漫画ネタバレ感想

【鬼滅の刃 180話 恢復】の内容をご紹介

ここでは【鬼滅の刃 180話 恢復】の内容をご紹介している記事になります!

鬼滅の刃の最新話が読みたいけどジャンプは買わないって方は、ここを読んでいただければ、180話の内容はバッチリですのでぜひ最後までご覧ください!

※鬼滅の刃180話は、2019年10月28日に発売の2019年48号に記載されている内容になります!

前話を見る← →次話を見る

鬼滅の刃映画の全内容はこちら!

鬼滅の刃180話前のあらすじ

前話のあらすじをご紹介していきます!

ジロ
ジロ
前回は…
兄弟に別れが来てしまったな…

そうだね!
簡単にまとめますと…

  • 無一郎・玄弥死亡
  • 兄弟の別れ
  • 怒りに燃える岩と風

となります!

では【鬼滅の刃 180話 恢復】の内容をご紹介していきます。

鬼滅の刃ネタバレ180話の内容をご紹介!

ということでご紹介していきます!

ジロ
ジロ
今回紹介する180話の内容は
どんな内容かな?

今回ご紹介する内容はこちら!

・タイトル名

・扉絵

・ヒノカミ神楽

・復活

・珠世の死

の5つの大見出しをご用意!!!
この下にもいろいろ詳しい内容を付け加えていきます。

タイトル名

今回の180話のタイトル名は…

「恢復」

となっております。

ちなみに恢復(かいふく)ってめっちゃ聞き慣れない言葉なんですが、「一度悪いものになった状態が元に戻ること」という意味となっています。

これはもう鬼舞辻のことだと思いますね!

というか、超強化を果たしているので元の状態?

となってしまいますねw

扉絵

今回の180話の扉絵は無一郎と玄弥が去っていくような…

いやめっちゃ悲しい😭

「さよなら」ということで、さようならって感じなのですが、マジで悲しすぎますね。

てか語彙力なさすぎて笑いました。

ではネタバレにいきましょう!

ヒノカミ神楽

180話は鎹烏の情報共有にて炭治郎が涙を流す場面から始まります。

そして「しっかりしろ」と自分を鼓舞します。

「前を向いてひた走れ」
「最後の最後まで戦い抜く」
「みんながそうしたように」
「俺もそうする」
「迷いはない」
「例え、不完全な状態であったとしても」

「俺は受け継ぐ事が出来なかった者だった」

炭治郎は千寿郎からの手紙で、ヒノカミ神楽は13の型まである事が判明します。

そして炭治郎は12までしか知りません。

だが、無惨を倒すことを決意し、前に進みます。

復活

そして場面は変わり、産屋敷邸。

珠世さんがもたず、無惨が復活することを発言します。

無惨が…
復活する!!!と輝利哉。

続々無惨の元へ集まる隊士たち、その報告を受け輝利哉は無惨のところへ行かせるなと指示します。

柱が来るまで待機命令を下します。

「これだ見つけた!!」
と倒し方や、状況を確認し合う隊士たち。

「待機なんてしてる場合じゃないだろ!!」
と反発する隊士。

そしてその隊士は…

グシャ

と音を立てて死亡。
大勢いた隊士が一瞬で無惨の糧に。

私のためにわざわざ食糧を運んできたことを褒めてやろう。
産屋敷。

珠世の死

そして「実に優秀だな」と産屋敷をほめる無惨。

そして首を垂れるなら鬼にしてやってもいいと発言。

すかさず指揮をとる輝利哉。

どうだ?珠世

お前の”鬼を人間に戻す薬”とやらも結局聞きはしなかったようだぞ

と無惨。

お前は…今日…
必ず…
地獄に堕ちる…

と珠世。

無惨と珠世の会話が続き…

グシャッ!!

と珠世は無惨に喰われ、それを感知した愈史郎は血が出るほどの歯軋り。

虐殺が進む無限城。
焦る産屋敷邸。

もういい。
誰も彼も役には立たなかった。
鬼狩りは今夜潰す。
私がこれから皆殺しにする

とここで180話は終了!
いやーやばいですね!次話がきになる…

鬼滅の刃の最新単行本が無料で読める方法!

これからご紹介する内容は無料で最新刊を読めてしまう方法になります。

  • スマホで手軽に…
  • 最新刊がどこも売り切れ…
  • 今月は金欠…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】の無料トライアル期間の登録をするだけの方法!

31日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

今すぐU-NEXTで
鬼滅の刃を読む

初回ポイントで一冊無料
▲本だけでなくアニメも一気見放題OK!

【鬼滅の刃 180話 恢復】:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回紹介した内容を簡潔にまとめます!

・タイトル名→「恢復」

・扉絵→玄弥と無一郎

・ヒノカミ神楽→13の方まである

・復活→無惨超強化復活

・珠世の死→愈史郎激おこ

とこんな感じです!

次話ですが、気になりまクリスティですね!!!

