漫画ネタバレ感想

【呪術廻戦】真人死亡!過去の登場シーンと術式&領域展開もご紹介!

今回は、呪霊軍団のボス真人をピックアップ!

・真人のプロフィール、術式&領域展開

・過去の登場シーン

・真人死亡~渋谷事変~

をご紹介していきます。

主人公・虎杖のライバルとも言える真人が、どのようにして死亡していったのか。

その衝撃的な最期をご覧ください!過去の戦闘シーン・術式・領域展開などをご紹介しながら解説していきます!

※本記事はネタバレ要素を含みます。ご注意ください。

→呪術廻戦のキャラ戦闘力順はこちら

【呪術廻戦】真人のプロフィール!術式と領域展開もご紹介

名前 :真人(まひと)
所属 :呪霊
起源 :人間
等級 :特級呪霊
術式 :無為転変
声優 :島﨑 信長

見た目は、ツギハギだらけのイケメン!

未登録呪霊で、同志には漏瑚や花御など。

人が人を憎んだり恐れたりする時に発生する、負の感情から生まれた呪霊です!

まだ生まれたばかりで、とても無邪気で子供らしい真人。

呪霊には優しく楽しく接する真人ですが、人間に対しては見下すような態度を見せていました!

そんな真人の術式&領域展開を詳しくみていきましょう!

術式:無為転変(むいてんぺん)

相手の魂に触れ、魂の形状を操作することで、相手の肉体を思い通りに変形・改造する術式!

肉体の質量・形状は関係なく、自由自在に変化できます!

※相手に直接触れる必要有!

改造された人は、呪術師であろうと二度と元には戻れず、待つのは

防御手段

自分の魂を呪力で保護する

この「無為転変」を真人自身に使うことで、自分の姿形も自由に変化することが可能。

身体能力や、攻撃に特化した体など、自由自在!

分身すらも、作り出すことができるのです!

改造人間

無為転変で魂を作り替えられてしまった人間。

その姿は人らしさを少し残すも、ほぼバケモノのよう…

サイズは、手のひらサイズ~10mを超えるモノまで様々。

元は人間である為、非術師でも目視できます!

真人は、手のひらサイズの改造人間を体内で保管。

改造人間は無理やり魂の形を変えられてしまっているため、戦いに使うと短時間でショック死してしまうのです。

ちなみに、改造された後も自我が少しだけ残っていて、虎杖は精神的ショックを受けていました…

胸糞悪い…

多重魂(たじゅうこん)&多重魂 撥体(ばったい)

2つ以上の魂を融合する「多重魂」。

その「多重魂」によって発生した魂同士の拒絶反応を利用し、魂の質量を爆発的に高める技が「撥体」!

これも改造人間を使った応用技ですね!

幾魂異性体(きこんいせいたい)

微弱な拒絶反応の魂を複数融合させ、爆発的な攻撃力を一瞬だけ実現させる技。

微弱な拒絶反応、ということは、恐らく家族同士組み合わせたのでは、と言われています…

これまた胸糞悪いですね…

遍殺即霊体(へんさつそくれいたい)

「黒閃」を放った真人が理解した、自身の魂の本質、それを剥き出しにした変化!

イケメンから一変、その姿は人型ではあるものの、バケモノにしか見えない。

その姿を見た虎杖が、一瞬で「別次元」と気付く程のオーラ。

もちろん、攻撃力もスピードも大幅パワーアップです!

領域展開:自閉円頓裹(じへいえんどんか)

「無為転変」の必中効果が得られる領域展開!

その中は大量ので埋め尽くされています。

七海&虎杖の2人を相手に戦った際、「死」へのインスピレーションを得た真人が始めて出せた領域展開ですね。

閉じ込められた七海は大ピンチ…

しかし、外から入ることはデメリットでしかない為、そこに飛び込んできた虎杖に簡単に破られてしまったのです!

【呪術廻戦】真人の過去登場シーン

ここからは、真人の主な過去の登場シーンをざっくりご紹介!

