その他

お年玉の相場を年齢別に表まとめ!子供や姪、甥にいくら渡す?

お年玉の季節がやってきました。正月です、、、子供の時はこの日が待ちどおしかった記憶なのに今では出費が嵩むという記憶しかありません;;

甥っ子や姪っ子、さらには自分の子供まで数が多ければその分お金の出費が増えますよね、、、

今回は、私が初めてお年玉をあげる立場になった時に困った体験やお年玉をいただいていた時の経験を生かして、記事を書いていきたいと思います。

お年玉の相場を年齢別に表まとめ!:早見表

表を作成をしたので、ご覧ください。これから下の項目はこの表を文にして理由付けした内容なのでこの項目だけでとりあえず解決する内容となっております。

fullsizeoutput_8a.jpeg

お年玉の相場を年齢別に表まとめ!子供や姪、甥にいくら渡す?:理由

では早速見ていきましょう。

小学生以下

こちらは500円でいいでしょう。小学生以下はお金をまだ意識しない年なので、渡しても親に回収されてしまうのが流れです。

小学生1から2年生

こちらは1000円でいいでしょう。まだ自分でお金を管理するお年でもないですしね。

小学生3から4年生

こちらは2000円。この年から友達だけで外へ遊びに行くようになり、お財布を持ち始め、自分でお金管理を始める年ですので少し弾んであげましょう。

小学生5から6年生

こちらは3000円。友達遊びが盛んになってくる年ですが、その都度親からお金をもらうでしょうからこの金額で妥当だと思います。

この辺で金額を上げてしまうと、後々大変なことに、、、

中学生

こちらは5000円。おしゃれや異性を強く意識してくるお年ですので、この金額で妥当ではないかと思います。私も実際この金額をいただいていました。

高校生

高校生は10000円でいいかなと思います。私は実際に上限が10000万でしたし十分頂いてるなという印象です。バイトもできる歳ですし、お年玉に依存しようなんて考えは私にはありませんでした。

まあ幽霊部員していたので、バイトできていたのですが、、、

お年玉の相場を年齢別に表まとめ!子供や姪、甥にいくら渡す?:まとめ

いかがでしたでしょうか?

早見表をご覧おいただければとりあえずこの記事は終わりですが、最後までご覧いただいてくれた方にマナーを一つ教えたいと思います。

知っている方も言っらシャルかとは思いますが、お札の人物の顔は閉じていたお札を開いたときに出てくるようにお札をおりましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。