マンガ、アニメ、小説

鬼滅の刃無限列車編のネタバレ!クッソ胸熱展開に胸が躍りまくる!!





俺は俺の責務を全うする
ここにいるものは誰も死なせない

クッソかっこいいセリフを放つ炎柱・煉獄杏寿朗。
その一番の見せ所と言っても過言ではない無限列車編

それの映画化が決定しましたね!!
うれしすぎることです。

今回はその映画の内容が気になってしまう方のために!
単行本を全巻持っている私がネタバレしていきます!




鬼滅の刃無限列車編のネタバレ内容を紹介

ということでご紹介していきます!
結果的には…

煉獄杏寿朗は死ぬ

のですが、そのストーリーを追って説明していきますね。

シノ
シノ
無限列車編のネタバレはどう言う構成でやっていくんだい!?

今回ご紹介する内容はこちら!

・こんばんは煉獄さん

・無限夢列車

・目覚めろ

・刃を持て

・おはよう

・侮辱

・二百人を守る

・狭所の攻防

・悪夢に終わる

・猗窩座

・上弦の力・柱の力

・誰の勝ちか

・黎明に散る

13の大見出しをご用意!
その中でも詳しくしてありますのでご安心を!

てかめっちゃ内容濃いので
絵付きでしっかり見たい方はこちらをどうぞ

個人的にはやはり絵付きの方がいいかなと思います。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:こんばんは煉獄さん

伊之助
伊之助
うおおおおおお!
腹の中だ!!
主の腹の中だ
うぉおお!!
戦いの始まりだ!!

という伊之助の感激の叫びから始まります。

そこにすかさず「うるせーよ💢」とツッコミを入れる善逸。

そして炭治郎に煉獄さんの顔がわかるのか?と質問。
それに炭治郎は覚えているよと答える。

うまい!うまい!うまい!うまい!

杏寿朗
杏寿朗
うまい!うまい!うまい!うまい!

と弁当を食っている杏寿朗。

驚く炭治郎と善逸。
声をかけても「うまい!」の一点張り。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:ヒノカミ神楽

ヒノカミ神楽を知らないかと尋ねる炭治郎。

杏寿朗
杏寿朗
だが知らん!
「ヒノカミ神楽」
っという言葉も初耳だ!

と言い放ち、話を閉めます。

そして炭治郎を継子に誘います。
戸惑う炭治郎を他所に呼吸の話へと続きます。

そして炭治郎の刀の色を聞き、黒であることを聞いた際に、それはきついな!!

と一蹴。
黒刀の剣士が柱になったのを見たことがないことに加え
どの系統を極めればいいのかわからないと聞く。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:列車動く

ガタン

と動き出す列車。
そして杏寿朗の話も「俺のところで面倒をみよう!」という提案と、炭治郎の「…(面倒見の良い人だな…)」という思いで終わります。

伊之助
伊之助
うおおおおおお!
すげぇすげぇ
速ぇええ!!

と窓の外に身を乗り出す伊之助に、ツッコミを入れて中へ引き戻そうとする善逸。

そして横から
「危険だぞ!いつ鬼が出てくるかわからないんだ!」
と杏寿朗。

それに驚く善逸。
この汽車で四十人以上が行方不明になっている事実を聞き、降車を心に決める善逸。

そこに切符を確認しに現れた乗務員。
炭治郎は嫌な匂いを感じます。

「拝見しました…」
そう、乗務員はやつれた顔で言います。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:鬼出現

そこに、図体は大きく、体には大きなとげ。
顔に頭部にはいくつもの顔。

それを備えた鬼が出現。

そして煉獄杏寿朗が刃を抜く。

杏寿朗
杏寿朗
だが罪なき人に牙を剥こう
ものならば!

この煉獄の赫き炎刀が
お前を骨まで
焼き尽くす!!

