漫画ネタバレ感想

【転スラ】元魔王カザリームの強さは?レオンをボコボコに!?

ユウキ・カグラザカの部下として仕えているは美しい女性。

現在はカガリと名乗っていますが、実際は元魔王カザリームがホムンクルスに受肉した姿となります!

本記事では…

  • カザリームの強さ
  • なぜカザリームは肉体が消失したか
  • レオンとの関係
  • なぜユウキに仕えているか
  • カザリームの軌跡

呪術王カザリームの強さ・レオンとの関係などをご紹介していきます!

※本記事はWEB版を参考資料としています。

【転スラ】カザリームのプロフィール!強さやカガリになった理由紹介!

種族 妖死族
二つ名 呪術王
スキル 人心掌握・企画者・相殺消失
支配之王

カザリームは中庸道化連の会長であり、元魔王です!

まだレオン・クロムウェルが覚醒する前の話ですが、「呪術王カザリーム」として魔王をしていました。

そして、人間なのに魔王を名乗ったレオンが気に食わなくなり、レオンにちょっかいをかけにいきます。

結果は返り討ちに遭い、レオンは戦いの最中で覚醒し、レオンが名実ともに魔王となるきっかけとなります!

そんなカザリームはユウキに救われることになり、レオンに戦争を仕掛けるより強い力を手に入れます!

動画がよろしければ、こちらの動画がおすすめです!

カザリームの強さ

カザリームの強さは、当サイトのランキングでは全体で29位としています!!

転スラキャラの強さ、最強ランキングtop30【ファンが認めた決定版】

カザリームの強さを簡単にいうと…

最終的にレオンを赤子同然のように倒せる強さ

カザリームの強さがトップの時は、レオンも覚醒魔王級の強さを持っております

そんなレオンを赤子同然のように倒せるカザリームは相当強いと言えますね!

具体的に説明すると…

聖魔両方の力を操る精神生命体

精神生命体とは、「頑強な生命力を持つこの世の頂点たる者たち」だそうです。

そして聖魔両方の力を操れるということは、苦手属性がなく、攻撃が効かないということです!

倒すには虚無属性での圧倒的なエネルギー量の攻撃をするしかありません。

カザリームがカガリになった理由はユウキのおかげ

カザリームがまだ魔王をやっていた頃、レオンによって肉体はあっという間に滅びました。

しかしカザリームは不死身に近く、肉体があれば憑依して復活を果たすことができます。

そこでカザリームが取った行動は…

召喚

この時に召喚されたのが、ユウキ・カグラザカ。

しかしユウキは転移の際に持っていたスキルにより、カザリームを拒絶。

しかしユウキはカザリームを救い、カザリームはユウキに仕える事になります。

【転スラ】元魔王カザリームの軌跡!レオンとの戦いなど紹介!

ここからはカザリームの軌跡をご紹介!!!!

これはWEB版転スラなので、アニメ・漫画・小説と異なりますので、ご容赦ください。

ちなみに、カザリームの過去のエピソードなどは小説版10巻で描かれており、WEB版で描かれていない内容もあります!

ここでご紹介する話数は全6話!

  • 131話:魔王レオン
  • 185話:新たなゲームの始まり
  • 189話:天上の軍勢
  • 203話:大魔王カザリーム
  • 210話:レオンの想い
  • 212話:愚かなカザリーム

です!!

131話:魔王レオンvsカザリーム!

レオンはクロエを探し出すため、上位の魔人を滅ぼし知識を奪う生活が続いていた。

いつしかレオンは”金髪の悪魔”という呼称が広まり、やがて魔王を呼称していると勘違いされるようになった。

そんなレオンに初めて脅威と呼べる存在が襲いかかった。

“呪術王”カザリーム

天才かつ“勇者の卵”であったレオンにとっても、魔王カザリームは強敵だった。

防御に特化したレオンは、不死族の王であるカザリームには相性が悪かった。

逆に、カザリームもレオンに呪いが効かず、やり辛かった。

決め手がないまま数日が過ぎた。

しかし決着はやってきた。

レオンの”勇者の卵”が孵り、”真なる勇者”へと覚醒を果たす。

レオンは覚醒と同時に、究極能力「純潔之王」を得た

「純潔之王」は全ての混ざり合う法則を分け、純粋なエネルギーを選別する能力。

呪術王カザリームは抵抗することも叶わず、カザリームを構成する魔肉体は消滅した

呪血は呪いと血に、腐肉は微生物と汚泥に、骨は魔素と水に。

名実ともにレオンが魔王になった瞬間だった。

 

参考資料:web版転生したらスライムだった件131話魔王レオン

185話:カガリが熾天使を喰らい復活!?

