おすすめ作品ランキング

蟲師の感想ネタバレ!蟲が存在する不思議な世界観で引き込まれる作品!

ここでは「蟲師」をご紹介しております。

  1. 本作品が気になっている
  2. ネタバレを見て購入を決めたい
  3. みんなの反応を見たい
  4. 1番お得に読む方法が知りたい

という方におすすめです。

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

>切ない漫画おすすめ50選に戻る

蟲師:作品概要

蟲師1巻表紙
作者 漆原友紀
出版社 講談社
最新話 10話
おすすめ購入先 コミック.jp(2巻分無料)

あらすじ

この世には私達の知らない生命があふれている。

その一つに動物や植物でもない生命の原生体に近い”蟲”という存在がいる。

主人公のギンコはその蟲と人間をつなぐ役割の””蟲師”として生活し、この日はしんらという少年の家に調査に向かった。

しんらは蟲が見え、かたどったものが生命として動き出してしまう能力を持つという。

しんらはお婆ちゃんが亡くなってから4年間一人で山奥に住んでいた。

ギンコはしんらの家で幼い少女の姿をした”蟲”と遭遇する。

その”蟲”は亡くなったしんらのお婆ちゃんだったのだ。

ギンコはしんらにその事実を伝える。

お婆ちゃんが完全な蟲になれる儀式が始まり・・・

1巻ネタバレ

「なんだか妙な人が近づいてくるな。」

着物を着た少女がぼそりと言った。

ギンコはその気配を感じた。

「今、何か生きものがいたようだな?にしても緑が深い場所だな~。」

ギンコは五百蔵しんらという少年の家に着くと、奇妙な生きものが飛んでいるのを目にした。

その奇妙な生きものを手で捕まえると手のひらに墨が残り、驚いた。

そこへ慌てた様子で少年が走ってきた。

「今の・・・見ちゃった?!」

「うん、しっかりと見たよ。・・・もしかして五百蔵しんら君かな?」

「そうですけど・・・もしかして調査依頼の手紙をくれた蟲師のギンコさんですか?」

実は今、しんらはギンコの調査依頼を断る手紙を書いていたという。

なんでも亡くなった祖母からの遺言でこの能力を人に知られたり広めてはいけないと言われたのだという。

「昔から何かをかたどるとそれが生き物として変化するんです。」

しんらの話によると、その特殊な能力があるのは左手だけらしい。

「さっきの生きものにはびっくりしたよ。」

「お婆ちゃんに、人が新しい命をつくるなんてバチが当たるときつく言われてるんです。だから調査は協力できません。」

しかし、せっかく山奥まできたギンコを今日は泊めてくれると言ってくれた。

 

2人はその夜、一緒に晩酌をした。

しんらは昔から一人になると奇妙な生きものを見ていたといい、その生きものを写生していた。

その絵をみてギンコは”これは蟲だ。”と言う。

しかし、しんらはそういうものが見えることを祖母が亡くなるまでずっと理解してもらえなかったという。

その夜、ギンコはトイレに向かう途中で”蟲”の気配を感じ探ってみた。

そして、着物を着た少女の”蟲”を見つけた。

その少女は半分に欠けた緑色の盃を所持しており、会話をするうちにギンコは気付いた。

「お前の名前は廉子だろ。しんらのお婆ちゃんだな。」

なんと、その少女はしんらのお婆ちゃんの廉子だったのだ。

 

翌朝、その事実をしんらに伝える。

「お前のお婆ちゃんは蟲と人の中間としてこの家にいる。」

「本当に?でもなんで?」

「お婆ちゃんは”蟲の宴”の途中で儀式の盃が半分に割れ、完全な蟲になりそこねて人と蟲の中間というものになった。お前の知っているお婆ちゃんは”半分”だったってことだ。」

