漫画ネタバレ感想

【鬼滅の刃 172話 弱者の可能性】の内容をご紹介

ここでは【鬼滅の刃 172話 弱者の可能性】の内容をご紹介している記事になります!

鬼滅の刃の最新話が読みたいけどジャンプは買わないって方は、ここを読んでいただければ、172話のおおまかな内容が分かる!ぜひ最後までご覧ください!

※鬼滅の刃172話は、2019年9月2日に発売の2019年40号に記載されている内容になります!

※当サイトは完全なネタバレではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

前話を見る← →次話を見る

鬼滅の刃映画の全内容はこちら!

鬼滅の刃172話前のあらすじ

前話のあらすじをご紹介していきます!

ジロ
ジロ
前回は…
痣についての真実が明かされたな。

そうだね!
簡単にまとめますと…

  • 玄弥が黒死牟の髪を取り込む
  • 黒死牟が岩と風を分析
  • 岩と風が息を合わせて攻撃
  • 黒死牟の刀が変化

となります!

では【鬼滅の刃 172話 弱者の可能性】の内容をご紹介していきます。

鬼滅の刃ネタバレ172話の内容をご紹介!

ということでご紹介していきます!

ジロ
ジロ
今回紹介する172話の内容は
どんな内容かな?

今回ご紹介する内容はこちら!

・タイトル名

・扉絵

・風柱退場!?

・産屋敷耀哉の後継者登場!

・月の呼吸炸裂ラッシュ!!

・玄弥決断の時!!

の6つの大見出しをご用意!!!
この下にもいろいろ詳しい内容を付け加えていきます。

タイトル名

今回の172話のタイトル名は【弱者の可能性】となっております。

これは完璧に、玄弥のことを指す言葉ですよね!!!
黒死牟VS風,岩,霞と言う圧倒的強者の中に比べたら玄弥なんて足下にも及ばない存在です。

だからこそ!
だからこそ玄弥が行動することに意味がある!

その勇気ある行動が、この戦いに可能性を見出すターニングポイントになること間違いなしです!

この行動が今後どう左右していくのかが楽しみですね!!!!
ではこの内容をご紹介していきます!!!!

扉絵

今回の扉絵は

玄弥が時透くんに看病し返している場面ですね…

なんというか…二人の表情が良い…

痣が出現した人物は25歳で、その人生を終えます。
そう考えると悲しみしかありません…無くないですか!?!?

そしてタイトル名でもある通り、弱者である玄弥が立ち上がり、まず時透くんの看病をするという行動を起こします。

これがどう繋がって行くのか。

風柱退場!?

172話では、実弥さんの指が落とされるところから始まります。

それにしても、反射神経が鬼な実弥さんが殆ど反応出来なかった攻撃を、鎖で軌道ずらしちゃう行冥さんやばすぎですね…

実弥はいろいろなことを考えています。

その考えをまとめました。

フル回転?実弥の思考

・負傷すればする程動きが鈍くなる。
・足を引っ張ることになる。
・稀血もほとんど効かない。
・強い鬼こそ効くはずでは?
・くそったれ
・バカ長い刀をとんでもねぇ速度で降りやがって
・化け物め
・次は避けられるか?
・斬り込めるか?

このようなことを恐らく一瞬で考えている実弥さん。
実弥さんほどの柱が足を引っ張ると考えるほどの絶望的状況。

満身創痍で避けることにすら不安を覚えています。
悲鳴嶼さんも自分で手がいっぱいですし、次しくじったら待つのは死でしょう。

産屋敷耀哉の後継者登場!

そして場面は移り、愈史郎の血気術で戦況を見守る輝利哉様たち。

この輝利哉が、産屋敷耀哉が自爆前に発言していた「後継者」でしょう。

そしてお付きの者が、黒死牟討伐のために富岡義勇と炭次郎を向かわせようかと提案をします。

ですが輝利哉は、炭治郎達は無残の元に向かわせるよう指示。

これは正直胸熱展開です。

産屋敷一族は勘が鋭いく、先見の明とも言われるくらいです。

その現当主の輝利哉が断言しました…

これは正直フラグビンビンですよ。

タイトルにもあった通り「弱者の可能性」を輝利哉は見越しているのかもしれません。

月の呼吸炸裂ラッシュ!!

