noicomi鬼の花嫁

noicomi鬼の花嫁3巻内容と感想をご紹介!やっと見つけた花嫁

この記事は、noicomiから出版されている「noicomi鬼の花嫁」3巻の内容をご紹介しています!

  • ネットの広告でよく目にするので気になっている
  • 「noicomi鬼の花嫁」を購入しようか検討している
  • 内容を確認してから購入したい

上記のように考えている方にオススメの内容となっています。

さっそく「noicomi鬼の花嫁」3巻の内容と感想などをご紹介していきます!

▼次のページですぐに読めます▼

↓コミックシーモアで8/11まで↓ 1巻無料で読めるのでお早めに!

noicomi鬼の花嫁 1巻を 無料で読む

シノ
シノ
コミックシーモアなら携帯キャリア決済やpaypayなどで気軽に購入できます。
今ならクーポンで70%OFF!!

2巻を読む← →4巻を読む

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。

購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。
→noicomi鬼の花嫁ネタバレまとめはこちら

noicomi鬼の花嫁3巻内容:

「玲夜様だわ…!」

パーティーに現れた玲夜を見て、女性たちが騒ぎ出す。

玲夜はパーティーが嫌いだった。

鬼龍院の次期当主のおこぼれに預かろうとする政財界の大物たちが、次から次へと媚びを売りにくる。

あやかしの女性たちはまだマシだ。

己の分を弁えているから、求めるとしても一夜限りの関係だけ。

厄介なのは人間の女性たちで、ただひとりに花嫁になりたいという一心で自分の伴侶の座を虎視眈々と狙っている。

今日も言い寄って来る女性を無視していると、同じ鬼の一族の桜河がやってきた。

「玲夜様に気に入られたら花嫁に選ばれると思ってるなんて、大きな勘違いですね」

桜河は、花嫁の存在を信じているらしい。

花嫁を手にしたあやかしは、霊力を高めることができる。

その子供は生まれながらに強い霊力を持ち、一族の繁栄を願うあやかしにとって花嫁は宝同然。

「そんな女性に俺も出会ってみたいです」

ロマンティックじゃないですかと語る桜河に、玲夜は信じがたいと否定する。

花嫁に出会ったあやかしは、まるで心を囚われたかのように愛おしく感じるのだという。

そして一度花嫁を見初めると、生涯花嫁だけに愛を捧げる──。

花嫁は、そのあやかし自身にとってもなくてはならない存在となるのだ。

しかし、出会えるかは運次第。

ほとんどは諦め、霊力の釣り合ったあやかしを伴侶に選ぶのが現実だ。

今のところ、次期当主である玲夜の婚約者は、桜河の妹でもある鬼の一族の中でも最も霊力の高い鬼山桜子だった。

政略結婚に嫌悪感はない。

玲夜の両親も、一族の話し合いで決められた末の結婚だった。

全ては一族の繁栄のため。

それが、次期当主として生まれた自分の使命だ。

…そう思っていた。あの日までは。

 

その日も、玲夜は車に乗りながら考えていた。

そもそも、花嫁はどうやって選ばれるのだろう?と。

ある者はとても甘美な香りがしたといい、ある者は心臓が激しく鼓動したと言い、またある者は霊力が吸い寄せられるような感覚がしたという。

皆感じ方は違うが、全ての者が口を揃えて断言した。

一目で花嫁だと分かると。

…自分にもどこかに花嫁がいるのだろうか?

もし出会ったら、いつもどこかで感じている空虚な何かを埋められるのだろうか?

その瞬間、玲夜に異変が起こる。

「なんだ…?」

胸が締めつけられる!霊力が磨いだ刃のように研ぎ澄まされる!!

「止めてくれ!!」

車から降りた玲夜は、それに引き寄せられるように歩き出した。

玲夜の頭の中で、過去に花嫁を持ったあやかしたちの言葉が蘇る。

今なら分かる。彼らの言っていたことは本当だったのだと。

歓喜で心を震わせながら、玲夜は歩道橋で泣き崩れる柚子を抱きしめるのだった。

 

玲夜の家で朝を迎えた柚子。

二人で朝食を終えると、玲夜から紙袋を渡される。

中には、祖父から貰ったワンピースが。

驚くことに、引き裂かれた所が綺麗に繕われていた。

「昨夜急いで繕わせたんだ」

大事なものだったんだろう?と言う玲夜の心遣いに、嬉しくて柚子の目からは涙が溢れる。

「本当にありがとうございます」

名前を呼ばれて、玲夜は柚子を抱きしめる。

知らなかった。自分の中にこんなに優しい感情があったなんて。

家族から必要とされず傷ついてきた柚子を、何故もっと早くに見つけてやれなかったのかと悔やむ玲夜。

しかしそれと同時に、それを喜ぶ黒い自分を自覚する。

「お前をあの家から出してやろう」

ドロドロに甘やかして愛されていることを自覚させれば、きっと自分なしではいられなくなるはず。

「俺の花嫁を苦しめるやつは許さない」

玲夜が、柚子を助け出すために動き出す──。

※ここで【noicomi鬼の花嫁3巻】が終了です!

noicomi鬼の花嫁3巻感想:柚子とは違った意味で玲夜も孤独を抱えていた

今回は玲夜の生い立ちが描かれました。

由緒ある家に生まれて不自由ない生活ができても、孤独や渇望を抱えていた玲夜を見ると、幸せとは何かを考えさせられますね…。

これからは柚子と共に幸せになってほしいです。

和服の玲夜かっこよかった!

あんなかっこいい人と毎日一緒にいたら、私だったら目が潰れそうです!笑

玲夜が柚子に用意した着替えが、祖父から貰ったワンピースと同じブランドって…!!

こんなことされたら好きになるわ…。

急いで用意させたんだと思うと可愛いですね。

でもちょっとヤンデレ気味…!?

柚子を愛するあまりに暴走しないか心配です!

noicomi鬼の花嫁3巻を無料で読む方法

▼次のページですぐに読めます▼

↓コミックシーモアで8/11まで↓ 1巻無料で読めるのでお早めに!

noicomi鬼の花嫁 1巻を 無料で読む

シノ
シノ
コミックシーモアなら携帯キャリア決済やpaypayなどで気軽に購入できます。
今ならクーポンで70%OFF!!

noicomi鬼の花嫁3巻の内容と感想をご紹介:まとめ

noicomi鬼の花嫁3巻の内容と感想をご紹介してきました!

内容を簡単にまとめると・・・

  • 孤独と虚無を感じていた玲夜
  • 玲夜は花嫁の存在を信じていなかった
  • 柚子の破れたワンピースを直す
  • 柚子を家から出してやるために動き出す玲夜

このようになっています!

省いている内容がありますので、よりじっくりと読みたい方は是非購入してお楽しみください。

  • 玲夜が柚子のために画策する様子
  • 朝食でのやりとり

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

前巻はこちら← →次巻を読む