叫ぶ鬼。踏み込む杏寿朗。

炎の呼吸 壱ノ型 不知火

と一瞬で相手の懐に飛び込み、首を断つ。
倒れる鬼。

兄貴ぃ!!
と呼び、継子を希望し出した、炭治郎、善逸、伊之助。

そしてそこには列車で爆睡する4人の姿があった。

魘夢
魘夢
夢を見ながら死ねるなんて
幸せだよね

と列車の上に立つ魘夢。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:無限夢列車

乗務員
乗務員
言われた通り
切符を切って
眠らせました。
早く眠らせてください。
死んだ妻と娘に
合わせてください。

と何かにお願いをする乗務員。

そしてそこには手に目と口が生えたような異形の何かがいた。

そしてその手は「いいとも、よくやってくれたね」
と労い。

ドクン

と乗務員の中で何かが起き、倒れてしまう。

そのほかにも何人もの子供が、異形の駒のようにいた。
異形はそいつらに、鬼狩りを縄で縛り付けておくようにと伝えました。

異形
異形
俺は暫く先端車両から
動けない
準備が整うまで
頑張ってね
幸せな夢を
見るために

と言い放つ。

「はい」と返事をする子供達。
人間の原動力は心だ!
精神の核を破壊すれば良いんだ!
人間の心なんてガラス細工みたいに脆くて弱い!

と嬉々として言い放つ魘夢。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:善逸と伊之助の夢

こっちこっち!

と嬉しそうにねずこの手を引く善逸の姿があった。
楽しそうな会話に加え、しっかりと返答しているねずこ。

顔を真っ赤にしながら会話する2人の姿があった。

眠りながら「うふっうふふっ」とにやける善逸。

探検隊!!探検隊!!
俺たち洞窟探検隊!!

と伊之助。

そこには自分が親分となり、子分を従える伊之助の姿があった。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:杏寿朗と炭治郎の夢

寝転ぶ父のそばに座る杏寿朗。
「ん?俺は何をしに来た?」と疑問を抱えつつも、柱になったことを伝えに来たことを思い出す。

だが父は柱なんて下らんと一蹴。

悲しむ杏寿朗。
その姿に弟は気遣い言葉を掛ける。

父は昔は情熱のある人で、柱にまでなった人物だった。
だがある日突然剣士をやめた。

何故か疑問だったが杏寿朗は前を向く。
「俺の心の炎が消えることはない!」と。

そして弟に、頑張って生きていこう!
寂しくとも!と声をかける夢を見ている杏寿朗。

そして炭治郎。
景色はガラッと変わり、実家の目の前。
出迎える、亡くなったはずの家族。

思わず抱きつき泣きながら謝罪をする炭治郎。
そしてそこには泣きながら眠る炭治郎の姿があった。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:計画実行

ビン!
ギュッギュッ

と縄で縛り付ける子供達。
そしてそのうちの1人が意図的に眠りにはいる。

家族団欒を喜びながら楽しむ炭治郎。

魘夢
魘夢
楽しそうだね
幸せな夢を見始めたな

深い眠りだ
もう目覚めることは
できないよ

と魘夢は列車の先端で、今回も鬼狩り退治ができたことを確信します。

そして炭治郎は今も兄弟たちと遊ぶ幸せな夢を見る。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:目覚めろ

そして状況は変わり、杏寿朗の腕と自分の腕を縄で繋げる女の子の姿があった。

眠り鬼・魘夢の作った縄は
繋げた者の、夢の中に侵入できる
特別な力を持つ。

そうして杏寿朗の夢の中に入った女の子は、本体がいることに危機を感じる。

そして女の子は夢と無意識の壁を発見し、その壁を破る。

そこには燃え盛る無意識の領域があり、赤い精神の核があった。
それを壊そうと女の子が動くと…

かはっ!!