そしてまたまた場面は移り、黒死牟さんの怒涛の猛攻ラッシュへと移ります。

広範囲に及ぶ攻撃。

凌ぐ悲鳴嶼さん。だが実弥さんは凌ぎ切れず脚を負傷。

それでも猛攻は止まらず…

遂に、実弥さんの背中にでかい傷をつけます。

これには悲鳴嶼さんも叫びます。

でも実弥さんは構うなと…

そして、さらに渦を巻く斬撃が実弥さんを襲い、絶体絶命。

そこには死しか見えないほどの絶望。

そこで時透くんが登場で、救出!!!

ここで玄也が時透くんを看病したことが、兄である実弥を救ったことに繋がります。

これこそ弱者の可能性!!!(時透くんも黒死牟の中でも弱小認定なので、マークされてなかった可能性もある!)

玄弥決断の時!!

そしてまたしても場面は移り、玄弥視点へ

完全に自信喪失な玄弥。

己の弱さに嘆き、無い物ねだりをしてしまう・・・

フラグが立ちすぎですね。

炭次郎の励まし

しかし炭次郎の発言を思い出し、玄弥がハッとします。

弱い人が予想外の出来事をすることで、壁を打ち破る一手となる!!!!
一気に風向きが変わる!勝利への活路が開く!!!(最高のタイトル回収キタァァァ!!!!)

そして心の中で炭次郎に問います。
俺にできるだろうかと…そこに炭次郎の笑顔がそっと背中を押します。

男、玄弥!覚悟を決めます!

勝つことだけを考え、仲間を死なせないことを誓い、玄弥は上弦の壱の刃先を口に入れます。

そして確かに玄弥の中で異変が起きました。

とここで172話は終了!!!
いいところで毎回終わりますね!!!

オマケで今回発動した月の呼吸をご紹介します!
不要な方はまとめへどうぞ!

月の呼吸を紹介!

ここでは今回放たれた月の呼吸をご紹介していきます!!!

月の呼吸やばすぎですね!
技がみんな広範囲で絶望的すぎます。

月の呼吸 漆ノ型 厄鏡・月映え

5つの斬撃が地を這って襲いかかる技。

恐らく漆ノ型からは、あのクソ長い刀の時のみ使用できる技なのかなと思います。

地を這っているのにも関わらず、周りの支柱が切り倒されているところを見ると、目には見えない斬撃が飛ばされているのかもしれません。

月の呼吸 捌ノ型 月龍輪尾

続いて捌ノ型。

これは周囲にクソでかい斬撃を薙ぐ攻撃。
それに加え、月の呼吸特有の不規則な剣撃のせいで、不死川実弥さんは足を負傷。

ジリジリと追い詰められます。

月の呼吸 玖ノ型 降り月・連面

お次は玖ノ型。

これは上から下に、まさに月が降っているような斬撃を放つ技。
これによって不死川実弥さんは、背中への大きなダメージをくらい決定打に。

斬撃が6っつも飛び交う玖ノ型は間違いなくやばい。

月の呼吸 拾ノ型 穿面斬・蘿月

そして最後に拾ノ型。

トドメをさすと言わんばかりの絶望的な技。
螺旋状になった剣撃が、いくつも重なりまるでトルネードのような大きさと見た目に。

これほど絶望的な技はないです。
間一髪時透くんが不死川さんを救ったが、間違いなくトドメの一撃に違いない。

鬼滅の刃の最新単行本が無料で読める方法!

これからご紹介する内容は無料で最新刊を読めてしまう方法になります。

  • スマホで手軽に…
  • 最新刊がどこも売り切れ…
  • 今月は金欠…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】の無料トライアル期間の登録をするだけの方法!

31日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

今すぐU-NEXTで
鬼滅の刃を読む

初回ポイントで一冊無料
▲本だけでなくアニメも一気見放題OK!

→鬼滅の刃を無料で読む方法はこちら

【鬼滅の刃 172話 弱者の可能性】:まとめ

今回紹介した鬼滅の刃172話内容を簡潔にまとめます!

・タイトル名=弱者の可能性

・扉絵=時透への看病をしている玄也

・風柱退場!?=指切断!でもまだ立ち上がる!

・産屋敷耀哉の後継者登場!=後継者である輝利哉が初登場!

・月の呼吸炸裂ラッシュ!!=絶望的な呼吸技ラッシュ!風柱ピンチ!

・玄弥決断の時!!=回復用に取っておいた黒死牟の刃先を喰う!!!

となっております!

ちなみにこちらに関しては、内容を省いております。

  • 細かい戦闘シーン
  • キャラのセリフ

興味がある方はぜひ購入してお楽しみください!!

前話を見る← →次話を見る