マンガ、アニメ、小説

【鬼滅の刃】栗花落カナヲの特徴や性格は?過去から現在への変化

こんにちは!

この記事では、話題過ぎる“鬼滅の刃”で人気の栗花落カナヲをピックアップ!!

カナヲ
カナヲ
過去から現在まで
私の特徴や性格を紹介するね

栗花落カナヲは過去、感情が出せないという特徴でした。

そんな栗花落カナヲの特徴や性格を、過去から現在までの変化を交えながら追っていきます!

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ、失明!?目を犠牲にした花の呼吸とは!?

【鬼滅の刃】栗花落カナヲの特徴・性格!過去から現在までの変化①


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃18巻

・栗花落カナヲ

初登場:単行本1巻6話「山ほどの手が」

炭治郎と同じタイミングで最終選別に参加し、見事合格。

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ特徴・性格:不思議ちゃん

初登場は最終選別編(単行本1巻)。

最終選別が始まる前と後の2シーンに登場しましたが、戦いの様子や名前等は一切明かされていませんでした。

その際のカナヲは、言葉も発さず蝶蝶と戯れる不思議ちゃん

同じくその場にいた玄弥が暴れた時も、微動だにせず・・・

常に少し微笑んではいるものの、感情が読み取れないそんな女の子でした!


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃1巻

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ特徴・性格:テキパキ

次に出てくるのは、那田蜘蛛山編が終わろうとしていた頃。(単行本6巻)

戦いが終わり、その後始末をする隠にテキパキ指示を出すカナヲ。

その後カナヲは炭治郎と禰豆子に襲いかかり、怪我を負っている炭治郎に容赦無く攻撃!

しかし狙いは鬼である禰豆子。

逃げるばかりで攻撃してこない禰豆子に疑問を抱くも、

カナヲ
カナヲ
…考える必要はない
言われた通りに鬼を斬るだけ

と、禰豆子を執拗に追い掛け回す!

しかし、ギリギリのところで鎹鴉から伝令が。

「炭治郎・禰豆子、両名ヲ拘束、本部ヘ連レ帰ルベシ!」

その伝令を聞き、攻撃の手を止めるカナヲだった。


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃6巻

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ特徴・性格:ニコニコ

裁判が終わり、那田蜘蛛山編で負傷した炭治郎が療養の為向かった蝶屋敷。(単行本6巻)

そこにいたのがカナヲ!

しのぶの継子である事を聞いた炭治郎は、カナヲが最終選別にいた事を思い出す。

屋敷に上がっていいかカナヲに聞く隠だったが、カナヲはただひたすらニコニコ・・・

何も答えてはくれなかった・・・


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃6巻

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ特徴・性格:目が良い

炭治郎達の傷が癒えた頃、機能回復訓練が始まる。(単行本6巻)

薬湯かけ、鬼ごっこと訓練するも、カナヲに勝てない一行。

顔色一つ変えずに、淡々と炭治郎達の相手をするカナヲ。

炭治郎はカナヲが

・目が良い

・全集中の呼吸 常中をしている

と知り、自身も鍛錬、最終的にはカナヲに勝つことができるのだった。

しのぶの継子であるが故、炭治郎達の何歩も裂きに進んでいたカナヲ。

全集中の呼吸 常中の鍛錬の一つ、硬い瓢箪に息を吹きかけて割る鍛錬では、幼児程の特大サイズの瓢箪を割ることができるほどだった!


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃6巻

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ特徴・性格:銅貨

炭治郎が機能回復訓練を終え旅立つ時。(単行本7巻)

挨拶をしにきた炭治郎だったが、一切何も答えずニコニコするだけのカナヲ。

炭治郎が困っていると、突然銅貨を取り出し上に投げて手の甲でそれを取る!

“裏”が出て、一言喋るカナヲ。

カナヲ
カナヲ
お礼を言われる筋合いは無いから
さよなら

カナヲが喋ってくれたことに喜んだ炭治郎は、その後もめげずにしゃべり続ける!

「さよなら」と言ったのに銅貨の事を聞いてくる炭治郎に、カナヲは仕方なくしゃべり始める。

しのぶに指示されてないことは、銅貨の表裏で決める。

そしてすぐ再度「さよなら」を言うも、炭治郎はぐいぐいしゃべり続ける・・・

カナヲ
カナヲ
全部どうでもいいから
自分で決められないの
炭治郎
炭治郎
この世にどうでもいいことなんて
無いと思うよ

そしてカナヲに銅貨を借り、それを投げて“カナヲがこれから自分の声をよく聞くこと”を決めようとする!

表が出たらカナヲは心のままに生きる。

そして出たのは表!

