ98話:勇也、マルオの元へ

マルオが務める病院へ訪れた風太郎の父・勇也。

相変わらず無表情のマルオに、急に「同窓会をしようぜ」と言い出します!

しかし、その言葉にマルオは聞く耳を持たず、勇也を室内から追い出す…

マルオの机の上には、一通の開封された手紙。

その手紙は…


出典::春場ねぎ【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】

五等分の花嫁ネタバレ98話:三玖と水族館デート

学園祭の準備に追われる風太郎を見つけた三玖。

三玖
三玖
あのさ…ちょっと…
付き合ってよ

たじろぐ風太郎に、謝りつつも「変な意味じゃなくてお出かけに付き合って欲しい」と言い直す三玖。

こうして、二人は週末水族館に行くことに!


出典::春場ねぎ【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】

五等分の花嫁ネタバレ98話:進路

水族館に来ても疲れている様子を見せる風太郎を、心配する三玖。

しかし、「それでも言っておきたい事がある」と言う三玖に、風太郎も「俺も」と返す。

風太郎が先に伝える。

・三玖の入試判定が「A」だったこと

・大学に入学してくれれば俺も報われる

風太郎の言葉に、自分の言いたかったことが言い出せない三玖は、話をそらしペンギンの元へ。

見分けのつきにくいペンギン達を、自分達と重ねる三玖。

調理学校に行きたいと言いづらい、しかも大学進学なら風太郎と同じ大学に行けるかもしれない…。

そんな事を頭で考える三玖でしたが、意をけして風太郎に伝えます!

三玖
三玖
私料理の勉強したい
だから大学には行けない

謝る三玖だったが、風太郎は。

風太郎
風太郎
お前が決めたのなら
応援するぞ

複雑そうな顔をしながらも、納得する風太郎。

大学という選択肢もあるし、何が正解か分からないが、三玖は自分の夢に進むと決めていた。

そして、そのことを特別な人である風太郎に伝えたかった三玖。

言葉の意味を聞き返す風太郎に、三玖は笑顔をこぼす。

三玖
三玖
もちろん
変な意味で


出典::春場ねぎ【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】



五等分の花嫁ネタバレ98話:五月、上杉家へ

デートの帰り道、偶然勇太と合流する風太郎。

三玖の言葉に悶々としている風太郎が家に帰ると、何故か五月の姿が!

五月を邪険に扱う風太郎を、怒るらいはと勇太。

そんな中、五月が差し出したのは、一通の封筒。

風太郎が、家族に渡していなかった学園祭の招待状を届けに来たのだ!


出典::春場ねぎ【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】

と、ふいに五月に質問する勇太。

勇太
勇太
何も
なかったか?
五月
五月
えっと…
心当たりはありませんが…

?顔の五月に、質問の真意を伝えず、話をそらす勇太だった。

五等分の花嫁ネタバレ98話:帰り道

ちゃっかりカレーを食べた五月を送る風太郎。

現段階で大学模試判定がD、このまま五月が大学に入学できなければ、自分が教えた事も無意味になってしまうと心配する風太郎。

そんな風太郎に、五月は「違う」と答えます。

女優を目指した一花、調理師を目指した三玖との関係は無意味では無い。

風太郎との関係は、既に家庭教師と生徒という枠だけでは語れない。

みんなそう思っているはず。

と、風太郎に出会えたことへの感謝の言葉を口にします!


出典::春場ねぎ【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】

この言葉に風太郎は、水族館での三玖の言葉を思い浮かべながら、ある決意をします。

風太郎
風太郎
この関係は無意味じゃなかった
次は俺の番だ

そして、いよいよ最後の学園祭が始まろうとしていた!

五等分の花嫁の最新単行本が無料で読める方法!

これからご紹介する内容は無料で最新刊を読めてしまう方法になります。

  • 最新刊がどこも売り切れ…
  • 今月は金欠…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】の無料トライアル期間の登録をするだけの方法!

31日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

今すぐU-NEXTで
五等分の花嫁を読む

初回ポイントで一冊無料
▲本だけでなくアニメも一気見放題OK!

【五等分の花嫁 98話 終わり掛ける日常】の内容をご紹介:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回紹介した内容を簡潔にまとめます!

・タイトル名→終わり掛ける日常

・扉絵→マルオの元に来た勇也

・勇也、マルオの元へ→同窓会…?

・三玖と水族館デート→調理師になると宣言する三玖!

・五月、上杉家へ→招待状を持ってきた

とこんな感じです!

五つ子の恋の行方はどうなる!?

気になりすぎて夢に出てきそうです!

前話無し← →次話を見る

以下当サイトの五等分の花嫁記事のまとめ表です。

12巻
96話 97話 98話 99話 100話
101話 102話 103話 104話
13巻
105話 106話 107話 108話 109話
110話 111話 112話 113話
14巻
114話 115話 116話 117話 118話
119話 120話 121話 122話(最終話)