魔法少女まどか☆マギカ

【まどマギ】まどかの魔女紹介!デカすぎる対価の結晶は最強の魔女?




こんにちは!
今回はまどマギにて、最後まどかがキュウべえと契約した後に登場した魔女について記事にしました!

姿だけは見たことある方も多いと思いますが、実際どんな魔女なのか知らない方も多いと思います。
そんな方のために、まどかから生まれたとされる2体の魔女について語っていきます!!

最後までお付き合いお願いいたします!




【まどマギ】まどかの魔女紹介!デカすぎる対価の結晶は最強の魔女?

まどかから誕生したとされている魔女は2体存在しています。
『救済の魔女』『絶望の魔女』この2体がまどかから誕生したとされている魔女です。

救済の魔女はほむらの記憶の回想中に、絶望の魔女はまどかがキュウべえと契約したあとに登場しています。

どちらの魔女も大きな力を持った最強の魔女とされ、これはまどかが大きな力を持って願いを叶えた代償のためとされています。

【まどマギ】まどかの魔女:救済の魔女クリームヒルト・グレードヒェン

まどかが魔女化して生まれた魔女になります。魔女としての性質は慈悲となっています。
その姿は大きな大樹のようになっていて全ての絶望を吸収し自らが作った結界の中に閉じ込め浄化する力を持っています。

救済の魔女を倒す方法は全ての絶望がなくならない限り倒すことができないとされています。
倒す方法がないということは誰も止めることはできないということです。
その為世界中を破壊して回る以外できないようです。



【まどマギ】まどかが作った魔女?:絶望の魔女

絶望の魔女は全ての魔法少女の願いから生まれた魔女とされています。

本編では最後に登場しています。その姿はとてつもなく大きく、全てを包み込むことができるほどです。

ここまで大きな姿をしているのはまどかの願いが最終的な原因とされています。

魔法少女の願いで大きく成長し、まどかの願いが変革を起こすほど大きなものだったために絶望の魔女も大きな力を持って生まれたとされています。

【まどマギ】まどかの魔女紹介!デカすぎる対価の結晶は最強の魔女?:まとめ

最後にまどかから生まれた魔女は2体いました。そのうちの1体絶望の魔女についてはまどかが生んだというよりは、全ての魔法少女たちが生んだと言ってもいいでしょう。

まどかは自らの命と引き換えに大きな力を得て願いを叶えました。
その大きな対価として魔女化した時にその魔女は地球をも滅ぼすほどの巨大な最凶最悪の存在となりました。
そんな世界を滅ぼす存在になりたくないために、ほむらに助けを求めているんですね。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました!!

【まどマギ】まどかは弱い?実は死亡しているってマジ?では神とは?
【まどマギ】まどかの願いとは?その願いの先の最後が衝撃的すぎる!