その他

お水取りとは?やる事に意味があるのだろうか?分りやすく徹底解説。

シノ
シノ
もうすぐ三月だなぁ〜。ん?お水取り?これなんだろう、、、
ジロ
ジロ
やぁシノ。お水取りって言うのは、奈良県の東大寺二月堂で行われる行の一つで、開運方法の一つさ。

ジロが言っていた通り、お水取りとは開運方法の一つです。今回は、そのお水取りの意味や効果をわかりやすく解説して行こうと思います。

この記事を読んで、是非参加してみてください。




お水取りとは?やる事に意味があるのだろうか?

ジロ
ジロ
先ずはお水取りとはなんなのかを説明していくぞ。手順や日程は、最後にURLを載せておくから安心していいぞ。

先ほどお伝えした通り、ここでは意味や効果を解説する記事となっておりますので手順や日程については記載しません。
ですが、そこについても分かりやすいサイトのURLを最後のまとめの方に載せておきますので、参考にしてみてください。

お水取りとは?

お水取りとは通称であって正確には「修二会(しゅにえ)」と言い、人々に変わり罪を懺悔し、天下泰平や五穀豊穣を祈る大行事となっております。
この修二会の中のお水を汲み取りにいく場面をお水取りと言います。

シノ
シノ
「お水取り」って通称だったんだ!!本当は「修二会」って言うんだね!修二会はどうやって開運につながるの?



修二会の流れ

ジロ
ジロ
流れと共に、それを行なって得られる効果を説明して行くぞ。

修二会には

  1. 修二会を執り行う11人(練行衆)を決める。
  2. 修二会の前行である別火を始まり、練行衆は泊り込みで本業の準備に当たる。
  3. そして3/1に本行が開始。
  4. 巨大松明に火を灯し二月堂へ入り深夜まで祈りを捧げる。(声明)
  5. 松明が舞台に掲げられる。(おたいまつ)
  6. クライマックスの12日深夜。練行衆は祈りの合間に水を汲み取りに行く(お水取り)

と言う流れがあります。私たちに効果があるのは⑤と⑥で、「おたいまつ」では降り落ちる火の粉が無病息災をもたらすと言われています。
「お水取り」は一回ごとに方徳を積む独立した行為で、様々な効果が期待できます
またお水を取りに行く方位も別々に決まっており、方位ごとに効果が違うため色々な方位へ取りに行く事によって様々な効果が得られます。 

シノ
シノ
じゃあ参加するのは「おたいおまつ」と「お水取り」でいいんだね!!!

お水取りとは?やる事に意味があるのだろうか?:まとめ



シノ
シノ
とりあえずわかったよ!参加するのは「おたいまつ」と「お水取り」!!!
ジロ
ジロ
「修二会」は大行事でその中の「おたいまつ」と「お水取り」が開運につながるんだ。

最後に今回の記事の要所をまとめた表をご覧ください。

「修二会」は人々に変わり罪を懺悔し、天下泰平や五穀豊穣を祈る大行事
参加するのは「おたいまつ」と「お水取り」
「おたいまつ」は降り落ちる火の粉が無病息災をもたらす
「お水取り」は一回ごとに方徳を積む独立した行為で、様々な効果が期待できる


2019年「修二会」日程↓
https://hanasjoho.com/archives/7169https://hanasjoho.com/archives/7169

お水取りやり方↓
http://www.keiyuukai.net/omizu.htm

以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

シノ
シノ
ご覧いただきありがとうございました!!!!!!