マンガ、アニメ、小説

ハイキューのネタバレ367話は烏野敗北決定!届かなかったその一歩





この記事は【ハイキュー!!】367話のネタバレをしています!

ハイキュー!!最新話を読みたいけどジャンプは買わない派の方は、この記事を読めば367話の内容はバッチリ!ぜひ最後までご覧下さい!

ハイキュー!!367話は、2019年9月30日発売の2019年44号に掲載されている内容になります!

366話を見る← →368話を見る




ハイキューネタバレ367話の内容をご紹介!

というわけで、ご紹介していきますねー!

シノ
シノ
367話のネタバレ内容は
こんな感じでまとめていくよ~!
注目ポイント

・タイトル名

・扉絵

・烏野粘る!

・3年菅原の想い

・鴎台の力

・勝敗が決まる

以上、6つの注目ポイントをご用意!!!

各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー!

ハイキューネタバレ367話:タイトル名

ハイキュー367話のタイトル名は

「 同じ春は 二度と無いー 」

もうね、このタイトル見た瞬間、負けるの!?って思っちゃいました。

366話では、日向が退場していく様が描かれていましたよね。

それで、このタイトル。

日向不在で再開した試合。

最終セットで22対22

タイトル見ただけではわかりませんが、不穏な雰囲気を感じ取れてしまう、そんなタイトル。

果たして、勝敗が決まってしまうのか!?




ハイキューネタバレ367話:扉絵

367話の扉絵はこんなかんじです!

烏野高校のメンバー(カラスも)が同じ方向を向いて駆け出そうとしていますね~

ただ、お気付きでしょうか?

烏野メンバー全員では無いのです。

そう、日向が描かれていないのです。

これは、日向が退場していないからなのか。

それとも、日向の今後の展開で何かあるのか・・・。

そして、3年の澤村・菅原・東峰の3人が烏野高校排球部と書かれた旗を持っています。

果たしてこれは・・・

とてもとても意味深な扉絵です・・・!!

ハイキューネタバレ367話:烏野粘る!

そして、試合は進みます。

影山のコートをえぐるような威力のサーブから始まります!

そんなサーブに鴎台はなんとか触れることができるも、一発で返ろうとしたボールを別所が押し込む!

コースと威力が変わってしまったボールですが、それをすかさずリベロ・西谷が拾う!!

そのボールを月島が丁寧にトス

田中がブロック3枚を躱し、またも超インナークロスを打ち込みます!

鴎台に拾われますが、一発で返ってきて、またも烏野チャンス!!!

そこであの攻撃!

同時多発位置差攻撃を繰り出します!!

激しいラリーが続き、息を飲むほどの展開です!

五色
五色
・・・
イイじゃん
二口
二口
キレキレかよ
.

かつて戦ってきたライバル達もその攻防を食い入るように見つめています!

実況さえも興奮状態です!

ハイキューネタバレ367話:月島限界か

そして繰り出された同時多発位置差攻撃でしたが、ここで月島の足に異変が。

惜しくもボールは烏野のコートに落ちてしまいます。

足がつってしまったのです。

悔しさをあらわにする月島。

しかし、それほどまでに月島含め全員が満身創痍の状態だったのでしょう。

https://twitter.com/AzHaikyu/status/1178461815593783296

ここで、月島離脱。

交代人員を模索する烏養コーチ

必死に考え、いろんな案が頭を駆け巡ります。

本来のMBなら山口
高さ的にも
2コ ローテ回せばサーブだし
でも 総合力と経験なら菅原
それにー

ハイキューネタバレ367話:3年菅原の想い

そこですかさず菅原が考えを口にします。

「今のローテと点数なら山口だと思います」

「学年なら、関係無いんで。」

まるで烏養コーチの考えを読み取ったかのような言葉。

そう、烏養コーチは、

この試合で負けてしまったら3年のバレーが終わってしまう。

それなら最後は菅原をー・・・

そんなことを考えてしまっていたのでしょう。

しかし、菅原は違いました。

今、烏野が勝つ為だけを考え、最善なのは山口だと。自分では無いと。

メンバーとして烏野への想いが強いからこそ、そう考えたのでしょう。

その発言に烏養コーチは考えを改め、山口を月島の代わりにコートに入れます!

月島もまた、想いを途切れさせることなく、コートに残るメンバーにブロックの指示を出してコートを去ります!!

ハイキューネタバレ367話:鴎台の力

天満
天満
コートの中は
絶望してるヒマなんかない

そう、どんなアクシデントがあっても、試合は続きます。

影山は交代したての山口をスパイカーとして使う等、冷静に攻撃を仕掛けます!

“一点” とる

そんな強い思いで必死に食らいつく烏野!

しかし、烏野が拾えば、鴎台も拾う。

束のブロック、星海の身体能力、各鴎台メンバーの強さも然り。

点差は

烏野 23 : 24 鴎台

鴎台マッチポイントまで追い詰められてしまいます!

ここでも激しいラリーが続き、両者とも一歩も退きません!

ハイキューネタバレ367話:勝敗が決まる

そして、激しいラリーの中で鴎台の強烈なスパイクを拾う主将・澤村

任すぞ エース

そんな思いで拾われたボールはラスト東峰へ。

渾身の強烈なスパイクを打ち込みますが、ここで鴎台の束のブロックに阻まれ、チャンスは鴎台に。

そしてラストを託されたのは、星海

圧倒的なジャンプ力で高い位置からのスパイクを打ち込みます!!!!

そのボールは、西谷の腕に当たり、田中が追いますが・・・

届かず、コートに落ちてしまうのです・・・

ハイキューネタバレ367話:烏野3年生の春

そこで、367話は終わります。

そう、烏野敗北です。

最後は澤村・菅原・東峰・清水がボールの行方を追う場面が描かれています。

俺たちの春が終わる

この文字通り、この4人にとって、敗北=引退。

この試合が、高校バレーボール生活の最後となるのでしょう。

誰もが息を飲むラストとなりましたね。

決着の刻は 静かで確かー

ハイキューのネタバレ367話は烏野敗北決定!届かなかったその一歩:まとめ

いかがでしたか?

最後に、今回の注目ポイントを簡潔にまとめます!

注目ポイント

・タイトル名=同じ春は二度と無い

・扉絵=烏野メンバー勢ぞろい!と思いきや、日向がいない・・・

・烏野粘る!=必死に食らいつく烏野!

・3年菅原の想い=勝つことだけを考えた菅原の判断

・鴎台の力=鴎台マッチポイントに!

・勝敗が決まる=烏野敗北

さて、次回は368話。

勝敗が決まってしまった直後ですね・・・

見たいような見たくないような・・・!!

気になって夜も眠れません!!!