漫画ネタバレ感想

【傷だらけのピアノソナタ 2話 傷だらけのピアノソナタ】の内容をネタバレ紹介!

ここでは【傷だらけのピアノソナタ 2話 傷だらけのピアノソナタ】の内容を紹介している記事になります!

傷だらけのピアノソナタ最新話が読みたいけどジャンプ+は買わないって方は、ここを読んでいただければ、2話の内容はバッチリですのでぜひ最後までご覧ください!

※傷だらけのピアノソナタ2話は、2020年11月3日にジャンプ+に掲載されている内容になります!

前話を見る← →次話を見る

傷だらけのピアノソナタ2話前のあらすじ

前回の内容を簡単にまとめると…

  • ルナは負け犬を嫌う少女でヒナコは失声症の少女
  • ルナは転校生にバトミントンで負けて、階段が転げ落ちるも無事だった
  • ヒナコはピアノを弾くのが超うまい!
  • ルナがヒナコに教えを乞う

という感じです!

ルナはピアノの指導を受けて上手くなるのでしょうか!

では【傷だらけのピアノソナタ 2話 傷だらけのピアノソナタ】の内容をご紹介していきます。

傷だらけのピアノソナタ2話の内容をネタバレ紹介!

ではご紹介していきましょう!

ジロ
ジロ
ルナはヒナコの指導を受けるみたいだけど
失声症のヒナコはちゃんと教えられるのかな

少しばかり不安ですね…。

では今回ご紹介する内容はこちら!

・タイトル

・絵

・レッスン

・ヒナコの家

・ヒナコの過去

この五つの大見出しをご用意!

その下にも詳しい内容を付け加えていきます。

タイトル

今回の2話のタイトルは【傷だらけのピアノソナタ】となっています。

思いっきり漫画のタイトルですが、ヒナコの事だと思われます。

恐らく、ヒナコの過去について分かるのでしょうか?

一体どんな過去なのでしょうか…。

では2話の内容をご紹介していきます!

一ページ目の絵

今回の2話一ページの絵ルナを指導するヒナコが描かれています。

ジロ
ジロ
失声症がありながら丁寧に教えてますね
これでルナが上手くなったらいいですね

ヒナコの教えで、ルナは上手くなるのでしょうか!?

では、気になる本題に言ってみましょう!

レッスン

ルナがヒナコにピアノを教えてと頼んでから翌日、ヒナコはルナにピアノを教えていました。

今はピアノ入門ステップ①の指導を受けていて、取りあえず気楽にやろうと思って練習に打ち込みます。

しかし、30分後…。

ルナ「地味----ッ!!!やっぱりさぁピアノはやるならこう…誰でも知っているような名曲を気持ちよく弾きたい訳よ」

と項垂れながら言うと、よくこんな地味なのを続けてきたねとヒナコに言います。

ヒナコはスケッチブックに私は好きだったと書くと、ルナはやっぱりヒナコは変人だと思っていたのです。

プロのピアニスト

一旦休憩となり、ルナはヒナコがプロのピアニストになりたい事を知ると、プロのピアニストは何をするのかと聞きます。

ヒナコはスケッチブックにホールで演奏したり、イベントの伴奏をしたり、先生になって人に教えたりすると書いたのです。

それを知ったルナはヒナコは何がしたいんだと聞くと、ヒナは再びスケッチブックに世界中の養護施設に行き、両親がいない子供達のために弾きたいと照れながら書きました。

ルナはそんなヒナコの姿を妄想するも、今のヒナコからでは想像がつかなかったので立派な夢だと言いつつ、心の中で似合わないと思っていたのです。

そしてふと思い出したかのようにルナは階段から転げ落ちた際に、自分に聞かせてくれた音楽は良い曲だったけど、誰の曲なのかと聞くと…。

ヒナコ『私のお父さん』

とヒナコはスケッチブックに書くと、ルナは呆気に取られました。

ヒナコの家

そしてヒナコの家に行くと、途轍もなく豪邸だったのでルナは驚きを隠せませんでした。

因みにルナは部活をサボっており、部員達は雪が降ると大騒ぎしていました。

それから庭を案内され、室内に入るとヒナコはただいまのサインと言わんばかりにベルを鳴らしたのです。

そうしたら奥から音がしたので奥へと向かうと、バイオリンを弾いている男性がいました。

とても真剣に弾いていたのでルナは見入っていたが、男性がヒナコを見ると子煩悩になったので少し引き気味になると、父親かと尋ねると男性否父親はコントと言わんばかりに娘はやらんと言ったのです。