熾天使を喰らい復活しろ。カガリ、そして、ヴェガ」

皇帝の近衛騎士団長である近藤中尉によって殺されたカガリは、ユウキの能力によって復活はたす。

しかしただの復活ではなかった

熾天使を喰った、覚醒魔王にも匹敵する、恐るべし聖魔人として。

「正義之王」を獲得したユウキはカガリ達と天使達を引き連れ、天界へと戻っていく。

参考資料:web版転生したらスライムだった件185話新たなゲームの始まり

189話:カガリ「支配之王」獲得

カガリは熾天使の力を取り込み、大きく力を増していた。

それだけでなく、自身の魔王の種子に10000人の魂を注ぎ込み、魔王としての覚醒も果たしていた

覚醒魔王・熾天使の力を取り込みし者として究極能力「支配之王」を得ていた。

絶対的な支配の力を手に入れたカガリは、ユウキの手下の中で最強の4人である”四凶天将”の位を授かった。

そして自分が手に入れた強大な力を試したくて仕方がなかった。

レオンに向ける強力な復讐心と共に。

今の自分ならディーノより強いだろう…

実際に今のカガリは覚醒魔王の力を凌駕する。

カガリは仄暗い喜びの感情を抑えつつ、ユウキを待つ…

参考資料:web版転生したらスライムだった件189話天上の軍勢

203話:大魔王カザリーム

カガリは邪悪に笑う。

憎きレオンに復讐するときが来た。

レオンの能力を把握し、レオンの能力が最大限発揮できないように根回しをし、退路もしっかり断つ。

復讐の時を迎えたカガリの気分は最高潮だった。

「ねぇ、今どんな気持ち?」

カガリのもつ神話級の片手剣が、レオンの黄金円盾を切り裂いていく。

かろうじて攻撃を捌いているものの、ジワジワとレオンは押されてきていた。

「黙れ、貴様程度に本気を出すまでもない。」

カザリームは本来、後方支援が得意な魔人だった。

だからこそレオンは倒せる自信があった。

しかしカザリームは身体を創り変えていた

己が接近戦に弱いということを熟知していたからだ。

今のカガリはレオンと互角以上に戦える肉体能力を持ち、「支配之王」により戦闘センスを補っていた。

「支配之王」はレオンとの攻防の中、戦闘を学び取る

次第にレオンは捌けなくなり、脇腹に小さな傷ができる。

邪悪に笑うカガリ。

カガリはレオンを挑発し、レオンのプライドをへし折ろうとする。

そんな様子を見たレオンは、実際にカガリが自分以上の力を手に入れた可能性を視野に入れた。

このまま自分が負ければ住民に被害が出ることは間違いないことを悟ったレオンは、住民に被害が出ることに覚悟を決め、強大な力を解放しようとする

「お待ちください、レオン様。」

そこに現れたのはミザリーだった。

ミザリーの能力により、城と町を完全に隔離。

そのおかげで状況は一変する。

しかしカガリは不愉快そうに眉を顰めた。

そして2人にリムルが倒されたことを告げる。

驚く2人をよそに勝ち誇るカガリ。

「それでは初めましょう。」

そう言ってカガリは肉体を創り変える

そこには最適化された魔王カザリームの姿があった。

明らかに接近能力が高まっているカザリームだったが、レオンは口元に笑みを浮かべる。

「自惚れるなカザリーム!もう一度貴様を葬ってやろう。」

街と隔絶された世界にて、レオンは本気出せる。

参考資料:web版転生したらスライムだった件203話大魔王カザリーム

210話:レオンvsカザリーム再び

カザリームは以前とは比べ物にならないほど強大になっていた。

レオンはここで滅ぶのだろうかと思考を巡らす。

自分も今まで弱者を踏み躙って生きていた。

それが自分の番になっただけだと思い、素直に納得する。

そうは言いつつも、本当にこれでいいのだろうかと疑問に思う。

レオンはこの世界での出来事を思い出す。

