漫画ネタバレ感想

呪術廻戦ネタバレ135話の内容をご紹介

この記事は【呪術廻戦】最新話135話のネタバレをしています!

呪術廻戦最新話を読みたいけどジャンプは買わない派の方は、このネタバレ記事を読めば135話の内容はバッチリ!ぜひ最後までネタバレをご覧下さい!

※呪術廻戦最新話135話は、2021年1月18日発売の2021年7号に掲載

前話を見る← →次話を見る

呪術廻戦ネタバレ135話前のあらすじ

前話のあらすじを、簡単にまとめますと…

  • 京都校メンバー参戦!
  • パンダ・日下部参戦!
  • 脹相参戦!
  • 偽夏油の正体が加茂憲倫だと気付く脹相
  • 裏梅参戦!

となります!

では呪術廻戦ネタバレ135話の内容をご紹介していきます。

呪術廻戦ネタバレ135話の内容をご紹介!

ジロ
ジロ
135話のネタバレ内容は
こんな感じでまとめていくよ
注目ポイント

・タイトル名

・扉絵

・お兄ちゃん

・弟を守りたい

・氷

以上、5つの注目ポイントをご用意!!!

各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー!

タイトル名

呪術廻戦135話のタイトル名は

「渋谷事変52」

脹相が急に虎杖のお兄ちゃん化!!

なんで!?どうなってるの!?

扉絵

135話の扉絵は、

今は亡き脹相の弟達

弟達を思い出す脹相。

虎杖を「弟」と呼ぶ、呪胎九相図の長男・脹相。

その理由、真意は!?

では本編を見ていきましょう!!

お兄ちゃん

脹相は、今は亡き弟二人を思い出しながら、あることを考えていた。

自分の術式の影響で、血の繋がった弟達の異変が、どんなに遠く離れていても感じ取れること。

それを踏まえた上で、かつて虎杖と戦った時に強烈に感じた虎杖の「死」。

「死」。

それは生物にとって、最期にして最大の異変。

脹相(つまり虎杖も、血の繋がった俺の弟…!!)

加茂憲倫が体を転々として生き永らえているならば、ありえない話ではない、という結論に達した脹相。

脹相(ならば俺は

脹相(全力でお兄ちゃんを遂行する!!

突然現れた脹相の言動に、頭がついていかない虎杖をよそに、脹相は偽夏油達と戦うことを決断する!

弟を守りたい

両の手を合わせ、構えをとる脹相。

血を操る「赤血操術」、その凄まじい圧力を見た京都校・加茂は驚愕する。

そして、脹相の手から凝縮された血の槍が放たれる!!

手で防御しようとする裏梅だったが、その速さ・威力に負け、手を負傷する。

その血を曲げ、今度は偽夏油に向かわせる脹相。

避けられてしまうが、すぐに間合いを詰めて近接戦に持ち込む!

しかし、攻撃を躱しつつまだ余裕を見せる偽夏油。

偽夏油「無理するなよ、疲れてるだろ」

それでも脹相はやる気満々!

脹相「だから何だ」

脹相「それが弟の前で、命を張らない理由になるか?」

好機

偽夏油・裏梅と脹相の戦いを見ているパンダ達。

パンダ「一応聞くけど、他人だよな?」

何故か虎杖を「弟」と呼ぶ脹相を見て、虎杖に事実確認するパンダ。

虎杖「他人どころか、一回殺されかけてるよ」

パンダ「東堂をいい、ヤバイフェロモンでも出てるんじゃないのか?」

冗談とも本気ともとれる発言をするパンダ…

しかし、脹相の登場により、乱れた場。

この機に乗じて、偽夏油から「獄門彊」を奪い取ろうと、作戦をたてる。

そして、パンダが先頭に立ち、ゴリラモードの技「激震掌(ドラミングビート)」を繰り出そうとした、その時!

ぞ ぞ ぞ ぞ

そこに居た全員が感じ取った悪寒…

氷凝呪法

「霜凪(しもなぎ)」!!!

裏梅が手のひらをフッと吹く。

すると、目の前に居た脹相・パンダ・加茂・日下部・虎杖はで覆われる!

ハイレベルな氷の術式、下手に動けば体が割れてしまう攻撃に、一同動けなくなってしまう。

偽夏油「殺すなよ、伝達者は必要だ」

裏梅「全員生かす理由になるか?」

偽夏油と問答しながら、脹相に傷つけられた右手を「反転術式」でいとも簡単に治す裏梅。

右半分を氷で覆われていた脹相は、なんとか「赤鱗躍動」で氷を溶かそうとしていた。

しかし溶けるよりも先に、目の前の裏梅が更なる攻撃を…

バキィ

そこに、無理やり氷を割った虎杖が、脹相に飛び蹴り!!!

氷が割れ、自由になる脹相。

裏梅「誰の肉体だと…!!」

虎杖=宿儺である為、氷結が甘かったのだ。

虎杖は、脹相に確認する。

虎杖「味方でいいんだな!?」

脹相「違う!!」

虎杖「あ゛!?」

何故か否定する脹相…

脹相「俺はお兄ちゃんだ」

虎杖「真面目にやってくんねーかなぁ!!」

この状況で緊張感の無い答えを出す脹相に、苛立つ虎杖…

救世主

と、そこに空から西宮が!

付喪操術

「鎌異断(かまいたち)」!!

風の刃が裏梅と偽夏油を襲うが、裏梅はなんなく素手で振り払う…

西宮は地面に降り、虎杖に呼びかける。

西宮「今動けるのは私達だけ」

西宮「歌姫先生の準備ができるまで、時間を稼ぐよ!!」

体制を整えようとする西宮だったが。

裏梅「伝達者なんて」

裏梅「虎杖悠仁一人で事足りるでしょう!!」

氷凝呪法

「直瀑(ちょくばく)」!!!!

