マンガ、アニメ、小説

ハイキューのネタバレ368話は静かな試合終了!敗者は何を想うのか




この記事は【ハイキュー!!】368話のネタバレをしています!

ハイキュー!!最新話を読みたいけどジャンプは買わない派の方は、この記事を読めば368話の内容はバッチリ!ぜひ最後までご覧下さい!

ハイキュー!!368話は、2019年10月7日発売の2019年45号に掲載されます!

367話を見る← →369話を見る




ハイキューネタバレ368話の内容をご紹介!

というわけで、ご紹介していきますねー!

シノ
シノ
368話のネタバレ内容は
こんな感じでまとめていくよ~!
注目ポイント

・タイトル名

・扉絵

・試合終了

・得られるもの

・元祖“小さな巨人”

・敗者

以上、6つの注目ポイントをご用意!!!

各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー!

ハイキューネタバレ368話:タイトル名

ハイキュー368話のタイトル名は

「 なにもの 」

すごく意味深・・・

敗北が決まってしまった直後、試合終了時の様子が描かれるであろう368話。

誰のことを指しているタイトルなのでしょうか。

負けてしまって自責の念に駆られる日向?他の烏野のメンバー?3年?

それとも誰のことでもない・・・?

ハイキューネタバレ368話:扉絵

368話の扉絵はこんなかんじです!

落ちるボール、追うメンバー、それを見つめる澤村の目・・・

時が止まってしまうような感覚になりますね。

決着!!

そう、無情にも負けが確定してしまいました。

この後、色んな感情が烏野のメンバーに押し寄せてくるでしょう!

それぞれの想い・・・気になります!



ハイキューネタバレ368話:試合終了

そして沸き立つ会場。

セットカウント


2-1

(鴎台)(烏野)
25-20
22-25
25-23

鴎台の勝利、そして烏野の敗北が決定しました。

主将・澤村は言葉を発することなく上を向き、コートに大の字に寝そべります。

高い高い天井を見つめた後、疲労から足が震える中、立ち上がります。

共に戦ってきた菅原・東峰の元に行き、烏野高校のプラカードを持ち整列。

まっすぐに前を見据えるその姿は堂々たるもの

全力を出し切って戦い抜いたのでしょう!誰も涙を流すことはありませんでした。

「ありがとうございました!!!」

両チームに拍手が送られる中、鴎台のメンバーと握手をし、会場を後にする烏野高校。

しかし、澤村・菅原・東峰・潔子は立ち止まり、最後に深く深く頭を下げる。

その様子を1・2年はただじっと見つめる・・・

そして、黒尾・木兎・夜久が3年の元に!

黒尾
黒尾
おつかれ!!!
.

そう言う黒尾達と抱きしめ合う3年なのでした!

ハイキューネタバレ368話:日向

そして試合終了を病院の待合室で迎えた日向

タブレットを谷地に渡し、腰をかがめ、下を向く。

マスクで表情は読み取りにくいが、静かに烏野の敗北を受け入れようとしている様子が伺えます。

日向もまた、涙を流していません

何を考え、何を感じているのか・・・

ハイキューネタバレ368話:得られるもの

烏野・鴎台戦の様子を見ていた宮兄弟・侑

自分たちに勝った烏野が、負けてしまったことに不服そうな顔をし考え事をしています。

そんな侑に話しかける

北
「結果が全て」や言うなら
負けた3年は無やんなあ

威圧的にも見える北の発言に

「そんなことは 言うて へんし」と図星をつかれ、たじろぐ侑。

勝負しに来ている以上、結果が全てでも文句は無い。

どれだけ「良い試合」をしても勝てなければ価値が無い。

そんな侑の考えを肯定しつつ、

自分たちがやってきた過酷な練習。その後の美味しいご飯。

そういう積み上げてきたものが筋肉となった!

この先怖いもんなんか無い!

得るものはあるだろ?とでも言うような笑顔の北は、そのまま立ち去ります!

宮兄弟はそんな北に反論することなく、

宮兄弟
宮兄弟
俺らはこの先も
北さんが怖い

とこっそり話すのでした!

ハイキューネタバレ368話:元祖“小さな巨人”

そして、日向の体調を心配し、滝ノ上に容態を確認する澤村。

日向が病院にいて、先に宿に戻ることになっていると伝える滝ノ上。

その様子を、泣き出しそうな、でも真剣な顔で見つめるのは冴子

日向の体調、感情を心配しているのでしょう。

そんな冴子にかつての“小さな巨人”宇内天満

天満
天満
大丈夫だよ
.

と、語りかけます!

天満
天満
少なくとも今 日向くんは
何かを諦めたわけじゃない

そう言って誰もいなくなったコートを見つめます。

冴子はそんな天満に、日向は“小さな巨人”だった天満を見て、憧れ、影山に出会ったのだと教えます。

自分が日向翔陽というモンスターを創り上げたかもしれないと、天満は微笑むのでした。

ハイキューネタバレ368話:敗者

そして、別コート。

日向のことを噂し、烏野が可哀想だという観客。

その言葉を耳にしたのは井闥山・佐久早

「可哀想と言われる事がカワイソウだ」

例え話を交えながら反論します。

その後ろには、チームメイトに支えられ、涙を流す井闥山主将・飯綱

そう、井闥山の敗北も決定していたのです!

これで「今年の3大エース」が全員敗退・・・!

大波乱を迎える春高なのでした!

ハイキューネタバレ368話:敗者に問う

そして試合を見ていた全日本・雲雀田監督

ここにいる選手達の中に、誰ひとりとして“負け”を経験しない者などいない。

この大会で優勝しても、さらなる強敵に出会うことだろう。

しかし、そこに挑み続ける者には、勝敗をいう導と、莫大な経験値を得る権利が与えられるー

そう言う雲雀田監督は、問いかけます。

今日 敗者の君たちよ

明日は何者になる?

タイトルの“なにもの”はここにつながっていましたね!

ハイキューネタバレ368話:見据えるのは

その言葉と共に描かれていたのは今大会で敗者となった選手たち、影山、そして日向。

どの選手もそれぞれの想いを抱き、前を向いています。

病院をあとにする日向もまた、しっかりと前を見据えています。

春の終わりを俯瞰して 日向は何を思うー

ハイキューのネタバレ368話を徹底考察!鴎台に敗北した烏野の涙:まとめ

いかがでしたか?

最後に、今回の注目ポイントを簡潔にまとめます!

注目ポイント

・タイトル名=なにもの

・扉絵=終わってしまった試合

・試合終了=涙を流すことなくコートを後にする烏野高校

・得られるもの=負けても今までしてきたことは無駄じゃない

・元祖“小さな巨人”=天満がいなかったら日向はここにいない!

・敗者=敗者はなにものになるのか

368話はとてもとても静か。

烏野高校の選手達の言葉がほとんど描写されていないのです!

負けてしまい、今後烏野がどうなっていくのか・・・

どうなる369話!!

気になって夜も眠れません!!!

367話を見る← →369話を見る