順を追ってみていきましょう!

初登場

・単行本2巻第16話(初登場!)

既に夏油とともに登場していた漏瑚が、五条先生にボッコボコにやられた後ですね!

ビーチのようなアジトに居たのが、真人。

夏油達と話す様子から、重要キャラであると匂わせていました!

真人「狡猾にいこう 呪いらしく 人間らしく」

虎杖と初対面

・単行本3巻第18話~

宿儺の器である虎杖に「宿儺優位の“縛り”を科す」ことを目的に、偶然出会った非術師・吉野順平を陥れていく真人。

魂の形を変えられる真人の強さが、浮き彫りになっていくお話ですね!

ここでは、真人の正体が明かされました。

真人「俺は人が人を憎み恐れた腹から生まれた呪いだよ」

更には、改造人間を使う戦い方、吉野を使って虎杖に精神的ダメージを与える様が描かれ、読者にも多大なダメージを負わせた回でもあります!

宿儺の器として無意識に魂の形を知覚している虎杖が、“天敵”であることが判明。

しかし結果的には真人が逃亡、勝負はうやむやに。

しかし今後虎杖の前に立ちはだかる、因縁の相手という位置づけがされたのです!

→虎杖悠仁の詳しい説明はこちら

京都姉妹校交流会

・単行本5巻第43話~

交流会に突如下ろされた帳。

花御も現れ、交流会は大混乱に!

その混乱に乗じて、「宿儺の指×6」と「呪胎九相図1~3番」を盗み出したのが、真人です!

真人は蔵を守る門番を殺しただけで、虎杖達と戦うことはありませんでした。

全ては、10/31に決行する「五条封印」の為に!

ここでも真人は、負傷した花御を気遣っていて、仲間を思いやる姿を見せていましたね!

呪胎九相図

・単行本7巻第55話~

メインではありません。

手に入れた「呪胎九相図」を人間に飲み込ませ、受肉させたのが真人!

その後は壊相&血塗VS虎杖&釘崎が描かれていくのですが、その最中、なんと真人は夏油らと「人生ゲーム」

なんとものんきな真人でしたが、壊相&血塗を祓ったのが虎杖達だと聞くと、なんとも嬉しそうに笑うのでした…

VSメカ丸

・単行本9巻第79話~

高専の内通者・メカ丸に、その対価として「無為転変」でメカ丸の体を治した真人。

体が治ったメカ丸と、すぐに戦い始める真人。

メカ丸の攻撃に、真人はピンチに陥ったように見えましたが、そこはさすが真人さん!

メカ丸の希望や望みをすべて消し去り、最後にはなんなく勝っちゃうんですよね~

元からメカ丸のことは眼中になく、照準は「ハロウィン」に…

【呪術廻戦】真人死亡!渋谷事変での出来事とは

さて、ここからは本題の真人死亡戦について!

最凶最悪な呪霊・真人が死亡したのは、渋谷事変!(単行本10巻第83話~)

真人はどのように死亡してしまったのでしょうか!?

渋谷事変

10/31 ハロウィン。

「五条封印」を目的とした呪霊集団が、一般人を巻き込んで事件が勃発!

真人は一般人達を次々と改造人間にし、ストック…

五条を翻弄します!

しかし、五条の「0.2秒領域展開」で脳がストップ。

計画失敗!?と思いきや、現れた夏油によって五条は封印…!

無事に第1の目標を達成した真人は、ここで「虎杖殺しまshow」を開催!

・真人(脹相)が遭遇→虎杖を殺す

・漏瑚が遭遇→指を差し出して宿儺の力を取り戻す

怒る漏瑚をよそに、真人はなんとも楽しそうにそのゲームを始めてしまうのです…!

ゲームの行方

①脹相

一番最初に虎杖と遭遇したのは、脹相!

虎杖を瀕死の重体まで追い詰めますが、「存在しない記憶」によって精神崩壊…

その場から去ってしまいます…!