裏梅は多数の氷を繰り出す。

バキィ

!!!

その氷は、虎杖達の頭上に降り注ぎ、大ピンチ!!

「久しぶりだね夏油君」

「あの時の答えを聞かせてもらおうか」

「どんな女が好みだい?」

寸での所で氷を砕き、立っていたのは九十九由基

突如現れた特級術師・九十九の姿に、偽夏油は顔をしかめる…!!!

ジロ
ジロ
ここで135話終了!
次回も気になるなぁ…

呪術廻戦の最新単行本が無料で読める方法!

これからご紹介する内容は無料で最新刊を読めてしまう方法になります。

  • 最新刊をすぐ読みたい…
  • 今月は金欠…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】の無料トライアル期間の登録をするだけの方法!

31日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

今すぐU-NEXTで
呪術廻戦を読む

初回ポイントで一冊無料
▲本だけでなくアニメも一気見放題OK!

呪術廻戦135話が含まれる単行本情報

今回ご紹介した135話の内容を単行本で読む際は以下を参考にしてくださいませ。

呪術廻戦 第135話

  • 単行本未発売
  • ジャンプ2021年7号収録
ジロ
ジロ
U-NEXTでは週刊少年ジャンプは取り扱ってないので、十分注意してほしいぞ。

呪術廻戦ネタバレ135話の内容をご紹介:まとめ

最後に、今回の注目ポイントを簡潔にまとめます!

注目ポイント

・タイトル名→渋谷事変52

・扉絵→脹相の弟達

・お兄ちゃん→弟だと思った理由

・弟を守りたい→虎杖の為に戦う脹相!

・氷→裏梅の氷にピンチ、そこに九十九登場!

続きが気になりますね…!!!

前話を見る← →次話を見る

以下当サイトの呪術廻戦記事のまとめ表です。

13巻
108話 109話 110話 111話 112話
113話 114話 115話
14巻
116話 117話 118話 119話 120話
121話 122話 123話 124話
15巻
125話 126話 127話 128話 129話
130話 131話 132話 133話
16巻以降
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話 143話
144話 145話




呪術廻戦ネタバレ135話の考察

ジロ
ジロ
134話発売時に考察した135話のネタバレ考察内容!
当たってても外れてても残しておきます!

ネタバレtopに戻る

考察内容はこんな感じ!

注目考察ポイント

・加茂憲倫からの天元説

・虎杖は脹相の兄弟

以上、注目考察ポイントをご用意!!!

各注目考察ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー!

加茂憲倫からの天元説

驚きに満ちた前話。

脹相が偽夏油の正体が、加茂憲倫だと判断しましたね!!

それだけでも驚きなのですが、更にこんな説も。

その正体は、天元!!

えっ加茂憲倫じゃないの!?

と思った方も多いのでは?

しかし、偽夏油=加茂憲倫で終わらせるには、まだ気になることが残っているのです!

気になる点

気になる点は、これ。

「加茂憲倫も数ある名の一つにすぎない」

偽夏油が脹相に「加茂憲倫」と呼ばれた後の発言。

呪術師・加茂憲倫として歩んできた人生も、その正体の一つにしか過ぎないんです!

では本来の姿は?

そこで名が上がるのが、天元

呪術師の要、500年に一度適合する人間と同化し、肉体の情報を入れ替えている存在。

かつて過去編で天内理子と入れ替わる予定が、天内死亡にて失敗。

その後別の星漿体と同化した後、夏油と同化(乗っ取り?)したのでしょうか?

更に、日下部も気になる発言を。

馬鹿げた結界術 馬鹿げた呪具の所持

肉体を乗り換える術式を持つ黒幕の人選としては…

妥当っちゃ妥当だな

結界術。

これは、結界で高専を守っている天元の得意部門!

もしかしたら、日下部は天元であることに気がついているのかも知れません!

加茂憲倫自体が150年も前に生きていて、更にその前からずっと、となると、もう天元くらいしか思いつかないですよね…!

黒幕が天元だとすると、呪術廻戦の物語がこれからとんでもない戦いを繰り広げること間違いなしです!

虎杖は脹相の兄弟

この説はもう確定間近ですね!

虎杖が呪胎九相図。

偽夏油の「我ながら」発言、そして今回も匂わせ発言を!

急にらしいことを始めてしまったなと思って

極ノ番について、虎杖に説明する合間に言ったこの言葉。

笑いながら「らしいこと」と言った意味。

極ノ番について教える…

教師が教え子に教えるような、または親が子に教えるような…!?

そう、我が子同然に生み出した虎杖に教えるという行為をしてしまったことに対して、笑ってしまったのではないでしょうか?

脹相もまた

脹相も、虎杖の正体に気づいた様子。

偽夏油を攻撃しようとした時に出てきた裏梅に放った言葉。

どけ!!俺はお兄ちゃんだぞ!!!

もう、お兄ちゃんって言っちゃってんじゃーん!!

はっきりとはしていませんが、もう虎杖=呪胎九相図は確定でしょうね。

その事実が判明しても、まだ謎は深まるばかり。

・虎杖の両親は?祖父は誰?

・虎杖だけ何故人間として?

恐らく、今後一つずつ解明されていくでしょう!

呪術廻戦ネタバレ135話の内容を考察!:まとめ

最後に、注目考察ポイントを簡潔にまとめます!

注目考察ポイント

・加茂憲倫からの天元説→天元説が濃厚!

・虎杖は脹相の兄弟→確定間近!

渋谷事変は無事に終わるのでしょうか!?

では、最後までご覧いただきありがとうございました!!

前話を見る← →次話を見る