ハーレムきゃんぷっ!

ハーレムきゃんぷっ!7巻の内容と感想をご紹介!北村に手を出す

本記事は、COMICゴイチにて出版されているハーレムきゃんぷっ!7巻の内容紹介記事となっております!

  • 広告で回ってきて気になっている
  • ハーレムきゃんぷっ!を購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

▼次のページですぐに読めます▼

↓コミックシーモアなら↓
今なら無料立ち読みができるのでお早めに!

今すぐ
ハーレムきゃんぷっ!
を無料立ち読みする

シノ
シノ
コミックシーモアなら携帯キャリア決済やpaypayなどで気軽に購入できます。
今ならクーポンで70%OFF!!

それではハーレムきゃんぷっ!7巻の内容と感想をご紹介していきます!

6巻を読む← →8巻を読む

※当サイトは完全な内容紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

ハーレムきゃんぷっ!のネタバレまとめ!!

ハーレムきゃんぷっ!7巻内容:困惑するハルキ

健介はハルキを車の中に連れて行き、そこで行為を再開しようとする。

ハルキは何か一緒に入ったけど、そもそも要件は済んでいると思って帰ろうとするも、健介に捕まって胸を揉まれる。

胸を揉まれる中、ハルキは内心で健介に対する対応に困っていたのだ。

(自分は女子を守っているから、周囲から男っぽいと思われているけど、健介は自分を女性として見てくれている)

と思っていると、健介から優しい言葉をかけられてときめいてしまう。

しかも今にもキスする流れになるのだが、酔っていた健介は眠ってしまった。

我に返ったハルキは出ようとする際、寝ている健介をぶん殴ったのだった。

 

翌日、健介は二日酔いになっていて、ハルキと行為をしていた事自体は覚えていなかった。

しかし、その時の事は夢だと思っていた。

朝食後、テントを乾かす時間が欲しいのでハルキ達を川へと遊びに行かせる健介。

そうしたらびしょ濡れの北村がやって来て、服を脱がすのを手伝う。

それが終わると北村がお礼を言ったら、健介は彼女のズボンを踏んだせいで足を滑らせ、彼女を押し倒した状態になり、しかも胸も掴んでいた。

そのせいでモノが大きくなってしまい、北村が心配する中…。

「ちょっと無理かもしれない」

と健介は言うのだが、北村が更に心配して近づいてきたので我慢できず、胸を触ってしまうのだった。

 

ここで7巻終了です!

ハーレムきゃんぷっ!7巻感想:更に触っていく?

7巻感想行きます!!

 

ハルキは見た目ボーイッシュな感じがしますし、回想からも男らしいと言えますね。

それ故に女性扱いする健介に困っているのでしょう。

勿論迷惑だとは思っていますが、彼に対しては本当に困惑してしまっているのでしょう。

それを踏まえると、いずれちゃんとした行為をして行く事になるかもしれませんね。

 

そしてそんな健介は北村にも手を出しました。

ここからどうなっていくのか、気になるところです。

 

次回は更に触っていくのではないかと思います。

健介は完全にタガが外れている状態なので、お構いなしに触っていくでしょう。

北村は純粋そうなのでこういう行為は経験してないと思いますので、快楽に溺れていくのではないかと思います。

こうしてやがて本番行為をしていくのだと思います。

 

次巻が楽しみです!

ハーレムきゃんぷっ!7巻をタダで読む方法

ハーレムきゃんぷっ!

▼次のページですぐに読めます▼

↓コミックシーモアなら↓
今なら無料立ち読みができるのでお早めに!

今すぐ
ハーレムきゃんぷっ!
を無料立ち読みする

シノ
シノ
コミックシーモアなら携帯キャリア決済やpaypayなどで気軽に購入できます。
今ならクーポンで70%OFF!!

ハーレムきゃんぷっ!は漫画バンクで読める?対策も紹介!

ハーレムきゃんぷっ!7巻の内容と感想をご紹介!北村に手を出す:まとめ

今回はハーレムきゃんぷっ!第7巻の内容・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 健介は車の中に移動し、ハルキに手を出す
  • ハルキは健介に女性扱いされる事に困惑するが、途中で彼が寝たので脱出する
  • 翌日、健介はびしょ濡れの北村の胸を事故で触ってしまった事で、手を出してしまう

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 健介とハルキ達の会話の詳細
  • 女性陣の会話の詳細
  • 健介の心境と妄想
  • 健介とハルキや北村の詳しい行為内容

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

6巻を読む← →8巻を読む