漫画ネタバレ感想

呪術廻戦ネタバレ146話の内容をご紹介

この記事は【呪術廻戦】最新話146話のネタバレをしています!

呪術廻戦最新話を読みたいけどジャンプは買わない派の方は、このネタバレ記事を読めば146話の内容はバッチリ!ぜひ最後までネタバレをご覧下さい!

※呪術廻戦最新話146話は、2021年4月19日発売の2021年20号に掲載

前話を見る← →次話を見る

呪術廻戦ネタバレ146話前のあらすじ

前話のあらすじを、簡単にまとめますと…

  • 天元、羂索に狙われピンチ
  • 五条復活のアイテム獄門彊「裏」登場
  • さらに復活の鍵となる「天使」の存在が!

となります!

では呪術廻戦ネタバレ146話の内容をご紹介していきます。

呪術廻戦ネタバレ146話の内容をご紹介!

ジロ
ジロ
146話のネタバレ内容は
こんな感じでまとめていくよ
注目ポイント

・タイトル名

・扉絵

・結界

・死滅回游の総則

・役割を背負って

以上、5つの注目ポイントをご用意!!!

各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー!

タイトル名

呪術廻戦146話のタイトル名は

「死滅回游について」

まだあまり詳細が分かっていない死滅回游。

詳しく説明してくれるのでしょうか?

扉絵

146話の扉絵は、

天元と話しをする一行

新情報を出してくる天元に、質問の嵐?

もうちょっと…

理解しやすい言葉でお願いします…!!

では本編を見ていきましょう!!

結界

天元が存在を顕にした、泳者・天使!

その術式が「術式を消滅させる」と聞き、驚く一行。

天元「天使の術式なら獄門彊「裏」を開けることができる」

五条復活の糸口となる天使。

その居場所は、東京の東側の結界

回遊の結界は天元を拒絶しているため、それ以上の情報は無い。

ここで、天元が死滅回游についての情報をまとめる。

・全国に10の結界がある。

・その結界は、日本の人間を彼岸へと渡す境界を結ぶ結界と繋がっている。

・北海道は呪術連の結界があり、既に巨大な霊場として慣らしが終わっている為、回游の結界は無い。

・“彼岸へ渡す”とは、日本にいる人間全員に呪いをかける=同化の前準備ということ。

・儀式が終わるまでは、2月程。

死滅回游の総則

そして、総則について触れていく。

1、泳者は術式覚醒後、十九日以内に任意の結界にて、死滅回游への参加を宣誓しなければならない。

真希「今11月9日の午前9時だ」

乙骨「泳者の術師が覚醒したのは10月31日24時頃」

伏黒「津美紀が回游に参加するまでの猶予は ざっと10日と15時間」

2、前項に違反した泳者からは、術式を剥奪する。

天元の「参加を拒否=死ぬ」という発言を、再確認する伏黒。

そしてこの項についての、家入の見解を思い出す。

家入の見解

・後追いで参加する術師にも適用されるルール。

・“剥奪”=「無為転変」で行われるわけではない。

・“使用禁止”ではなく“剥奪”ということは、“縛り”でもない。

・脳に無理矢理なにかしらの作用があるということは、“剥奪”=“死亡”!

真希「硝子さんの読み通りだったが」

真希「逆に私みたいなのとか術式持ってない術師はノーリスクだよな」

3、非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。

虎杖「始めから結界の中にいる一般の人らはどうなんの?」

虎杖の疑問に、天元が答える。

天元「少なくとも1度は外に出る機会を与えられる」

総則には、1つも結界の出入りに関する条項が無い。

それは、開始後「結界から出る」という明確な目的を与えて、回游を活性化させる狙いが伺える。

更に泳者を閉じ込める為には、泳者が“自ら望んで入った”という前提が重要になるのだ。

4、泳者は他泳者の生命を絶つことで点を得る。

5、点とは管理者によって泳者の生命に懸けられた価値を指し、原則術師5点、非術師1点とする。

天元は、「管理者」について説明する。

・各泳者に1体ずつ憑く式神「コガネ」。

・コガネは、正確に言えば“管理者”ではなく“窓口”。

・管理者は死滅回游のプログラムそのもの。

6、泳者は自身に懸けられた点を除いた100得点を消費することで管理者と交渉し、死滅回游に総則と1つ追加できる。

九十九「既にあるルールを消すのはなしかな」

伏黒「遠回しに否定ならいけるかもしれませんね」

7、管理者は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならない。

真希「判断基準がアッチ任せ過ぎる」

管理者に有利なルールだ、と不満そうな真希達。

しかし、天元はある程度「公平な判断」が見込めると思っていた。

天元「既に泳者にここまでの総則を強いているんだ」

天元「呪術的にこれ以上羂索に利益が偏ることはない」

8、参加または点取得後、十九日以内に得点の変動が見られない場合、その泳者からは術式を剥奪する。

パッと見、人を殺して点を得るこのゲーム。

虎杖「また…人を殺さなきゃいけないのか」

しかし、伏黒はそう思っていないようだった。

伏黒「いや…いくつか考えがある」

役割を背負って

ざっと情報を整理し終えた一行は、それぞれの役割もまとめていく。

九十九&脹相は、天元の護衛。

真希は、禪院家に戻って呪具の回収。

五条が封印されて間もなく、高専忌庫の呪具は加茂家と禪院家が持ち出してスッカラカン。

だったが、なんと伏黒が禪院家の当主になったため、禪院家の忌庫が漁り放題になったのだ!