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:本能

そこには本能で動いた杏寿朗の姿があった。
精神の核を破壊されたら、自分が戦闘不能になると
本能で察知した。

魘夢は細心の注意を払って行動していたが動いた。

そしてまた炭治郎も、夢の中で楽しむ炭治郎に必死で呼びかけるのであった。
これは夢だと。
起きて戦えと。

そう考えると涙が止まらない炭治郎。

その時、箱に入っていたねずこが目覚める。
寝ながら「起きないと…」
と呟く炭治郎を起こそうと色々するが起きず…

そして起きない兄に向かって頭突き!
だが負けたのはねずこでその額からは血が。

ムムーッ!
となり、その血が炭治郎にかかり、鬼だけが燃える炎を身に纏います。

夢の中の炭治郎は燃え上がる。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:刃を持て

焦る兄弟を他所に、ねずこの血の匂いを感じます。

そして夢の中の炭治郎は昔の姿ではなく、現在の鬼殺隊の姿へ。
少しずつ覚醒していると自覚する炭治郎。

炭治郎
炭治郎
ごめん行かないと

早く戻らないといけない
ごめんな

と言い放ち、家を飛び出す炭治郎。

お兄ちゃん!!
と声をかける愛おしい兄弟を他所に、駆ける。

だが、そこにはねずこと母親がいた。

葵枝
葵枝
炭治郎
どうしたの?

その格好は…

と声をかけられ…

「ああ….」
「ここに居たいなぁずっと」
「振り返って戻りたいなぁ」

と思う炭治郎。
本当ならずっとこうして暮らせていたはずなんだとも思う。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:炭治郎、行く!

炭治郎
炭治郎
でももう失った!
戻ることはできない!

と思い走り始める!

六太
六太
お兄ちゃん
置いていかないで!!

涙を流し、ごめんと思いながら走り出すことをやめない炭治郎。

そして早く核を破壊しないとと動く、青年。

壁を破りそこにあった無意識の領域に、青年は思わず涙を流す。

どこまでも広がる青空。
なんという美しさ、暖かさ。

夢の中に鬼にいると思い探す炭治郎。

魘夢
魘夢
てこずってるな
どうしたのかな

まぁ時間稼ぎができているから
いいけれど

そんなことは他所にまず抜け出そうとする炭治郎。

思考を巡らせている炭治郎の背後に現れたのは父。
そして「切るべきものはもう在る」

とヒントを出し、そして閃いた方法に竦む。
もし現実世界に影響したらと…

だが決意する。
迷うな!やれ!!と。

そして
“夢の中の死”が
“現実の目覚め”につながる

うおおおおおおお!

と自分の頸を切る。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:おはよう

ああああああ!!!

と目覚める炭治郎。
とっさに頸を抑えるが生きていることにほっとする。

そこには大声にびっくりしたねずこ。
女の子の首を掴んでいる煉獄さん。
爆睡している善逸と伊之助。

状況をとっさに理解し、縄を断ち切ることに危機を感じた炭治郎は
ねずこに縄を燃やすように指示。

そしてこの炭治郎の勘は正しかった。
きると、夢の主でない者は意識が戻らなかった。
永遠に。

仲間たちに声をかけるが、起きず…

ブン!

と杏寿朗の中に入っていた女の子が炭治郎に刃を向ける。
鬼に操られていることを疑うが…

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:子供達の事情

女の子
女の子
邪魔しないでよ!
あんたたちが来たせいで
夢を見せてもらえない
じゃない!!

ここで自分の意思である事を認識した炭治郎。

仲間の夢に入っていた子供たちが次々目覚め、刃を向ける。

そして炭治郎の中に入っていた青年は、涙を流しながら立ち上がる。
この青年は結核だった。

それでいい夢を見ながら死ぬ事を望んでいた。
だが、炭治郎の無意識の領域で見た世界。
また、炭治郎の優しさの化身が現れ、青年が精神の核を探しているのを察するとそこへ案内した。

太陽のような、光と温もりの発生源を前に青年は、何もできずいただ泣いた。
ここにずっといたい。
そう思ったが、炭治郎は目覚めたので強制的に現実へと戻される。

しかし、優しさの化身を青年は掴んで離さなかった。
炭治郎の心の一部を青年は心に宿し、暗く沈んでいた心を明るく照らした。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:炭治郎、対面

