マンガ、アニメ、小説

鬼滅の刃のネタバレ174話は最強の鬼殺隊員登場!世の理外の強さ!





ここでは【鬼滅の刃】174話のネタバレをしている記事になります!

鬼滅の刃の最新話が読みたいけどジャンプは買わないって方は、ここを読んでいただければ、174話の内容はバッチリですのでぜひ最後までご覧ください!

鬼滅の刃174話は、2019年9月14日に発売の2019年42号に記載されている内容になります!

173話はこちら← →175話を見る




鬼滅の刃ネタバレ174話の内容をご紹介!

ということでご紹介していきます!

シノ
シノ
今回紹介する174話の内容はざっとどんな感じかなぁ???

今回ご紹介する内容はこちら!

・タイトル名

・扉絵

・玄弥の銃弾が炸裂!

・400年ぶりの生命の危機にて

・縁壱の強さ

・460年前の記憶

の6つの大見出しをご用意!!!
この下にもいろいろ詳しい内容を付け加えていきます。

鬼滅の刃ネタバレ174話:タイトル名

今回の174話のタイトル名は【赤い月夜に見た悪夢】となっております。

これは今回登場する黒死牟の弟である「継国 縁壱」との戦いのことになります。

では一体なぜ黒死牟ほどの存在が悪夢と表現するのでしょうか?
そしてなぜその悪夢を思い出したのでしょうか?

めちゃめちゃワクワクしますよね!

柱が追い詰めたのか、玄弥がブレイクポイントとなったのか…

この記事を読んだ人ぞ知る!!!



鬼滅の刃ネタバレ174話:扉絵

今回の扉絵はこんな感じ!!

「それは魂にこびりついた記憶」

ということで、黒死牟さんの魂にこびりついた記憶のことで間違い無いのかと。

鬼になった理由かもしれませんし、死の恐怖なのかもしれません。
何れにせよ、黒死牟さんを大きく知る内容が書かれていると言っても間違いのない感じですね!

そしてこの足元。
一体誰の足元なのでしょうか?

魂にこびりつかせた相手のものなのでしょうか…

鬼滅の刃ネタバレ174話:玄弥の銃弾が炸裂!

黒死牟
黒死牟
なんだこれは…刀で弾いたにも関わらず、生き物のように曲がって体にめり込んできた

と黒死牟さんの困惑から始まります。

その曲がってめり込んだものは玄弥が放った銃弾。

そして黒死牟が玄弥に気づきます。
痣の発言と赤い瞳。さらには南蛮銃が変形していることに気づきます。

そして「これはもしや!」とある事を予測します。

鬼滅の刃ネタバレ174話:玄弥が血気術!?

メギッメキッ

と突如現れたのは、大木。
さらに黒死牟に根を張っているため、黒死牟は一切動けません。

そして「やはり、血気術!!!」
と予想していたことが当たったようです。

玄弥の姿について考察していると、そこには岩柱と風柱が牙を向けて突っ込んでくる。

黒死牟
黒死牟
鳩尾から旋毛まで突き抜けるような焦燥。生命が脅かされ体の芯が凍りつく。平静が足元から瓦解する感覚。忌むべき。そして懐かしき感覚。400年ぶりの…

と初めて焦りを見せた黒死牟。

弱者の可能性が生んだ最高の場面ですね!!!!

鬼滅の刃ネタバレ174話:400年ぶりの生命の危機にて

そして場面は変わり、赤い月に五重塔のような建物が建ち、あたりはススキで覆われた黒死牟の場面へ。

400年前のあの日。
赤い月の夜だった。私は…

信じられぬものを見た…

とそこに現れたのは、継国縁壱。双子の弟。

最後にあったのは60年前。
人間のままでは齢80を超えているはず。

そして黒死牟が驚いた理由を問いかけます。
「ありえぬ。何故生きている?」

そう。痣発言者は25歳でその生涯を終えます。

鬼滅の刃ネタバレ174話:縁壱の答えは

だが帰ってきた言葉は「お労しや、兄上」。そして同時に涙を流す縁壱。

かつて弟だった生き物に憐れまれたという事実。
だがしかし、憤りは感じず。

感情の僅かな機微すら見せなかった弟が、涙を流しているというものに生まれた初めて込み上げるものを感じる黒死牟。

その黒死牟の胸には”動揺”があった。

そして困惑。だが一刀両断せねばならぬという事実。

しかしこの奇妙な感情も、次の瞬間には吹き飛ぶことになります。



鬼滅の刃ネタバレ174話:縁壱の強さ

ズシン……

ズアアア

両腕に岩を乗せられた如く、威圧感で空気の重さがました。
黒死牟でさえそう思う縁壱の強さ。

構えには一部の隙もない。
そして縁壱が放つ。

「参る」

そう放った次の瞬間…

鬼滅の刃ネタバレ174話:あの黒死牟が

あの黒死牟が一切反応できないまま、切られた首。
露わになった紅の刃。
僅かにはつながっている首。

そして黒死牟に妬みが現れます。

「何故いつもお前が。お前だけが特別なのか。」

痣ものであるのに生き永らえ、老骨になっても全盛期と劣らぬ実力。

日の呼吸こそ最強の呼吸であることがわかります。

鬼滅の刃ネタバレ174話:460年前の記憶

鮮やかに蘇る記憶。

黒死牟がまだ人間だった頃の記憶が蘇ります。
おそらくこれが扉絵の一言にあった「それは魂にこびりついた記憶」なのではないかと思います。

骨まで焼き尽くすような嫉妬心。
悔しいが、認めてしまう縁壱の実力。

この世の理の外側にいる。
神々の寵愛を一身に受けて生きている。と思う黒死牟そして…

黒死牟
黒死牟
お前が憎い!
殺したい!!!!

そう思わずにいられない黒死牟。

鬼滅の刃ネタバレ174話:あの黒死牟が

だがしかし、黒死牟さんはわかっていました。

次の一撃で、私の首は落とされると。確信していました。

どんなに憎んでも認めざる終えない剣技。
彼の方をも追い詰めた剣技。

それは神のみわざに他ならない。
黒死牟は、焦燥と敗北感で五臓六腑がはち切れそうだった。

だが…

次の一撃が放たれることはなかった…
そこにあったのは、直立したまま寿命が尽きて死んだ縁壱だった…

と174話はここで終了!!!
今回もいい終わり方だぁ!!!!

来週が楽しみですね!

鬼滅の刃のネタバレ174話は最強の鬼殺隊員登場!世の理外の強さ!:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回紹介した内容を簡潔にまとめます!

・タイトル名→赤い月夜に見た悪夢

・扉絵→誰かの足元

・玄弥の銃弾が炸裂!→血気術を使う玄弥

・400年ぶりの生命の危機にて→400年前のことを思い出す

・縁壱の強さ→黒死牟が神々の寵愛を一身に受けると評す、剣技

・460年前の記憶→人間だった頃の妬み嫉みに染まっていた魂の記憶

とこんな感じです!

次は175話ですが、気になりまクリスティですね!!!

玄弥
玄弥
やったぞ…!!やっと作ったチャンスだ!
絶対ものにしてみせる!





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です