信長の妹が俺の嫁

信長の妹が俺の嫁6巻内容と感想をご紹介!長政出陣!

ネタバレ記事アイキャッチ画像

本記事は、COMICらぐちゅうにて出版されている信長の妹が俺の嫁6巻の内容を紹介する記事となっております!

  • 広告で回ってきて気になっている
  • 信長の妹が俺の嫁を購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは信長の妹が俺の嫁6巻の内容と感想をご紹介していきます!

5巻を読む← →7巻を読む

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

信長の妹が俺の嫁ネタバレまとめはこちら

信長の妹が俺の嫁6巻内容:六閣家、進軍してくる!

1567年1月18日、長政は城内の自分の部屋で市と行為をしていた。

市は目隠しをされており、怖く感じて多少暴れていたのだ。

そんな彼女の恥部を舐めながら、長政は彼女の事を気持ちよくさせていくも…。

「大変です長政様!一大事です!!」

と家臣が現れてこのように言うと、六閣家が軍勢を引き連れて磯野が守る佐和山城に進軍していると報告。

 

長政は急いで家臣を集めて、軍議を開く。

六閣家は3万以上の軍勢で来たのに対し、磯野が率いる軍勢は1500以下だった。

磯野は城に立てこもる事を選択した事を知った長政は…。

「赤尾はこの城に留まり、残りは自分と軍議をするから出撃の準備をしろ!」

と命じた。

しかし、この時点で六閣家が3万以上の軍勢で襲来したと言う記録は無いので、長政は自分の知識は無意味と感じていた。

そんな中、市が支度が終わったと伝えると共に、力強い目で長政を見る。

その目を見て、自分のほっぺを叩いて気合を入れると、出かけると彼女に伝えるとキスする。

 

その後、再び軍議を開く。

家臣達から六閣家が各地の豪族をも引き入れている事、浅井家の軍勢が9000くらいで、銃が350、馬が81くらいある事を知る長政。

「自分はこの国を良い国にしたい、そのためにも誰も犠牲になってはならない」

「磯野はこの家に必要な家臣だ、この戦で犠牲にしてはいけない」

「出陣だ!佐和山城を敵に奪われてはならない!!」

と長政は言うと、士気が高まった。

そして長政は彦兵衛に呼ばれ、俯きながら亮政が所持していた刀で、玉蛍石で作られた石割兼光いしわりかねみつを渡す。

続けて、久政に頼んで拝借したと言う彦兵衛だが、震えている。

それに気づいた長政は彼から刀を受け取るのだった。

 

そして城門が開き、いよいよ出陣の時が迫る。

遠藤は長政に、軍議の際誰も犠牲になるなと行ったが、それは長政も同じだと言うと、長政は遠藤もだと言いつつ…。

「さぁ、出陣だ!!」

と叫ぶと、皆も大声で叫んだ。

城内では市が長政の事を祈っていた。

 

※信長の妹が俺の嫁6巻終了です!

信長の妹が俺の嫁6巻感想:彦兵衛の様子が気になる…

信長の妹が俺の嫁6巻の感想行きます!

 

今回の話の最初、目隠し状態で行為をするのはこの時代にとってはマニアックじゃないかなと思います。

この時代もそう言うプレイがあったかもしれませんが、市の反応を見ているとそう感じましたね。

 

そして長政に刀を渡した彦兵衛でしたが、表情が変でしたね。

何かに怯えているような感じでした。

久政から刀を拝借したと言っていましたが、絶対に嘘でしょう。

長政を嫌っている彼が刀を素直に貸すとは思えません。

それ故に盗んだ可能性がありますね。

 

次回は六閣家を翻弄するんじゃないかなと思います。

数では圧倒的に負けている状態です。

しかし、桶狭間の戦いを始め、川越城の戦いや厳島の戦いの時のように、少ない数で大軍を打ち破る戦は多々存在しています。

それ故に少しでも勝つ確率を上げるために、少ない軍勢をあらゆる方向からぶつけて混乱させていくのではないでしょうか。

 

7巻が楽しみです!

信長の妹が俺の嫁6巻を無料で読む方法

信長の妹が俺の嫁1巻表紙

現在信長の妹が俺の嫁6巻は…

コミックシーモアのみの取り扱い
(半額クーポンあり)

となっていますので、無料で読む方法はございません

信長の妹が俺の嫁
6巻を試し読み

コミックシーモアは…

  • 年会料なし
  • SNS・Google・appleなどのアカウントで登録可能
  • 30日限定50%OFFクーポン付き

となっており、面倒な登録などは一切なしです!

信長の妹が俺の嫁が無料で読める比較1006

信長の妹が俺の嫁は漫画バンクで無料で読める?

信長の妹が俺の嫁6巻内容と感想をご紹介!長政、出陣!:まとめ

今回は信長の妹が俺の嫁第6巻の内容・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 長政は市と行為をしていると、六閣家が攻め入って来たと報告を受ける
  • 赤尾を城を守らせ、攻める事にした
  • 最初は不安があったが、市の目を見て気合を入れる長政
  • 家臣達にこの戦で犠牲になってはならないと言い放つ
  • 彦兵衛から石割兼光を受け取り、出陣する

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 長政と家臣の詳しい会話内容
  • 長政と彦兵衛の詳しい会話内容
  • 長政と市の詳しい会話内容
  • 長政と市の性行為

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

5巻を読む← →7巻を読む