信長の妹が俺の嫁

信長の妹が俺の嫁7巻内容と感想をご紹介!勝利と代償!

ネタバレ記事アイキャッチ画像

本記事は、COMICらぐちゅうにて出版されている信長の妹が俺の嫁7巻の内容を紹介する記事となっております!

  • 広告で回ってきて気になっている
  • 信長の妹が俺の嫁を購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは信長の妹が俺の嫁7巻の内容と感想をご紹介していきます!

6巻を読む← →8巻更新予定

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

信長の妹が俺の嫁ネタバレまとめはこちら

信長の妹が俺の嫁7巻内容:熾烈な攻城戦

遂に出陣した長政達。

しかし、数の差は歴然だったので、長政は騎馬隊で敵陣を引っ掻き回し、頃合いを見て撤退。

そして六閣家が体勢を整える間に、磯野の元に合流する策を取る。

長政は帝釈月毛に騎乗して敵兵を倒していくが、囲まれることに。

しかし、帝釈月毛が突然光り出して、六閣家の兵が乗っている馬が暴れ始めた。

この間に長政達は撤収するが、六閣家の馬達も帝釈月毛に惹かれたのかついてきたのだった。

 

そして佐和山城へと入った長政の元へ磯野がやって来て、どうしてこんな無謀な事をするのかと言うと…。

「自分は家臣だけを戦わせ、犠牲にさせるような真似はしない戦をする」

と言いつつ、何とか六閣家を追い払い勝利するぞと言うと、皆は大声で返事をする。

 

そして浅井家は立てこもって六閣家に立ち向かっていくのだが、戦は長引く。

六閣家は数を武器に果敢に攻め、浅井家は懸命に抵抗する。

そのせいで双方ともに犠牲者が沢山出て、疲労の色が出始める。

そんな中、赤尾が援軍を引き連れて攻めてきたので、六閣家は浮足立つ。

長政もこれに乗じて突撃して攻めた事で、六閣家を打ち破る事に成功した。

 

そして城に戻り、宴が行われた。

家臣達は勝利を喜ぶ中、長政は彦兵衛の事を尋ねる。

家臣達は、彦兵衛は久政の元から何かを奪い取ったから、処断されたと伝えた。

それを知った長政は宴の場から退席すると、石割兼光を手にしながら、彦兵衛がこれを奪っていたのを知りながら何も出来なかった事を悔やむ。

そして敵味方大勢が命を落とす戦を経験し、これが戦国時代だと言うのを実感するのだった。

 

※信長の妹が俺の嫁7巻終了です!

信長の妹が俺の嫁7巻感想:失った者と戦の恐怖

信長の妹が俺の嫁7巻の感想行きます!

 

彦兵衛に関してはやはりかという感じでした。

あの久政が大人しく協力するわけがないですからね。

それも彦兵衛は分かっていたと思いますが、それでも長政を助けたいから死を覚悟して奪ったのだと思います。

 

そして長政は戦を得て、恐怖を覚えました。

現代人なのですから、戦の経験など皆無でしょうから、普通の感覚から言って間違いないでしょう。

しかし、慣れていくしかないでしょうね。

 

次回は市が長政を慰めるのではないでしょうか。

今の長政は戦を経験し、大切な者達を失ってナーバスになっています。

そんな彼を見て、慰めるんではないかと思います。

苦しんでいる夫を助けるのも妻の役目と言って助けそうですね。

 

8巻が楽しみです!

信長の妹が俺の嫁7巻を無料で読む方法

信長の妹が俺の嫁1巻表紙

現在信長の妹が俺の嫁7巻は…

コミックシーモアのみの取り扱い
(半額クーポンあり)

となっていますので、無料で読む方法はございません

信長の妹が俺の嫁
7巻を試し読み

コミックシーモアは…

  • 年会料なし
  • SNS・Google・appleなどのアカウントで登録可能
  • 30日限定50%OFFクーポン付き

となっており、面倒な登録などは一切なしです!

信長の妹が俺の嫁が無料で読める比較1006

信長の妹が俺の嫁は漫画バンクで無料で読める?

信長の妹が俺の嫁7巻内容と感想をご紹介!勝利と代償!:まとめ

今回は信長の妹が俺の嫁第7巻の内容・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 長政は六閣家を翻弄し、佐和山城へと入城
  • 城に立てこもって抵抗する
  • そして赤尾が援軍を引き連れてきたので、一気に攻勢に出て勝利する
  • 宴に参加するが、彦兵衛が処断された事を知り、同時に大勢の敵味方が命を落とした事で戦国時代に来た事を実感する

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 長政と家臣の詳しい会話内容

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

6巻を読む← →8巻更新予定