ごめん。

そう言い放ち、敵意を持つ子供達を気絶させていく。

そして青年に声をかける。

青年
青年
ありがとう
気をつけて

という声かけに、炭治郎は大きく返事をし、鬼のもとへ向かう。

そして匂いを察知。
車両の屋根に乗り、遂に対面する。

魘夢
魘夢
あれぇ
起きたの

おはよう

と手を振りながら声をかける元凶。

そしてせっかくいい夢を見せてやったのにと発言し、斬殺する夢を見せることもできたと炭治郎に発言。

それにゲキオコの炭治郎。
顔に血管を浮かべる。



鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:侮辱

魘夢は周りくどくとも気づかれないように鬼狩りを殺す事にしていた。

ただ炭治郎には効かず、短時間で覚醒条件を見破ったことに疑問だった。
都合の良い夢を見たい人間に欲求は凄まじいのにも関わらず。

炭治郎
炭治郎
人の心の中に
土足で踏み入るな!!

俺は
お前を許さない。

そして魘夢は耳に飾りをつけていることに気づき、夢みたいだと喜びます。

これでもっと無惨の血がもらえると思い。

そんな思いを他所に炭治郎は呼吸を整えます。

水の呼吸 拾ノ型 生生流転

血気術 強制昏倒催眠の囁き

そして炭治郎は…眠らない。
魘夢は戸惑う。
そして気づく、炭治郎は術にかかっていると。

そしてかかった瞬間に自決していると、そしてこのガキはまともじゃないと判断する。

魘夢が見せていたのは、炭治郎を責める家族の夢。
この悪夢により炭治郎の怒りは頂点を迎える。

炭治郎
炭治郎
言うはずが
無いだろう
そんな事を!!

俺の家族が!!

俺の家族を
侮辱するなァァァアアア!!

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:手応え

魘夢の頸を切った炭治郎。

だが、そこに手応えを殆ど感じなかった。
夢かと疑った。

振り向いた先には、列車と一体化している魘夢の姿があった。

死なない事に驚く炭治郎。
そして炭治郎が切った者はもはや本体ではなくなった事を魘夢の口から知る。

炭治郎が眠っている間に、魘夢が汽車と”融合”していた。

つまり、汽車すべてが魘夢の中。
二百人が魘夢を強化するための餌。

そして人質。

考える炭治郎。
1人で守るのは二両が限界。

炭治郎
炭治郎
煉獄さん
善逸
伊之助ーーっ!

寝ている場合じゃ無い!
起きてくれ頼む!

必死に叫ぶ炭治郎。
そこに…

ドッギャー!!

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:二百人を守る

炭治郎
炭治郎
伊之助ーーッ
この汽車はもう
安全な所が無い

眠っている人たちを
守るんだ!!

と声をかける炭治郎。

そして伊之助は、俺の読み通りだ…と親分としての力量を自覚します。

獣の呼吸 伍ノ牙 狂い裂き

と四方八方を切りつけ、人を守ります。

ねずこも、人を取り込もうとする肉塊を爪で引っ掻く。
だが、数が多く捕まってしまいます。

そこに…

 

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:守る者

雷の呼吸 壱ノ型  霹靂一閃 六連

ドドドドドン

善逸
善逸
禰豆子ちゃんは
俺が守る

と決めながらも爆睡。

様々な音に気を配るも、状況が理解出来ない炭治郎。

煉獄さん
煉獄さん
うたた寝している間に
こんな事態に
なっていようとは!

よもやよもやだ!

と目覚める杏寿朗。

ドン!ガゴン!ドッ!

と車両が大きく揺れ、炭治郎の目の前には杏寿朗が。
そして自分が五両守るから炭治郎は伊之助とともに頸を探す事を指示。

そしてまた、大きな音を立てて移動する。
炭治郎の目には追えないスピードに驚愕する。

そして伊之助を声を掛け合い、伊之助の触覚を頼りに前へ進む。
炭治郎の鼻は風邪のせいで機能しなかった。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:狭所の攻防

伊之助
伊之助
オォリャアア!!
オオッシャアア!!
怪しいぜ怪しいぜ
この辺り特に!!

