漫画ネタバレ感想

【鬼滅の刃 183話 鬩ぎ合い】の内容をご紹介

ここでは【鬼滅の刃 183話 鬩ぎ合い】の内容をご紹介している記事になります!

鬼滅の刃の最新話が読みたいけどジャンプは買わないって方は、ここを読んでいただければ、183話のおおまかな内容が分かる!ぜひ最後までご覧ください!

※鬼滅の刃183話は、2019年11月18日に発売の2019年51号に記載されている内容になります!

※当サイトは完全なネタバレではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

前話を見る← →次話を見る

鬼滅の刃映画のネタバレはこちら!

鬼滅の刃183話前のあらすじ

前話のあらすじをご紹介していきます!

ジロ
ジロ
前回は…
ついに最終決戦の始まりだな。

そうだね!
簡単にまとめますと…

  • 炭治郎・義勇vs無惨
  • 炭治郎ピンチ
  • 甘露寺登場!

となります!

では【鬼滅の刃 183話 鬩ぎ合い】の内容をご紹介していきます。

鬼滅の刃ネタバレ183話の内容をご紹介!

ということでご紹介していきます!

ジロ
ジロ
今回紹介する183話の内容は
どんな内容かな?

今回ご紹介する内容はこちら!

・タイトル名

・扉絵

・鳴女

・鬩ぎ合い

の4つの大見出しをご用意!!!
この下にもいろいろ詳しい内容を付け加えていきます。

タイトル名

今回の183話のタイトル名は…

「鬩ぎ合い」

となります。

今回は愈史郎と無惨の鳴女の支配を奪い合うものであったり、柱たちが無惨に剣を振りかざしているところを言い表したのではないのかなと思われます。

続いては扉絵!

扉絵

今回の183話の扉絵は、


伊之助とカナヲちゃんと善逸と村田さんですね!

無限城のなかの動きだったり音にみんなが激しく反応しているところです!

傷はあるものの、元気そうでよかったなという印象ですw

村田さんの前髪引っ張られて大丈夫かなw

鳴女

183話は、移動圧にやられている甘露寺から始まります。

目の前にいる無惨にビビリ、脳内語彙がおかしくなっていく甘露寺…

そして、数分前にあった出来事を思い出す。

VS鳴女の途中、甘露寺達の前に現れた愈史郎。

そして、鬼(味方)であることを告げ、死んだふり作戦を決行することに!

乗っ取り

無惨は苛立ち、鳴女を通じて愈史郎を攻撃し始める!

必死に耐える愈史郎。

と、その隙をつくように、伊黒と義勇が攻撃を仕掛ける!

愈史郎への攻撃を邪魔された無惨は更に苛立ち、鳴女を殺してしまう…!

鬩ぎ合い

部屋の移動は止まったものの、建物は軋み、崩壊を予言していた。

そんな中でも、無惨は攻撃の手を休めない…

が、炭治郎は近くにあった刀を投げ、それが無惨の頭にヒット!

それで無惨が死ぬことは無かったが、止まる攻撃の手。

と、建物が上昇!

ドゴン

無限城は地上へ突き出し、舞台はついに地上へ!!

とここで183話終了!
次が気になりますね!

鬼滅の刃の最新単行本が無料で読める方法!

これからご紹介する内容は無料で最新刊を読めてしまう方法になります。

  • スマホで手軽に…
  • 最新刊がどこも売り切れ…
  • 今月は金欠…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】の無料トライアル期間の登録をするだけの方法!

31日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

今すぐU-NEXTで
鬼滅の刃を読む

初回ポイントで一冊無料
▲本だけでなくアニメも一気見放題OK!

【鬼滅の刃 183話 鬩ぎ合い】まとめ

今回紹介した内容を簡潔にまとめます!

・タイトル名鬩ぎ合い

・扉絵=炭治郎の同期

・鳴女=死亡

・鬩ぎ合い=とうとう地上に

とこんな感じです!

ちなみにこちらに関しては、内容を省いております。

  • 細かい戦闘シーン
  • キャラのセリフ

興味がある方はぜひ購入してお楽しみください!!

前話を見る← →次話を見る




鬼滅の刃ネタバレ183話以降の考察!

ということでご紹介していきます!

シノ
シノ
今回紹介する183話の考察内容はざっとどんな感じかなぁ???

今回ご紹介する内容はこちら!

ちなみに183話掲載時には、ネタバレを書いていきますのでまたこの記事に来ていただければ、正確な内容をお伝えします!
とりあえず今は私の勝手な考察です!