前話を見る← →次話を見る

以下当サイトの鬼滅の刃内容まとめ表です。

20巻
170話 171話 172話 173話 174話
175話 176話 177話 178話
21巻
179話 180話 181話 182話 183話
184話 185話 186話 187話
22巻
188話 189話 190話 191話 192話
193話 194話 195話 196話
23巻
197話 198話 199話 200話 201話
204話 202話 203話 205話


鬼滅の刃ネタバレ180話以降の考察

シノ
シノ
ここからは、180話以降の考察だよ!!もったいないから残しておきます!気になる方はご覧ください!

今回ご紹介する内容はこちら!

180話ネタバレに戻る

・玄弥の体はなぜ崩れ落ちた?

・岩と風も死亡?

・遂に鬼舞辻編!?

・現在の勢力まとめ

の4つの大見出しをご用意!!!
この下にもいろいろ詳しい内容を付け加えていきます。

玄弥の体はなぜ崩れ落ちた?

ではまずこちらの考察から!

前話では、玄弥の身体が崩れ落ち無くなってしまいましたよね。

まぁとても残念なことなのですが、なぜ崩れ落ちたのでしょうか?
いくら血を吸収したとしても、死まで鬼同様になるのでしょうか…

しかも悲鳴嶼さん曰く、血はほとんど抜けていると言っていましたよね…

個人的には2つの説を考えています

二つの説!

どういうものかと言いますと…

⓵血の宿主が死んだから
⓶縦に切られたから

この二つの説を推します!

でも黒死牟の刀は日輪刀じゃないですよね…

なので⓵激推ししますw

血の主は黒死牟で、着物を残して崩れ落ちましたよね。
わずかに残っているとはいえ、血は全身を巡り、それに作用して玄弥の体も崩れ落ちたのではないかと…

満身創痍だったし、なくはないかと。

岩と風も死亡?

続いてこちらの考察!!

悲鳴嶼さんと実弥も死亡?

ということで考察していきます!

ジロ
ジロ
え!?
マジで!?

ワンチャンあるかなと…..

悲鳴嶼さんに至っては、夜までしか生きれないし、実弥も満身創痍。

もしこの状態で鬼舞辻編に行ったら…

なんか悲しすぎる未来しか見れません。
ということで岩と風の状況を振り返ります。

岩と風の状況

ではまず岩柱さんから

悲鳴嶼の状況

・致命傷はなし
・割と元気
・透き通る世界入った
・痣発動で夜までの命

続いて風柱さん

実弥の状況

・致命傷はあり
・気絶
・動きが大分鈍って来た
・痣発動で長くない

という状況になります。
鬼舞辻をどう倒すかは正直わかりませんが、首を切っても死なないところを見ると、おそらく決着は日の出。

この時点で悲鳴嶼さんは死亡。
実弥さんも身体がもつか…
という感じです。

遂に鬼舞辻編!?

そして鬼舞辻より強そうな黒死牟を討伐したことで、鬼舞辻編へ突入!
しそうですよねw

でも正直、無惨の方が黒死牟より強いイメージがわかないんですよね…

無惨はと言うと、不意打ちにも対応できず一回首を破壊されています。
しかも鳴女のサポートによって危機脱出。

それに比べ、黒死牟はと言うと、不意打ちを食らっても自身の力で突破。

なんて言っても上手くいかないのは100も承知ですw

では一体誰と鬼舞辻と戦うのでしょうか?

鬼舞辻と戦うのは?

やはり炭次郎でしょう。

ボロボロですが、やはり主人公ですもんw

ここで炭次郎を構成する物を見てみましょう。

炭治郎を構成するもの

・縁壱の刀
・日の呼吸を使う
・透き通る世界をみている
・縁壱と同じ痣
・兄弟が鬼

もうこれだけ要素が揃ったら鬼舞辻とやるしかないでしょうw

現在の勢力まとめ

そして現在の勢力状況をまとめていきます!!!!

炭治郎 生存・負傷 水柱 生存・刀無
伊之助 生存・負傷 恋柱 生存・戦闘中
善逸 生存・重症 蛇柱 生存・戦闘中
玄弥 死亡 蟲柱 死亡
岩柱 生存・軽症 カナヲ  生存・重症
風柱 生存・重症 音・元炎 産屋敷邸警護

と、これが味方陣営ですね。

では鬼の勢力状況です!

鬼の勢力状況

鬼舞辻 薬解毒中
上弦の壱 死亡
上弦の弐 死亡
上弦の参 死亡
上弦の肆 戦闘中
上弦の伍 死亡(新規有り?)
上弦の陸 死亡

という感じです!!!

上弦の伍の代わりがいるかどうかがわからず、わかりませんが、玉壺のままだったら死亡ですね。

新規がいる場合はどうなんでしょうねー。
産屋敷を落としに向かっていたり…

鬼滅の刃ネタバレ180話以降の考察:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回紹介した内容を簡潔にまとめます!

・玄弥の体はなぜ崩れ落ちた?→血の主が死んだから

・岩と風も死亡?→おそらく…

・現在の状況→終盤感やばい

・遂に鬼舞辻編!?→VS炭治郎!

とこんな感じです!

前話を見る← →次話を見る