と車掌室へ向かう伊之助。

そこにいた車掌は反抗するが、それを無視し、伊之助は鬼の急所を目指す。

その瞬間、無数の手が伊之助に襲いかかります。
捌き切れないほどの数。
伊之助が危機を感じた時。

水の呼吸 陸の型 ねじれ渦

とピンチを救う炭治郎。
そして匂いで真下に鬼の頸がある事を感じ取り、伊之助に伝えます。

獣の呼吸 弐ノ牙 切り裂き

と伊之助が技を床に放ち、現れたのは人の足より太い頸の骨。
そこにすかさず技を放つ炭治郎。

しかし防がれるのに加え、再生が早い。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:どう頸を切る

迫りくる手を凌ぎながら伊之助と連携をとる算段を立てる。

しかし…

血気術 強制昏倒睡眠・眼

と巨大な目と目が合う炭治郎。
眠らされる事を覚悟した炭治郎は覚醒条件を伊之助へと伝えます。

そして何度も術にかかっては覚醒を繰り返す。
四方八方にある目が炭治郎を永遠と術にかけます。

早く目を覚ませ!
と言う思いで、刃を首に充てる炭治郎。

ガキィ!

伊之助
伊之助
夢じゃねぇ!!
現実だ!!

と夢か現実か区別が付かなくなっていた炭治郎を伊之助が助けます。

手を凌いでいると、邪魔をするな!
と車掌が炭治郎の脇腹を刺す。

とっさに気絶させる炭治郎。
大丈夫である事を伊之助に伝え…

獣の呼吸 肆ノ牙 切細裂き

と頸の骨を再度あらわに。
そして…

ヒノカミ神楽 碧羅の天!!!

炭治郎の技が頸に炸裂する!!!

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:悪夢に終わる

ゴガァ!!!

炭治郎の技によって車両は真っ二つへとなり。

ギャアアアア!!!

響く断末魔。
のたうち回る車両。

とっさに動こうとするも刺された脇腹が痛み、反応が遅れてしまう炭治郎。

車両の揺れが治り、投げ出される炭治郎。
それに駆け寄る伊之助。

自分は大丈夫と伝えると、自分をさした車掌を助けるようにお願いします。

一度は拒否する伊之助だったが、親分だからな!
と良い助けに行く。

伊之助
伊之助
助けた後
あいつの髪の毛全部
毟っといてやる!!!

「そんなことしなくていよ…」と呟く炭治郎は、呼吸を整える。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:魘夢の後悔

魘夢
魘夢
…..(体が崩壊する
再生できない)

と崩壊を自覚する魘夢。

負ける事と死ぬ事を受け入れられない魘夢。
そしてその場にいた鬼狩り一人一人に文句を垂れ流す。

そして崩壊は進む。
百年顔ぶれが変わっていない上弦の鬼たち。
山ほど葬っている、鬼狩りの柱も。

魘夢はやり直したいと言う気持ちを抑えることができず、悪夢であると思いながら崩壊を終える。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:火蓋が切られる

杏寿朗
杏寿朗
全集中の常中が
できるようだな!

感心感心!!

と炭治郎を労い、常中は柱への第一歩である事を伝えます。

そして炭治郎の腹部への出血を発見し、呼吸での止血法を口で指示します。

集中し、出血している血管を見つけろと指示。
そして見つけた炭治郎に、出血を止めろ伝える。

ギギギ

と手こずる炭治郎の額に指を当て「集中」と一言。

それに応えようと炭治郎も再度集中し、止血。

止血できた炭治郎を褒め、呼吸の可能性を教える杏寿朗。
同時に、みんなも無事である事を伝えます。

そこに…

ドオン

と轟音を立て、2人の元に落ちてきたものがあった。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:猗窩座

そこにいたのは、上弦の参。

炭治郎が「なぜここに」と戸惑っている間に、上弦の参である猗窩座は炭治郎との間合いを詰め拳を振り下ろします。

炎の呼吸 弐ノ型 昇り炎天

と刀を振り上げ、猗窩座の腕を二つに斬る。

猗窩座は一旦後方へと引き、斬られた腕をビチ!とくっ付ける。

猗窩座
猗窩座
いい刀だ。

と呟き自分の血を舐める猗窩座。

再生が早く、圧迫感と凄まじい鬼気。
これが上弦。

と上弦について思う杏寿朗。
そしてなぜ手負いのものから襲うのかと質問する。

それに猗窩座は、杏寿朗との話の邪魔になると思ったと答える。

そして猗窩座は提案する。

猗窩座
猗窩座
お前も鬼に
ならないか?

