漫画ネタバレ感想

19歳の夏休み7巻の内容と感想をご紹介!かつての幼馴染全員集合!

本記事は、ズズズキュン!にて出版されている19歳の夏休み7巻の内容を紹介する記事となっております!

  • 広告で回ってきて気になっている
  • 19歳の夏休みを購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは19歳の夏休み7巻の内容と感想をご紹介していきます!

6巻を読む← →8巻更新予定

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

19歳の夏休みネタバレまとめはこちら

19歳の夏休み7巻内容:かつての幼馴染全員集合!

ミエから恥部以外は触っていいと言われた大介だが、手を出さなかった。

内心呆れているミエに対し、大介は彼女のお腹辺りを触り始める。

自分と違い柔らかいなとミエの体に感じる大介に対し、ミエは初心な表情の大介に興奮しつつ、彼のモノを触る。

大介の手は次第に胸へと行き、水着をずらして胸を触り始め、ミエは思わず喘ぎ声を出す。

最初は胸に興奮していた大介だったが、次第に行為をしたくなかったのか、ミエに覆い被さり始める。

そして胸をがっつり触り始め、ミエも大介の様子が変わった事に気づく。

大介は水着越しから自分のモノで、ミエの恥部を擦るとやがて気持ち良くなったのか、射精して彼女の身体を汚す。

ミエは一旦大介を追い払い、海で汚れを落としていると…。

(水着が無かったら、あのまま本番を迎えていたかも)

と思っていた。

 

そしてミエと別れた大介は彼女の怒りを買ってしまったと思いつつ、一線を越えずに済んだ事に安堵。

同時に父親の遊馬みたいに、無責任に女と行為をしない事を誓う。

そんな誓いとは裏腹にミエと行為をする夢を見て、夢精する大介。

 

その後、起床して里子と共に朝食をとることに。

大介は里子の仕事を手伝っている際、何度も彼女が男性に告白されるも断る光景を見ていた。

外見は本当に綺麗なのに、男勝りだから勿体ないと感じる大介。

 

やがて陸も母親と共に島へとやって来る。

陸の母親に挨拶する大介と翔太に対し、母親は大介の事を褒め、翔太の身体をベタベタ触る。

そして母親は去っていき、翔太が「あの母親を自分の妻にしたい」と言い出したので、陸に蹴られる。

陸の母親は陸を一人で育てたが、再婚しない代わりに好みの男性を彼氏にして遊んでいたのだ。

何だかんだで大介、里子、翔太、陸とかつての幼馴染が揃った。

 

そして紗月も島から戻ったので、大介は紗月のもとに家庭教師として出かける事になった。

翔太も今の紗月を知っているのか、会わせて欲しいと頼む。

対する大介は翔太と会わせたら面倒な事になると言って、やんわりと断った。

それから大介は明美の家に行き、紗月と共に書斎に向かおうとする。

そして大介にこの島に来るようにメールを送ったのは、明美だった。

 

※19歳の夏休み7巻終了です!

19歳の夏休み7巻感想:大介を呼んだのは明美?

19歳の夏休み7巻の感想行きます!

 

前回の話では、大介は父親の事を知らなそうでしたが、大体の事は聞かされていた様子でしたね。

本人は父親みたいにならないと言っていますが、夢精の事やミエの事を踏まえると怪しいところです。

あと少ししたら、誰かと一線を越えてしまうかもしれません。

 

そして大介をこの島に連れてきたのは明美みたいでしたね。

メールの内容から、久しぶりに会いたいと言う意味ですが、何故なのでしょうか。

後に家庭教師をしてほしいと頼んでいましたが、それなら家庭教師をしてほしいと言う一文を載せる筈です。

それをしなかったのは謎と言えます。

大介が教え子だからというのもあると思いますが、彼が遊馬の息子だからというのもあるのでしょう。

彼は島の女性達と行為を楽しんでいて、もしかしたら明美もその女性の中の一人だったのだと思います。

それ故に息子である大介と行為をしたいのではないでしょうか。

 

8巻が楽しみです!

19歳の夏休み7巻を無料で読む方法

19歳の夏休み1巻表紙

現在19歳の夏休み7巻は…

コミックシーモアのみの取り扱い
(半額クーポンあり)

となっていますので、無料で読む方法はございません

19歳の夏休み
7巻を試し読み

19歳の夏休み無料で読める比較表
19歳の夏休みは違法サイトで読めるの?

19歳の夏休み7巻の内容と感想をご紹介!かつての幼馴染全員集合!:まとめ

今回は19歳の夏休み第7巻の内容・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 大介はミエの身体を触るが、危うく一線を越えるところだった
  • 大介は里子の仕事を時折手伝う
  • 陸もやって来たので、幼馴染が揃う
  • 明美の家に行き、紗月と会う
  • 大介をこの島に来るようにメールを送ったのは明美だった

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 大介と翔太の詳しい会話内容
  • 大介とミエの詳しい会話内容
  • 大介と紗月の詳しい会話内容
  • 大介と里子の詳しい会話内容
  • 大介と陸の詳しい会話内容
  • 大介と翔太と陸の母親の詳しい会話内容
  • 大介とミエの性行為

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

6巻を読む← →8巻更新予定