・愈史郎は死ぬ!?

・それとも地上戦へ!?

・無残への攻撃はどう通す?

・十参ノ型

の4つの大見出しをご用意!!!
この下にもいろいろ詳しい内容を付け加えていきます。

愈史郎は死ぬ!?

ではまずはこちらの考察から。

私の考察ですが、愈史郎は死ぬと思いますね。

では一体どこにそんな要素があるかと言いますと….

  1. 強強無残が初焦り
  2. 愈史郎は地上へ無残を出せる

というめちゃくちゃ重要な役割をこなせる立場にあるんですよね。

なので、珠世様を葬ったように、愈史郎も無惨にまず始末されるのではないか?

なんて考えます。

愈史郎真っ先にやられるか?

ちなみに愈史郎は、珠世経由で鬼になったので、無惨の呪いや監視の対象にはなりません。

なので、居場所は特定できないようにも思えますが….

シノ
シノ
あ!でも近くに鳴目が!!

そうなんですw

近くに鳴目がいるもんで、場所はバレバレ。
いくら、無限城をごっちゃごちゃにしても圧倒的パワーでゴリゴリやってきそうですけどねw

もしその可能性がないとするならば…

それとも地上戦へ!?

地上戦か!?

って事になってくる訳ですw
個人的には希望の光が見えてくる感じではありますが、推しキャラ達を皆殺しにした先生が描く「鬼滅の刃」でございますw

果たしてそんなご都合展開が来るかどうか…

きてもらわないと困るのですがね!!

シノ
シノ
ここまでご都合展開を望むのってそうないよ…
全く…

地上戦が来なかったらどうなる?

まじでなんの身も蓋もない考察ですが、していこうと思います。

まず…

・柱全滅

・炭治郎と無惨の相打ち

なんかあるかなーなんて思ったりもしますw

柱はまず、陽の光という希望が絶たれたのならばどうにかこうにかせねばいけない訳ですが、そこでやる事といえば…

  1. 鳴目討伐
  2. 紅い刃の発動

だと思います。
もし、鳴目討伐が難しかった場合、黒死牟に絶大なダメージを与えたあの紅い刃しかないと思いますね。

まぁそれでも黒死牟は復活したので望みは薄く、なんとも弱い考察ですw

無残への攻撃はどう通す?

そして続いてはこちら!

先ほどにもちらっと申しましたが、無惨への攻撃は…

紅い刃

かなと…

現状、無惨の強さは義勇曰く、上限の比でないことが判明しています。

それに加え、腕は硬質化し、刃の様に鋭い。
そしてよく伸びる。

という形になっています(寄◯獣かな?)。

甘露寺が手応えあり!と感じても無傷なのでねぇ…
紅い刃は必須だと思います。

ではどう当てる。

当てる事に関しては、そう難しくなさそうな感じです。

いや、私達からしたら鬼のように難しい。
というか、もうすでにサイコロステーキ先輩のようになっている事間違いなしです。

ですが、一度炭治郎は抜け出せているんですよね。
まぁ結局くらいはしましたがw

そしてそれと同様に、義勇もそこへ炭治郎を助けに行けているんですよね。

なので掻いくぐる事自体は難しくないのかなと…

シノ
シノ
僕の右手が、乗っ取られて…
ミギーって言うんだ…

十参ノ型

最後になりましたが、ヒノカミ神楽の十参ノ型について考察していきたいと思います。

炭治郎は十弐ノ型しか継承していない「受け継ぐことが出来なかった者」と言っていますが、まず受け継ぐ機会がなかったと言う方が正しいのでは無いか

と思われます。

炭治郎の父である炭十郎は、全部で12の型を踊っていました。

なので炭治郎は、受け継ぐことが出来なかったのではなく…

受け継ぐ機会がなかった

と思われます。

では何故十参ノ型は舞わないのか

先ほどのツイートでもありましたが、炭十郎の舞では全部で12の型を舞っていましたが、何故13あるのに12までなのかを考察してみました。

これは、竈門家に継承する際に、受け継げないと思ったから伝えなかったのではと考えます。

鬼滅の刃ネタバレ183話以降の考察:まとめ

183話以降の考察内容を簡潔にまとめます!

・愈史郎は死ぬ!?

・それとも地上戦へ!?

・無残への攻撃はどう通す?

・十参ノ型

とこんな感じです!ご覧いただきありがとうございました!!

前話を見る← →次話を見る