これに対し杏寿朗は「ならない」と。

猗窩座は杏寿朗の練り上げられた闘気を見て、至高の領域に近いと伝える。
そしてなぜ至高の領域に入れないかを教えてやろうと言い放ちます。。

猗窩座
猗窩座
人間だからだ
老いるからだ
死ぬからだ

鬼になろうと提案する猗窩座。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:決戦

杏寿朗
杏寿朗
老いることも
死ぬことも

人間という儚い
生き物の美しさだ

老いるからこそ
死ぬからこそ

堪らなく
愛おしく

尊いのだ

強さというものは

肉体に対してのみ
使う言葉ではない

そして炭治郎が弱くないと言い放ち、猗窩座に対し、鬼になるのはいかなる理由があろうともならないと伝えます。

「そうか…」そう呟くと猗窩座は…

術式展開 破壊殺・羅針

と自身の足元に雪の模様を浮かべ、殺す事を宣言。

炭治郎の目で追えない攻防が始まる。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:技

ドオン

二つの星がぶつかったような轟音。
戦いながらも、才能を持つものが醜く衰えていく様に耐えられないから死んでくれと発言する猗窩座。

破壊殺・空式

炎の呼吸 肆ノ型 盛炎のうねり

激しい攻防が続く。
猗窩座は虚空を拳で打ち、攻撃を杏寿朗まで届かせる。

それに対し頸を斬るのが厄介だと感じた杏寿朗はあっという間に間合いを詰める。

ドン!

その反応速度を褒める猗窩座。
そして常人には到底追えない接近戦が繰り広げられる。

この素晴らしい剣技も!
失われていくのだ杏寿朗!
と猗窩座。

しかしこれが人間だと杏寿朗は言う。

動こうとする炭治郎の動きを察知し

杏寿朗
杏寿朗
動くな!!
傷が開いたら
致命傷になるぞ!!

待機命令!!

と命令する杏寿朗。

ビクつく炭治郎。

炎の呼吸 伍ノ型 

炎虎!!! 破壊殺・乱式!!!

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:上弦の力・柱の力

猗窩座
猗窩座
杏寿朗
死ぬな

伊之助は間合いに入ったら待つのは”死”しかないのを肌で感じ取っていた。

猗窩座
猗窩座
生身を削る思いで
戦ったとしても
全て無駄なんだよ杏寿朗

お前が俺に喰らわせた
素晴らしい斬撃も
すでに完治してしまった

鬼である事と比較して人間の脆さを猗窩座は杏寿朗へ言葉を投げかけます。

猗窩座
猗窩座
どう足掻いても
人間には鬼に勝てない

と一蹴。

しかし杏寿朗の炎は消えない。

 

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:煉獄

炎の呼吸 奥義!!

猗窩座
猗窩座
素晴らしい闘気だ…
素晴らしい…

やはり
お前は鬼になれ!!
杏寿朗!!

俺と永遠に
戦い続けよう!!

術式展開

ドドオン!!

玖ノ型・煉獄

破壊殺・滅式

凄まじい轟音を放ちながらぶつかる両者の技。
そこにあるのは腹を貫かれた杏寿朗。

その時見たのは母との思い出。
自分が人より強く生まれたのは、弱き人を助けるためだ教えられた。

もう一度、杏寿朗は刀を強く握りしめ、猗窩座の頸に斬りかかる。

オオオオオオオオオ!!!

最後の力を振り絞る杏寿朗。
夜明けが近い。
そこにあるのは拮抗した状況。

逃すまいと猗窩座を抑える杏寿朗。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:誰の勝ちか

オオオオオオオオオ!!!

オオオオオオオオオ!!!