そして家に戻る前に、真希は場所に用があった。

真希「天元様」

天元「分かっている 組屋鞣造の工房だろう?」

真希「助かります」

全ての用事を済ませた後、真希はパンダを捜して回游の平定に協力することとなった。

乙骨は、結界に入って回游に参加する。

津美紀や伏黒達が回游に参加する前に、少しでも情報を集めたいのだ。

万が一、身内で潰し合う&津美紀に何か会った時の為に、近場の結界を避け、単独で回游に参加する乙骨。

乙骨「結界で電波が絶たれてるかもしれないから 暫く連絡取れないかも」

と、ここで虎杖と乙骨はある約束のことを思い出す。

もし次

俺が宿儺と入れ替わったら

迷わず殺してくれ

乙骨が虎杖の近くにいた方が、伏黒は安全。

しかし戦力的には、乙骨は単独で動いた方が効率がいい…

悩む虎杖と乙骨に、伏黒が声をかける!

伏黒「言ってる場合か 大丈夫だ」

伏黒「そん時は俺が死んだ後 しっかり殺してもらえ」

そして、まだグチグチ言っている虎杖を尻目に、伏黒は真希に声をかける。

伏黒「先輩」

真希「あぁ オマエらは予定通り金次のとこ行け」

初めて聞く名前に、キョトンとする虎杖。

乙骨「秤 金次」

乙骨「停学中の3年生だよ

真希「今はとにかく人手が足んねぇ なにがなんでも駆り出せ」

虎杖「その人強いの?」

乙骨「ムラっ気があるけど ノッてる時は僕より強いよ」

こうして役割が定まり、九十九と脹相を残して、虎杖達は薨星宮を後にする。

が、虎杖は立ち止まり、少し考え…

虎杖「脹相!!」

虎杖「ありがとう 助かった」

脹相に感謝を述べる虎杖。

脹相「…死ぬなよ

一言だけ返し、虎杖を見送る脹相。

感極まって、涙を流していた…

芸人

場面は代わり、とある劇場。

そのステージには、「行き当たりもっこり」と書かれた紙を持つ男が一人。

?「……あっ あざっした」

客の反応は最悪、額に脂汗を垂らしながら、そのステージを終える…

「高羽ァ!!」

35歳にもなるのに、花が開かない芸人・高羽。

楽屋で頭を抱え落ち込む高羽を、怒鳴りつける関西弁の先輩芸人。

先の見えない高羽に、キツイ言葉で引退を迫り、そのまま部屋を出て行ってしまう。

楽屋にはもう一人、“ケンさん”と呼ばれる男がいた。

ケン「俺は嫌いやなかったで 高羽のネタ」

そして、高羽に“ずっと売れ続ける奴”が二種類いることを教える。

ケン「ずっとおもろい奴と」

ケン「ずっと自分のことおもろいと勘違いできる奴や」

ケン「オマエはどっちや」

その言葉に、目を見開き一点を見つめ、様子がおかしくなる高羽。

高羽「五分だ五分だと言うけれど…」

高羽「本当は七三くらいが……」

死滅回遊泳者
高羽 史彦

回游平定に向け皆が動く中、二分できない思いを秘めた泳者が一人…。

ジロ
ジロ
ここで146話終了!
次回も気になるなぁ…

呪術廻戦の最新単行本が無料で読める方法!

これからご紹介する内容は無料で最新刊を読めてしまう方法になります。

  • 最新刊をすぐ読みたい…
  • 今月は金欠…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】の無料トライアル期間の登録をするだけの方法!

31日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

今すぐU-NEXTで
呪術廻戦を読む

初回ポイントで一冊無料
▲本だけでなくアニメも一気見放題OK!

呪術廻戦146話が含まれる単行本情報

今回ご紹介した146話の内容を単行本で読む際は以下を参考にしてくださいませ。

呪術廻戦 第146話

  • 単行本未発売
  • ジャンプ2021年20号収録
ジロ
ジロ
U-NEXTでは週刊少年ジャンプは取り扱ってないので、十分注意してほしいぞ。

呪術廻戦ネタバレ146話の内容をご紹介:まとめ

最後に、今回の注目ポイントを簡潔にまとめます!

注目ポイント

・タイトル名→死滅回游について

・扉絵→天元と話す一行

・結界→全国に10の結界がある

・死滅回游の総則→伏黒には何やら考えがある

・役割を背負って→新たなプレイヤー登場!

続きが気になりますね…!!!