なんのために国を作ったのか、誰のために今まで行動してきたのか。

レオンは崩れかけていた気持ちを奮い立たせる。

そんな様子を見てカザリームは眉を顰める。

プライドをへし折りたいカザリームにとって、それは不愉快なことだった。

レオンは攻撃を仕掛ける。

しかしカザリームには効かない。

レオンの攻撃属性は究極の聖属性。

カザリームには魔と聖の両方の力が宿っている。

カザリームには効かないが、レオンだけダメージが入ってしまう。

なんの策も見いだせない時…

「初めまして、俺はベニマル。」

応援の要請に応じてきたのはベニマルとソウエイ。

レオンはリムルが死んだというのは嘘だということを察した。

それはカザリームも同じだった。

「ふざけるな!魔王リムルは滅んだんだ!あんな雑魚が、大魔王を名乗るなど烏滸がましわ!!」

その叫びは確実に地雷を踏み抜いた。

「「殺す!!」」

笑顔が消えたベニマル。目に冷たい光が宿ったソウエイ。

参考資料:web版転生したらスライムだった件210話レオンの想い

212話:愚かなカザリーム

ソウエイとラプラスが戦闘する中、ベニマルとカザリームは高高度空域で空中戦を演じていた。

カザリームは自身のエネルギーにものを言わせ、ベニマルに猛攻撃をしていた。

「聖魔合一」

聖と魔。天使と悪魔の力を統合したそれは、相手の攻撃を等しく相殺し、反撃を加えるというもの。

カザリームの編み出した、相殺消失である。

今の自分はオクタグラムも敵ではないと確信していた。

それほどまでに、己の能力に絶対の自信を持ち、過信していた

カザリームは叫ぶ。

「オラオラオラ!どうした!どうした!」

調子に乗るカザリーム。

「ウルセェ!!」

ベニマルのはなった拳がカザリームの顔面を捉える。

「テメーの攻撃は、俺には全く通用しねーよ」

理解できないカザリーム。

ベニマルが見栄を貼っていると思い、カザリームは聖魔波動砲とでも呼ぶべき恐ろしい量のエネルギー波を放った。

ベニマルは愛刀”紅蓮”を構える。

「知ってるか? 速度は、力だ。」

そう発言したベニマルは、カザリームのエネルギー波を受け流した。

あまりの現実に驚愕するカザリーム。

あり得ない光景に理解が追いつかない。

「パワーはお前の方が上だったが、質は圧倒的に俺の方が上だっただけの話だ。」

「じゃあ、そろそろ死ね!陽光黒炎覇加速励起!」

恐慌状態で動けないカザリームに、ベニマルの必殺技が喰らい付く。

カザリームは大きすぎるエネルギーを受け、身を焼かれながら落ちていった。

参考資料:web版転生したらスライムだった件212話愚かなカザリーム

【転スラ】元魔王カザリームの強さは?レオンをボコボコに!?:まとめ

最終的にカザリームですが、ラプラスに見送られます。

そしてヴェルダというものにより、カザリームの身体は発光し、爆発四散してしまいます。

カザリームが魔王になった理由ですが…

自分たちが楽しく暮らせる場所が欲しかっただけ

本来カザリームは油断ならない性格をしており、強大な相手に喧嘩を売るような性格ではありません。

リムルに喧嘩を売るなんてもってのほかなのです…

ではなぜ、喧嘩を売ったかというと…

カザリームの体を爆発四散させたヴェルダにより洗脳を受けておりました…

ではまとめていきます!

  • レオンによって体を無くす
  • ユウキを召喚し、乗り移ろうとするも拒絶される
  • しかしユウキに救われ、部下に
  • カザリームはカガリとして行動する
  • カガリは熾天使の力を吸収し、復活する
  • 同時に覚醒魔王化もする
  • レオンを軽く凌ぐ強さになる
  • しかしベニマルによって倒される

となります!

それでは最後までごらんいただきありがとうございました!!