喜び、カナヲの手を取り元気いっぱい応援する炭治郎。

あっけにとられるカナヲ。

そして去っていく炭治郎、残されたカナヲは銅貨をギュッと握りしめていた。

その後突然アオイに話しかけられ、縁側からすっ転んでしまうほど、カナヲは動揺を隠せないでいた・・・


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃7巻

好きな男の子でもできたら

単行本7巻の番外編。

カナヲの虐待されてきた過去、そしてそれを救ったカナエ・しのぶ姉妹の様子が描かれる。

人買いから救われたカナヲはそのまま蝶屋敷へ。

親から虐待され感情が無くなり、一人では何もできなくなっていたカナヲ

そんなカナヲを心配するしのぶに、カナエは“銅貨を投げて決めれば良い”と提案する!

安易な考えに怒るしのぶだったが、カナエは言う。

きっかけさえあれば
人の心は花開くから大丈夫

いつか好きな男の子でもできたら
カナヲだって変わるわよ


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃7巻

【鬼滅の刃】栗花落カナヲの特徴・性格!過去から現在までの変化②

ここからは、炭治郎との出会いにより変化していくカナヲの様子を見ていきましょう!

感情の無かったカナヲが、どんな風に変わっていくのでしょうか?

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ特徴・性格:反抗

無限列車編が終わり、またも蝶屋敷に滞在していた炭治郎達。(単行本8巻)

ある日任務から終えた炭治郎は、軒先でもめる声を聞く。

音柱・宇髄がアオイとなほを抱え、連れ去ろうとしていたのだ!

アオイ達に助けを求められるカナヲ。

上官、柱、命令、しのぶ、あおい・・・

頭の中をぐるぐると言葉が流れ、銅貨で決めようとするも、炭治郎の言葉を思い出す!

“心のままに”

そしてカナヲは、自らの意思で引きとめようとする!

宇髄に怒られても止めないカナヲ。

その後助けに入った炭治郎と宇髄が言い合いをしている後ろで、カナヲも必死に反抗する様子を見せるのだった。

そして炭治郎達が代わりに付いていくこととなり、アオイ達は事なきを得る!

銅貨を投げずに意思表示ができた記念すべき1シーンでした!


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃8巻

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ特徴・性格:あわあわ

宇髄の任務を終えた炭治郎は重症。(単行本12巻)

2ヵ月もの間意識が戻らなかった炭治郎だったが、やっと目を覚ます!

たまたま花瓶の水を取り替えていたカナヲが一番にそれに気付く。

驚きのあまり花瓶を落とすカナヲ・・・

カナヲ
カナヲ
目が覚めて
良かった・・・

うっすら涙を浮かべながら喜ぶカナヲ。

その後お見舞いに来た後藤に、カナヲは「もっと騒げやアアア!!」と叱られる!

あわあわし、ペコペコ頭を下げるカナヲ・・・

その後蝶屋敷の面々と伊之助が加わり談笑。

しかし言い争いを始める一行・・・

そんな中炭治郎が寝た為、必死に声を張り黙らせるカナヲだった!


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃12巻

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ特徴・性格:もじもじ

禰豆子が太陽を克服した後、柱稽古が行われる。(単行本15巻)

カナヲもそれに参加しており、たまたま屋敷に戻っていたしのぶに挨拶。

しのぶも柱である為稽古があると思っていたカナヲは、しのぶが柱稽古に参加できないと聞き驚く。

カナヲ
カナヲ
私もっと師範と
稽古したいです

もじもじしながら訴え掛けるカナヲの様子に、しのぶはなんだか嬉しそうな表情。

しかし、その後カナエを殺した鬼の事、その鬼を倒す作戦を口にするのだった・・・


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃15巻

VS童磨

その後の無限城での総力戦の中、しのぶは童磨に殺され吸収されてしまう。(単行本17巻)

カナヲは、童磨がしのぶを殺す所に遭遇。

汗が吹き出し、血管は浮き、震えながら怒りをあらわにするカナヲ・・・

その後童磨と対峙するカナヲは、童磨に暴言を吐きまくる!


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃18巻

そしてそのまましのぶとカナエの仇討ちに挑むのだった。

伊之助も現れ、共闘するも、苦戦!

しかし、しのぶの作戦“体内に毒を巡らせ喰わせること”が功を奏し、討伐成功する!

その後しのぶの髪飾りを探すカナヲは、心の中で謝っていた。

「私あの時泣けなくてごめんなさい」

カナヲは、カナエが死んだ時、まだ感情が上手く出せずに泣くことができなかった・・・

そしてしのぶの髪飾りを見つけるカナヲ。

カナエとしのぶの気配を感じ、髪飾りを抱きしめ号泣・・・

今はしっかり自分の感情を出せるようになっていたのだった。


出典:吾峠呼世晴/鬼滅の刃19巻

【鬼滅の刃】栗花落カナヲの特徴や性格は?過去から現在への変化:まとめ

いかがでしたか?

栗花落カナヲが感情を取り戻していくまでの様子をご紹介してきました!

炭治郎との出会いにより、変化していった性格。

以前までの感情が無いという特徴は、もうどこにも見当たりませんね!

では、最後までご覧いただきありがとうございました~♪