漫画ネタバレ感想

呪術廻戦ネタバレ132話の内容をご紹介

この記事は【呪術廻戦】最新話132話のネタバレをしています!

呪術廻戦最新話を読みたいけどジャンプは買わない派の方は、このネタバレ記事を読めば132話の内容はバッチリ!ぜひ最後までネタバレをご覧下さい!

※呪術廻戦最新話132話は、2020年12月7日発売の2021年1号に掲載

前話を見る← →次話を見る

呪術廻戦ネタバレ132話前のあらすじ

前話のあらすじを簡単にまとめますと…

  • 圧倒的強さの変身真人
  • 虎杖と真人、互いに最大呪力の黒閃を打ち込もうとする!

となります!

では呪術廻戦ネタバレ132話の内容をご紹介していきます。

呪術廻戦ネタバレ132話の内容をご紹介!

ジロ
ジロ
132話のネタバレ内容は
こんな感じでまとめていくよ
注目ポイント

・タイトル名

・扉絵

・二重の攻撃

・不義遊戯

・役割

以上、5つの注目ポイントをご用意!!!

各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー!

タイトル名

呪術廻戦132話のタイトル名は

「渋谷事変㊾」

いよいよ決着…なのか!?

扉絵

132話の扉絵は、

互いの攻撃がぶつかる直前!!

虎杖の黒閃が来る、と予測する真人がその胸の内を語っています。

相打ちになるのか…

それとも決着が…!?

二重の攻撃

真人にトドメを刺そうとしている虎杖。

しかし、真人は過去の七海との戦闘で、対策をしていた。

それは、自身の体のサイズを変えてミートする位置をずらし、更に「遍殺即霊体」を解いた腕を呪力で保護すること。

拳に呪力を集中させているであろう虎杖の首を、カウンターで落とそうとしていたのだ!

そして、呪力で防御していた真人の左肩に虎杖の拳がぶつかる。

無防備な虎杖の首を、真人の右手が襲う…!!

ドゥ

突如、虎杖の攻撃を受けた真人の左肩に、何故かもう一度衝撃が走る…!

その衝撃で一瞬の隙が生まれ、真人のカウンターは虎杖に避けられてしまう。

そう、真人が受けた攻撃は、虎杖の逕庭拳だった!

元々は虎杖の悪癖から生まれ、呪力操作の精度と引き換えに失った技。

しかし、虎杖は脹相戦での再発で、再びモノにしていたのだ…!!!

不義遊戯

カウンターを避けた虎杖に、真人がもう一度攻撃しようと腕を振りかざしたその時!

東堂「呪霊よ オマエが知らんハズもあるまい」

少し離れた場所に立つ東堂の姿が!

東堂「腕なんて飾りさ 拍手とは魂の喝采!!」

おもむろに、手首から先がない左腕と右手を叩き合わせる!

東堂の言葉、行動に反応し、本来虎杖が居た場所とは真逆の方向を攻撃する真人!

しかし、誰も、何も入れ替わってはいなかった。

東堂「残念だったな 俺の「不義遊戯」はもう死んでいる」

どこか寂しげに、東堂がネタばらし。

そして、隙だらけの真人の脇腹に、すかさず虎杖が黒閃を打ち込む!!

役割

吹っ飛ばされる真人。

「遍殺即霊体」が解かれ、元の姿に戻ってしまっていた。

大きく息をし、でもまだ諦めずに口に手を突っ込み、改造人間を吐き出そうとする真人。

しかし、改造人間のストックも、すでに尽きていた…

そんな真人の元に、虎杖が近付く。

虎杖「認めるよ真人 俺はオマエだ」

ボロボロの真人を見下ろし、言葉を投げかける虎杖。

最初は真人を否定したかった。

でも、今は違う。

真人が呪いとして、何度生まれ変わっても、何度でも殺す。

もう、意味も理由もいらない。

自分の戦いに意味が生まれるのが、どれだけ先になろうと、歯車の一つであろうと、呪いを殺し続ける。

それが、この戦いの俺の役割。

迷いがなくなった虎杖。

そんな虎杖から、まるで小動物のように必死で逃げ出す真人!