2人が雄叫びをあげる。

炭治郎
炭治郎
伊之助!
動けーーーっ!!!

煉獄さんのために
動けーーーっ!!!

と言う声に我を思い出したように動き始める伊之助。

獣の呼吸 壱ノ牙 穿ち抜き・・・

ズン!
ドウッ

と自らの腕をちぎって逃走する猗窩座。

炭治郎
炭治郎
逃げるな
卑怯者!!

逃げるなァ!!

と言う言葉にブチギレる猗窩座。

何言っているんだあのガキは
脳みそが頭に詰まっていないのか?
と。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:勝敗

炭治郎
炭治郎
いつだって鬼殺隊は
お前らに有利な
夜の闇の中で
戦っているんだ!!

生身の人間がだ!!
傷だって簡単には
塞がらない!!失った
手足が戻ることもない!!

と叫ぶ。

そして煉獄さんの方が、ずっとすごいんだ!
強んだ!
煉獄さんは負けていない!
守り抜いた!

と自分の不甲斐なさと、煉獄さんへの溢れ出る尊敬に心を染めながら感情に任せて叫ぶ。

そんな自分に悔しくて泣く。
伊之助も言葉にならない感情に、ただただ突っ立ったまま。

杏寿朗
杏寿朗
もうそんなに
叫ぶんじゃない

腹の傷が開く
君も軽症じゃないんだ

竈門少年が
死んでしまったら
俺の負けに
なってしまうぞ

と声をかけ、こっちにおいで。最後に話をしようと炭治郎にむけて言います。



鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:黎明に散る

最後に杏寿朗は、自分の生家にいくようにたんじろうへ伝えます。

そこに”ヒノカミ神楽”の情報があるかもしれないと。

話を聞いている炭治郎は話をするのはよく、まずは呼吸でどうにかして欲しく、声をかける。

だが、俺はもうすぐに死ぬ。
喋れるうちに、喋ってしまうから聞いてくれ。
と本人に言われ、ただ聞く炭治郎。

杏寿朗
杏寿朗
弟の千寿郎には
自分の心のまま

正しいと思う道を
進むように伝えて
欲しい。

父には
体を大切にして欲しいと

それから…
竈門少年。
俺は君の妹を信じる。

鬼殺隊の
一員として認める

と血を流しながら必死に人を守るねずこを見て、杏寿朗は認めた。

その事実に涙が止まらない炭治郎。
そして胸を張って生きろと応援する杏寿朗。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレ:迎え

杏寿朗
杏寿朗
竈門少年。
猪頭少年。
黄色い少年。

もっともっと
成長しろ。

そして
今度は君たちが
鬼殺隊を支える
柱となるのだ!

俺は信じる。
君たちを信じる。

言葉が出ない炭治郎。

杏寿朗は目の前に母を見た。
俺はちゃんとやれただろうか。
やるべき事、果たすべき事を全うできましたか?

と質問する。

瑠火
瑠火
立派に
できましたよ

その言葉に全て救われたように杏寿朗は笑った。

とここで終了させていただきますー!!!
いやー長かったw
好きな話だったので頑張っちゃいましたw

その後ですが、三人は泣きながら強くなる事を心に決めます。

鬼滅の刃無限列車編ネタバレを単行本で実質無料で読む方法

今回私が紹介した内容は単行本の第7〜8巻の54話〜66話です!

結構頑張って筆記しましたが、大分端折ったのも事実なんですよね。(端折らないとすごい分量になる)

なので

  1. 絵付き
  2. 感動したい
  3. 鬼滅の世界に入りたい
  4. このクソネタバレ記事め!

と思った方は下記の記事をどうぞ!!!

鬼滅の刃無限列車編のネタバレ!クッソ胸熱展開に胸が躍りまくる!!:まとめ

いやー!

いかがでしたでしょうか!?
1日かけて書きました、この記事w

流れをクッソ適当にまとめますと…

  1. 煉獄さんと合流
  2. 魘夢出現
  3. 魘夢討伐
  4. 猗窩座出現
  5. 猗窩座逃亡
  6. 煉獄さん死亡

って感じですね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です