②漏瑚

菜々子&美々子が気絶している虎杖に指を喰わせている所で現れたのが、漏瑚!

菜々子&美々子を追い払い、持っていた指全てを喰わせる漏瑚…

そうして宿儺が目覚めますが、宿儺は漏瑚にある条件を持ちかけます!

宿儺に一擊でも入れられたら、呪霊の下につく

実力差を感じながらも戦い始める漏瑚でしたが、あえなく敗退してしまいます。

→漏瑚の詳しい説明はこちら

真人VS虎杖

陀艮との戦いで重症を追い、駅構内を彷徨っていた七海の元に、真人が。

そして、向かい合う2人の元に、虎杖登場!

虎杖は“宿儺だった時の記憶”でかなり精神ダメージを負っていた…

そんな虎杖の目の前で、七海を殺す真人。

激高した虎杖は、真人と戦い始めます!

真人らが激しい攻防戦を繰り広げる一方で、もう一つの戦いが幕を開けていました…!

VS釘崎

「虎杖殺しまshow」を始めた時、怒る漏瑚を撹乱させる為、分身していた真人。

その本体は、虎杖と。

分身は、釘崎と遭遇していました!

そこで真人は、またも極悪非道な作戦を思いつきます。

釘崎の死体を晒して、虎杖の心を折る

釘崎の事を舐めてかかり、余裕をみせていた真人(分身)。

しかし、ここで釘崎の「共鳴り」が炸裂!

分身と本体が同時に攻撃を受け、それに気付いた虎杖は感謝し、戦う意志を固めるのです!

釘崎敗退

予想していなかった釘崎の攻撃でしたが、ここで真人は分身を呼び寄せ合流。

不意を突かれた釘崎は、顔に触れられてしまい、瀕死の重体に…!

それにより、虎杖の精神は大ダメージを負い、戦意喪失

そんな虎杖を、真人は「黒閃」を使ってボッコボコに!

ブラザー東堂参戦

しかぁし!!

ここでブラザー東堂登場!

虎杖を奮い立たせ、共に真人と戦い始めるのです!

東堂の「不義遊戯」に翻弄されながらも、どんどん新しい戦い方を繰り出していく真人。

「幾魂異性体」や五条を真似た「0.2秒の領域展開」…

東堂は左手を失い、重症…!

さらには「黒閃」を経たことによる、「遍殺即霊体」で怪物化!!!

パワーアップした真人は、虎杖を追い詰めていきます!

最後は虎杖と「黒閃」の打ち合いに…

「黒閃」対策をしていた真人が有利に見えたが、東堂のハッタリに惑わされ、虎杖の「黒閃」をモロに喰らってしまいます!!

そこで、真人の呪力切れ。

改造人間のストックもなく、絶望するボロボロの真人…

そして目の前に立つ虎杖に怯え、真人は無様に逃げ出そうとするのです!

真人死亡

そんな真人の前に現れたのは、夏油!!!

真人助かった…!

と思いきや、なんと夏油は「呪霊操術」で真人を取り込んでしまいます!

そう、夏油の渋谷事変でのもう一つの目的は、「真人(無為転変)を取り込む」こと。

夏油が描く未来の為、手のひらで転がされていたのです!

最期の瞬間、真人は夏油に向かってこんな言葉を。

真人「知ってたさ だって俺は 人間(オマエら)から生まれたんだから」

真人は、夏油の目的をずっと感じ取っていたのでしょうか。

こうして、真人はその姿を消し、死亡してしまったのでした!

【呪術廻戦】真人死亡!過去の登場シーンと術式&領域展開もご紹介!:まとめ

最期は仲間だったはずの夏油に裏切られ、死亡した真人。

ここから登場することはないでしょう。

虎杖にとっても読者にとっても、胸糞悪い敵キャラだった真人さん!

しかし、真人の「無為転変」が織り成す今後の展開は要チェックですよー!!!

では、最期まで見ていただき、ありがとうございました~!