そんな真人の元に、まさかの人物が。

偽夏油「助けてあげようか 真人」

敗北した真人に向かって、偽夏油は微笑みかけるのだった…

呪術廻戦の最新単行本が無料で読める方法!

これからご紹介する内容は無料で最新刊を読めてしまう方法になります。

  • 最新刊をすぐ読みたい…
  • 今月は金欠…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】の無料トライアル期間の登録をするだけの方法!

31日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

今すぐU-NEXTで
呪術廻戦を読む

初回ポイントで一冊無料
▲本だけでなくアニメも一気見放題OK!

呪術廻戦132話が含まれる単行本情報

今回ご紹介した132話の内容を単行本で読む際は以下を参考にしてくださいませ。

呪術廻戦 第132話

  • 単行本15巻
  • jump2021年1号収録←今すぐ読める!
ジロ
ジロ
U-NEXTでは週刊少年ジャンプは取り扱ってないので、十分注意してほしいぞ。

呪術廻戦ネタバレ132話の内容をご紹介:まとめ

最後に、今回の注目ポイントを簡潔にまとめます!

注目ポイント

・タイトル名→渋谷事変㊾

・扉絵→攻撃直前!!

・二重の攻撃→逕庭拳再び!

・不義遊戯→東堂のハッタリ

・役割→真人敗北からの偽夏油!?

続きが気になりますね…!!!

前話を見る← →次話を見る

以下当サイトの呪術廻戦記事のまとめ表です。

13巻
108話 109話 110話 111話 112話
113話 114話 115話
14巻
116話 117話 118話 119話 120話
121話 122話 123話 124話
15巻
125話 126話 127話 128話 129話
130話 131話 132話 133話
16巻以降
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話 143話
144話 145話




呪術廻戦ネタバレ132話の考察

ジロ
ジロ
131話発売時に考察した132話のネタバレ考察内容!
当たってても外れてても残しておきます!

ネタバレtopに戻る

考察内容はこんな感じ!

注目考察ポイント

・攻撃の行方

・決着と無いはずの記憶

以上、注目考察ポイントをご用意!!!

各注目考察ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー!

攻撃の行方

前話では、かなり激しい攻防戦が繰り広げられていましたね!

しかし、虎杖劣勢なのは明らか…

真人さん強すぎるでしょ…

とまぁ、それでも虎杖は真人を倒す為、最大呪力出力の黒閃をブッ放そうとしていました!

真人もまた、それに応えるように構えをとっていましたね。

さて、二人の攻撃の行方は?

虎杖の攻撃が勝つ!

と、思います。

ストレートに考えて、主人公・虎杖が負けるとは考えにくいですし、こう考えるのが妥当かと。

しかし、虎杖の力だけでは勝てない、とも思っております!

宿儺さん

ここで登場しそうなのが、宿儺さん!

虎杖に加担、というよりは、真人にお仕置き

攻撃が触れ合う直前、また真っ白な世界が登場して、真人が宿儺と対面、とかもありえそう!

あの、真人の0.2秒の領域展開を、すんなり許したとは思えないんですよね~

てことで、真人が一番嫌がるタイミングで罰を与えちゃいそうじゃないですか?

性格的に。笑

虎杖の為ではないにせよ、宿儺が決着に絡んできそうな気がしてなりません!

決着と無いはずの記憶

決着、着きそうですね!

最終的には虎杖が勝つと、仮定して…

気になっている点が一つ。

あの、虎杖の能力(?)です!

まるで、本当の記憶のように、自分自身と虎杖が仲良くしている場面が流れ込んでくるアレです!

真人にも、その現象が起こるのではないでしょうか?

そして、謎に包まれたその能力が、紐解かれるのでは…?

というか、真相が気になるので、そろそろ教えて欲しい、という願望です。笑

虎杖…何者なんだろう…?

呪術廻戦ネタバレ132話の内容を考察!:まとめ

最後に、注目考察ポイントを簡潔にまとめます!

注目考察ポイント

・攻撃の行方→虎杖勝利

・決着と無いはずの記憶→またあの記憶が真人にも…?

渋谷事変は無事に終わるのでしょうか!?

では、最後までご覧いただきありがとうございました!!

前話を見る← →次話を見る