ネタバレ

ハイキューのネタバレ365話は鴎台戦でまさかの日向退場!?





この記事は【ハイキュー!!】365話のネタバレをしています!

ハイキュー!!最新話を読みたいけどジャンプは買わない派の方は、この記事を読めば365話の内容はバッチリ!ぜひ最後までご覧下さい!

ハイキュー!!365話は、2019年9月14日発売の2019年42号に掲載されている内容です!

前話無し← →366話更新予定




ハイキューネタバレ365話の内容をご紹介!

というわけで、ご紹介していきますねー!

シノ
シノ
365話の内容は
こんな感じでまとめていくよ~!
注目ポイント

扉絵

どうした日向!?

執念で試合に出るのか!?

日向の未来

烏野の仲間たち

タイトル名

以上、6つの注目ポイントをご用意!!!

各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー!

ハイキューネタバレ365話:扉絵

さて、364話は鴎台戦クライマックスで、日向がウシロ・マイナスで連続得点(ブレイク)した後。

床に跪いている日向に田中が手を差し伸べ、その手をつかもうとした日向がフラつき、倒れてしまいそうなところで終わっていましたね!

そして365話の扉絵はこちら↓

日向にまさかの事態!!

と、ただならぬ雰囲気を感じますね・・・

日向でさえも何故自分がフラついたのか分かっていない様子・・・

日向に身に一体何が起こったのでしょうか!!



ハイキューネタバレ365話:どうした日向!?

そして365話は、日向が立ち上がろうとするもよろけて座り込んでしまうところから始まります。

誰も日向に何が起こっているか分からない様子でしたが、影山だけは違いました。

影山
影山
そいつ 多分熱あります
手が異常に熱かった

という影山の声に、武田先生が慌てておでこを触り、熱があることを確認します。

影山
影山
昨日の夜からヘンでした
ずっとスイッチが入ったままみたいな
電池が切れてもおかしくない

そう。影山だけが、前日からの日向の異変に気付いていたのです。

ハイキューネタバレ365話:悔やまれる想い

そして、影山以外の仲間たちは

菅原
菅原
日向の異常な運動量を
見慣れすぎていた
大地
大地
ー単にいつもより夢中なんだと思った
いつから・・・こんな状態で・・・
鳥飼コーチ
鳥飼コーチ
くそ
なんで気付かなかった・・・!
武田先生
武田先生
どうしてもっと注意を払わなかった
どうして

と、みんな日向の異変に気付けなかったことを悔やみます。

どの試合でも、底無しとも言えるほどの体力で後半戦を戦ってきた日向を見てきたので無理もありませんね・・・

ハイキューネタバレ365話:執念で試合に出るのか!?

そして熱を測ると、なんと39.1度・・・

誰もが険しい顔つきに。

しかし日向は

「でも別にどこか痛いわけじゃないし
 動けるし
 おれはとべます!!」

「怪我じゃないです
怪我じゃないです・・・!!」

と、必死に大丈夫だとアピールします。

しかし武田先生は、沢村が怪我をした時と同様に、大丈夫であることを確認してきなさいと日向を促します。

それでもなお、日向はまるで獣のように息を荒くして、歯を食いしばり、拒絶反応を見せるのです。

その姿に一瞬威圧されてしまう武田先生でしたが・・・

ハイキューネタバレ365話:日向の未来

武田先生は“意地でも試合に出るんだ!”という意思を曲げない日向に

武田先生
武田先生
君が聞きたくない事を承知で君に話します

今 これ以上 君を試合に出すことはできません

と、告げます。

中学で試合ができなかった分、試合ができる喜びを誰よりも持っている。

そして、試合に出られない悔しさも然り。

だからこそ、しっかりと今の気持ちを心に刻みなさいと。

そして、知性や理性、思考が必要だということを、今身をもって学べたのだと諭します。

“今 この瞬間もバレーボール”

だからこそ、この試合を勝つために体調を崩した日向がいてはいけない

悔しさのあまり涙を堪えられない日向。

ハイキューネタバレ365話:チャンスを・・・

そして武田先生は日向に、小柄であるから故に、今後バレーをしていく上でチャンスは少ないと伝えます。

だからこそ、そのチャンスを取り零してはいけないのだと。

「君こそはいつも万全で

 チャンスの最前列に居なさい」

そう、日向に語りかける武田先生。

日向はそんな武田先生の真っ直ぐな言葉を、声を発することなく真剣に受け止めるのでした。

https://twitter.com/daizuss10/status/1173160872190939136

ハイキューネタバレ365話:烏野の仲間たち

そして戦いの場から離れることになった日向。

「・・・ごめんなさい
ごめんなさい・・・!」

涙を流し謝ります。

しかし、烏野の仲間たちは

「はしゃぎ過ぎて発熱て!幼児か!!」

と、茶化したり

「お前がいないと困るに決まっている だから飯食って寝ろ!」

と、励ましたり、各々が日向が元気で戻ってくることを願う言葉をかけます。

そして、影山

影山
影山
「俺の方が長くコートに立つ」
今回も俺の勝ちだ

そう、中学の頃日向が影山に向かって言った言葉。

この言葉に日向は、涙を拭い、強い目で前を見据えるのでした。

ハイキューネタバレ365話:敵すらも・・・

そして、日向を待つのは味方だけではありませんでした。

敵である鴎台・星海さえも

「日向翔陽!!
俺は!!
お前を待っている!!!」

と、日向に声をかけます。

もちろん、軽い怪我などでは無い為、この試合に日向が戻っては来れないことを知っています。

その言葉に日向は大きく頭を下げます

その様子を見ていた宮兄弟・侑

「稲荷沢(おれたち)、“ネコ”と“カモメ”で
やっとあの翔陽くん(妖怪)を倒したな」

と小さく呟くのでした。

ハイキューネタバレ365話:タイトル名

そして、365話では冒頭にタイトルはありません。

タイトルは一番最後のページに登場します。

医務室に行く為にコートを後にし、無情にも固く冷たく閉ざされた扉

そしてその扉を見つめる日向とタイトル。

【終わりと始まり・2】

日向にとって、鴎台戦の終わりでもあり、未来のための始まりでもあるんだと、宣言しているようなタイトル!

しかも2ってことは!?

そう!ハイキュー1話のタイトルと同じなんです!

影山との試合で中学でのバレーボールを終えた日向が、烏野高校で影山と再会し、そこから新たにバレーボールが始まるという、あの1話です!

日向はこのままでは終わらない!

そんな意味を込めたタイトルなのではないでしょうか!

ハイキューのネタバレ365話は、鴎台戦でまさかの日向退場!?:まとめ

いかがでしたか?

最後に、今回の注目ポイントを簡潔にまとめます!

注目ポイント

扉絵=日向、まさかの事態に!

どうした日向!?=熱を出していた日向、異変に気付いていた影山!

執念で試合に出るのか!?=獣のように殺気立つ日向

日向の未来=日向の未来を想う武田先生の真っ直ぐな言葉

烏野の仲間たち=元気になって戻って来い!

タイトル名=終わりでもあるが、始まりでもある!

さて、次回は366話。

日向が抜けた烏野は、鴎台に勝つことができるのか・・・

気になって夜も眠れません!!!