「全然分からなかった。」

「完全な”蟲”ではないからお前には見えなかったんだ。でもしんらの力を使えば完全な”蟲”にできる。」

ギンコはしんらのお婆さんにどうするか聞いたところ完全な蟲になることを望んでおり、またしんらもそれに協力すると決心し、廉子を完全な蟲にする儀式が始まった。

しんらが紙に自分の想像した”緑の盃”を書くとその絵は現物になった。

その盃は半分に割れ、廉子の持っていた半分の盃とぴったりとくっついた。

そこに溢れきたお酒を廉子が飲むと、しんらにも廉子の姿が見えるようになったようだ。

続いてしんらもその盃を飲むと、廉子の昔の”蟲の宴”の記憶が頭に流れ込んできた。

しんらはその記憶が自分に流れ込んできて涙が止まらなかった。

盃が宴の途中で割れてしまったことが悲しくてたまらなかったらしい。

 

翌朝、しんらが目を覚ますとギンコの姿はもうなかった。

「あれ、ギンコはどこ?」

「もう行ってしまったよ。」

「なんだ~・・・。」

ギンコは儀式で使った緑の盃を持ち、廉子に送り出されて次の旅に向かったようだ。

感想

管理人の感想

この作品を一言でいうと”良質なダークファンタジー”だと思います!

蟲という不思議な生き物はもちろん、そこに関わる人間たちの抱える悩みを主人公のギンコが寄り添い解決に導びこうとします。

漫画という提供の仕方ではあるんですが、そこにとどまらず広く深くこの世界について考えさせられる作品です。

人の存在の意味まで深く考えさせられるような魅力があり、絵も繊細で不思議な雰囲気をより一層深めています。

ダークファンタジーが好きで、深く入り込める話が好きな方にオススメしたいです。

ただ少し怖い雰囲気もあるので、そういったものが苦手な方には向いていないかもしれません。

以下感想はコミックシーモアからの引用になります!

※2021/11/11現在の情報です。

蟲師
(コミックシーモアでの評価)

(4.6)
レビュー数245件
175件
56件
10件
3件
1件
★★★★★

【面白い!】

物凄くハマった作品の1つ! 未知なる世界なのに、なんだか身近にあるような、 そんな感覚になる作品だった! 読んでいるうちに、どんどんその世界観に引き込まれていき、自分にも蟲が見えてくるんじゃないかと思ってきた! 物静かに惹かれていくストーリー!

★★★★

【世界観に惹き込まれる】

この漫画の雰囲気が好きです。 怪しさ、美しさに惹き込まれる、絵も素敵。 人間ドラマが深くて読みごたえがあります。

★★★

【感慨深い】

いろいろと考えさせられる作品ではあります。ただ、なんとなく私の心には響きませんでした。好き嫌いが分かれる作品だと思います。

★★

【独特な】

雰囲気とストーリーで、引き込まれる世界観があります。 昔の感じが出ている。

【無料版一巻のみ】

無料版一巻のみ購入、一回だけ読んで、それきりです。ここまで不気味なのは苦手です。

引用:コミックシーモア

蟲師を無料で読む方法

コミック.jpに登録する
(2巻分無料)

が1番手っ取り早く多くの巻数を読めます!

蟲師は1巻660円という値段設定なので、コミック.jpの登録時にもらえる1330ポイントを使用すれば、2巻無料で読めます。

  • 1巻660円
  • コミック.jpの無料ポイントは1330円
  • 2巻無料で読める

となります!!!

30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

今すぐコミック.jpで
蟲師
を無料で読む

初回ポイントで2巻無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

※2021年11月現在コミック.jpにて1200円相当のポイントが配布されているので、実質2巻分無料です。

コミック.jp ebookjapan Ameba漫画 U-NEXT コミックシーモア まんが王国 booklive めちゃコミック FOD
2巻無料 半額クーポン
6回まで
100冊半額
最新話まであり
(全10巻)
最新話まであり
(全10巻)
最新話まであり
(全10巻)
最新話まであり
(全10巻)
最新話まであり
(全10巻)
最新話まであり
(全10巻)
最新話まであり
(全10巻)
最新話まであり
(全10巻)
最新話まであり
(全10巻)
30日間無料 31日間無料 2週間無料

蟲師:まとめ

では、本記事の内容をまとめて行きます!!

  • 蟲と人間が作り出す不思議で優しい物語
  • 独特の世界観に惹き込まれる
  • 不気味な話が苦手だと注意
  • 感想は高評価が多い
  • お得に読むならコミック.jp

となります!!

それでは最後までご覧頂きありがとうございました!

>>泣ける漫画おすすめ50選に戻る