父親「あールナ君か ヒナコから何度も聞いているよ 仲良くしてもらっているようだ 娘に代って礼を言う」

と父親は言ってルナを椅子に座らせ、ルナは椅子に座ると目の前にあるテーブルの上に楽譜があったの目にします。

父親否陽一は自分の名刺をルナに渡すとルナは陽一が作曲家なのに驚きます。

陽一は音楽には目には見えない不思議な力があるから偉大だよねと言うも、ルナはスケールの大きさについていけませんでした。

そしてヒナコはお菓子を取りに行きました。

衝突!

ヒナコがルナにピアノを教えている事も知っている陽一はその事について聞くと、ルナは遊びだと笑みを浮かべながら言うと…。

陽一「キミはバカにしてるね ピアノもヒナコも」

と真剣な表情をしながら言うと、ヒナコは高校まで友達が出来なかったけど、仲良くなってくれたルナがピアノに興味を持ってくれたから嬉しいだろうと言います。

ルナはそれならいいでしょうと言うと、陽一はもしピアノを辞める事になったらヒナコは悲しむと言います。

更にヒナコが今の領域に辿り着くまでに3年かかったのだから、素人が中途半端に手を出してほしくないと言うと…。

ルナ「ハンパで投げ出したりしねーですよ そこまで言うなら私もぜったいピアノうまくなってやります!こう見えて根性はあるんですから!!」

と反論すると陽一は根性で如何にかなるものではないと煽りつつ、ヒナコのピアノを聞いたかと聞きます。

ヒナコは聞いたと答えつつ、流石作曲家の子供だと言うと陽一は自分とヒナコは血が繋がっていないと言ったのです。

ヒナコの過去

今から8年前、当時ピアニストだった陽一は小さな病院にあるピアノで演奏しようとしていました。

その際、今以上に包帯だらけだったヒナコを見つけた陽一は声をかけるも彼女は逃げていきます。

医者が言うにはヒナコは実の家族から虐待を受けていて、喋る事も出来なくなったと言います。

そして陽一はピアノを弾き始めると遠くで聞いていたヒナコを見つけ、興味を持った様子の彼女に指導しようと手を伸ばすも、虐待されると思ったヒナコは怖がったのです。

そしてヒナコを引き取って現在に至ると語る陽一の元に、クッキーを持ってきたヒナコが現れます。

話を聞いていたルナはどうして話してくれたのかと聞くと…。

陽一「キミがヒナコの友達だからさ」

と答えたのです。

決意!

その後、ヒナコの案内で家を見て回るルナ。

そしてプールがある場所に行き、ヒナコは景色が綺麗だよと言わんばかりに笑みをこぼします。

そんな彼女を見て、あんな酷い目に遭ったのに何で笑っていられるのか、不自由な自分の事を恨めしいと思っているんじゃないかとルナは思っていました。

そして急に制服のまま、プールに飛び込んだのでヒナコは驚いたのです。

プールの中から顔を出したヒナコは昔の事はどうでもいいし、ヒナコにはピアノがあるし、自分もいると言うと…。

ルナ「ピアノで…一番になってさ 世界中に聴かせてやろうよ 傷だらけのピアノソナタを!!」

と言い、ベランダの上から聞いていた陽一は良い子だと呟きます。

そしてルナはびしょ濡れのまま、帰宅する事になったのです。

ということで、2話は終了します。

傷だらけのピアノソナタ2話が含まれる単行本情報

今回ご紹介した2話の内容を単行本で読む際は以下を参考にしてくださいませ。

傷だらけのピアノソナタ 第2話

  • 単行本1巻収録
  • ジャンプ+に収録←今すぐ読める!

【傷だらけのピアノソナタネタバレ 2話 傷だらけのピアノソナタ】:まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した内容を簡単にまとめます!

・タイトル=傷だらけのピアノソナタ

・絵=ヒナコのレッスンを受けるルナ

・レッスン=ヒナコがルナにピアノのレッスンをする

・ヒナコの家=ヒナコの家は超豪邸!

・ヒナコの過去=虐待を受けて養子となった

こんな感じでしょうか。

次話が気になりますね!!

前話を見る← →次話を見る

以下当サイト「傷だらけのピアノソナタ」ネタバレまとめ表です。

1巻
1話 2話 3話 4話 5話