前話を見る← →次話を見る

以下当サイトの呪術廻戦記事のまとめ表です。

13巻
108話 109話 110話 111話 112話
113話 114話 115話
14巻
116話 117話 118話 119話 120話
121話 122話 123話 124話
15巻
125話 126話 127話 128話 129話
130話 131話 132話 133話
16巻以降
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話 143話
144話 145話 146話 147話




呪術廻戦ネタバレ146話の考察

ジロ
ジロ
145話発売時に考察した146話のネタバレ考察内容!
当たってても外れてても残しておきます!

ネタバレtopに戻る

考察内容はこんな感じ!

注目考察ポイント

・天使は獄門彊に封印されていた!?

・天使の正体は

・死滅回遊スタート直前

管理者が羂索ではない

以上、4つの注目考察ポイントをご用意!!!

各注目考察ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー!

【呪術廻戦ネタバレ146話】天使は獄門彊に封印されていた!?

出てきました新キャラ!?

天使・来栖華(くるすはな)の存在です!

最後に空を浮かび、天使の輪と羽を身につけた姿があらわになっていました!

前話での情報としては、

・死滅回遊に参加している

・千年前の術師

・あらゆる術式を消滅させる術式をもつ

謎…

謎だらけです…!!!

まずはこれからですね。

千年前から生きているということ。

人間…なのでしょうか?

6年前

さて、6年前に羂索が手にした獄門彊。

これは、五条を封印するために手に入れた呪物です。

今でこそ五条が封印されていますが、当時は何も封印されていなかったのでしょうか?

来栖華が封印されていた!

突拍子も無い発想ではありますが、いろいろとつながってくるんです。

・獄門彊の中では時間が流れない。

・羂索は肉体を転々とできる為、老化は関係無い。

・天元は進化(老化)した為、今の姿に。

獄門彊に来栖が居て、6年前に封印を解かれたとすると、あの若々しい姿にも納得できます。

封印を解かれたことで、羂索の仲間となっていたら。

今後虎杖達との交渉は、一筋縄ではいかないでしょう。

【呪術廻戦ネタバレ146話】天使の正体は

新キャラ!

と思いましたが、ジャンプの次号予告ページで気になるワードが。

死滅回遊のキーパーソン。その正体とは…!?

正体。

新しい設定のキャラとも考えられますが、もしかすると今まで出てきているキャラの可能性も!?

怪しいところで言うと…

・裏梅

1000年前というと、宿儺とも関係がある天使。

裏梅も宿儺と関係していることから、可能性あり?

いやー無い…ですかね?笑

天使の能力

前話で描かれていた天使の手には、ラッパのようなモノが。

恐らく、術式に使うアイテムなのでしょう。

術式効果として説明されているのは、術式の消滅。

それだけで、1000年も生き残れるものなのでしょうか?

恐らく、何かしらの攻撃手段も持ち合わせているのでしょう。

次号で天使のいる場面に切り替わったら、その戦闘方法が判明するでしょう!

【呪術廻戦ネタバレ146話】死滅回遊スタート直前

そろそろ始まるであろう、死滅回遊。

しかし、まだ始まらない気がします。

虎杖達の味方が誰になるのかも分かっていませんし、作戦も曖昧。

一旦味方同士で集結し、作戦を立てるのではないでしょうか?

未だ釘崎や狗巻達の安否も分かっていませんし…

そろそろ登場して欲しいところです!

ミゲルも登場?

前話では、乙骨とミゲルが海外に行った理由が明かされました!

ぼちぼちミゲルも登場!

するのではないでしょうか?

五条も封印され、七海も死に、呪術界は混乱状態。

少しでも強い術師が登場してこないと、戦況は不利になるばかりだと思います!

乙骨とも親しいでしょうし、ミゲルの活躍にも期待です!

【呪術廻戦ネタバレ146話】管理者が羂索ではない

衝撃の事実。

羂索が死滅回廊の管理者ではない

ということ!

自身への“縛り”で管理者から外れたことは理解できたのですが、では誰が管理者なのでしょうか?

候補としては、

・天元

死滅回廊に詳しい。能力的にも妥当!

・九十九

わざわざ天元の元に残った。ゲームに参加する必要がない為、天元のそばでゲームを見守る!?

・五条

獄門彊の中にいるため、可能性は低い?五条解放=死滅回遊終了かも?

羂索が指名したのか、それとも…?

羂索によって目覚めた泳者

ぼちぼち、マーキングされた泳者達の状況もでてくるでしょうか。

伏黒にとっての一番の目的である、津美紀の現状も気になります!

羂索によって解き放たれた能力が、一体どのようなものになっているのか。

羂索の仲間となっている

可能性はありますよね!

いわゆる羂索軍団。

虎杖や伏黒の前に立ちはだかる存在になってくるかもしれません!

呪術廻戦ネタバレ146話の内容を考察:まとめ

最後に、注目考察ポイントを簡潔にまとめます!

注目考察ポイント

・天使は獄門彊に封印されていた!?→若々しい姿の理由

・天使の正体は→裏梅…?

・死滅回遊スタート直前→準備期間

管理者が羂索ではない→九十九が可能性大

では、最後までご覧いただきありがとうございました!!

前話を見る← →次話を見る