漫画ネタバレ感想

【転スラ】ロイ・バレンタインが死亡!?強さや軌跡をご紹介!

転スラ界に存在する”魔王”

その1柱であるロイ・バレンタインについてご紹介していきます!

  • ロイのプロフィール
  • ロイの強さ
  • ロイ死亡!?
  • ロイの軌跡

と言う流れです!

吸血鬼族の魔王であり、西方聖教会の法皇である特殊な存在であるロイ!

そんな彼の強さや性格、軌跡をご紹介していきます。

※本記事は転スラ漫画版を参考にしています。

【転スラ】ロイ・バレンタインのプロフィール!強さも紹介!

種族 吸血鬼族
二つ名 鮮血の覇王
スキル 血刃閃紅波

ロイ・バレンタインは西方聖協会の法皇かつ魔王と言う人物!!

実際はルミナスの代わりに魔王を名乗っているだけで、強さはそこそこと言った感じです。

当サイトの強さランキングでは27位としています。

転スラキャラの強さ、最強ランキングtop30【ファンが認めた決定版】

西方聖教会の教義に”魔物の殲滅”と言うものがあるのですが、魔物のロイが法皇をやっているという謎があります…

ロイ・バレンタインの強さ

ロイの強さは、先ほどお伝えした通り…

魔王級ではあるが
そこそこ

と言った感じ。

ラプラスが西方聖教会に侵入した際に、ラプラスを一撃で撤退させています。

しかし、最終的にはラプラスに命を奪われる事になり、強さはそこそこと言う結論になります。

元魔王のカザリームとは面識があり、カザリームがレオンに敗れる前の強さと互角だったらしいです!

ロイの性格は高圧的

「下賤な…」
「ゴミ虫…」
「フンッ」

自分の主人であるルミナスへは非常に丁寧な態度を取るロイですが…

それ以外の存在へは、基本高圧的に接しています。

クレイマンが死亡したことをラプラスに笑いながら話しており、性格はとても悪そうw

その油断をつかれてか、ラプラスにボコされて死亡する事になります…

【転スラ】ロイ・バレンタインの軌跡!初登場から死亡まで紹介

ロイのプロフィール紹介も済んだので、ロイの軌跡をご紹介していきます!

  1. 漫画16巻72話:ロイの初登場
  2. 漫画17巻78話:魔王達の宴
  3. 漫画18巻85話:ロイ死亡

の順番でご紹介していきます!!

漫画16巻72話:ロイの初登場

「神聖なはずのこの場所に…」

「なんで吸血鬼族がおんねや…!」

ラプラスは西方聖教会の聖地から吸血鬼族が出てきた事に驚きを隠せなかった。

”魔物の殲滅”

それは西方聖教会か掲げる教義の一つだった。

さらにその吸血鬼族は祭服を纏っていたのだ。

ラプラスは吸血鬼族の右手の禍々しい力に気づき、逃走を図るも…

「消し飛べい!!」

吸血鬼族から放たれた赤い光線は、ラプラスの四肢を切断した。

漫画17巻78話:魔王達の宴

リムルは次々と現れる魔王達を観察していた。

執事とメイドを1人ずつ従え、魔王が部屋に入ってきた。

「目立つ犬歯…」

従者を従え入ってきたその魔王は、襟の立ったマントを羽織り、閉じている口からは犬歯が突き出ている。

リムルは吸血鬼族の魔王と想定し、魔素量のチェックも行った。

魔素量もなかなか…

そうリムルは思っていたが、付き従っているメイドの方が魔素量が多い事に気づく

ラファエルに魔素量の大小はあくまでも参考程度に、と釘を刺されるが…

リムルはそのメイドが只者とは思えなかった。

漫画18巻85話:ロイ死亡

リムルとクレイマンの戦闘が終わり、ギィが魔王達にリムルの魔王化の賛否をとる。

他の魔王が認める中…

「余としては、下賤なスライムが魔王などと断じて認めたくはないが」

魔王ヴァレンタインは反対していた。

「クァーッハッハッハッハ!」

ヴェルドラは突然笑い出し、魔王ヴァレンタインの横にいるメイドに話しかけた

「おいミルスよ。従者の躾がなっておらんぞ。」

メイドはシラを切るも、ミリムはヴェルドラにバレンタインが正体を隠していることを教える。

内緒話だったが、話し声がでかく、聞こえていないものはいなかった。

「チッ」

メイドは舌打ちをし、本来の姿を顕にした。

「よろしいのですが、ルミナス様」

従者の1人だった執事が質問するが、「致し方あるまい」とルミナスは答える。

そして魔王の代役をしていたロイに、聖神殿の警備を厳重にするように指示をする。

ロイは「承知」と頭を下げ、その場を離れる。

 

ラプラスはまたしても西方聖教会の聖地に侵入していた。

「ん?」

小さな蝙蝠が飛んできたかと思えば、その蝙蝠が無数に積み重なり、魔王バレンタインとなった。

ラプラスは即撤退しようとするも、「虫けらは皆、逃げ回るのが好きだな」と言う言葉に足を止める。

どう言うことかと質問するラプラスに、魔王バレンタインはクレイマンが死んだことを告げる。

ラプラスは普段は見せないほど動揺していた。

クレイマンのことをゴミ虫と称し、ことの顛末を笑いながら話すロイ。

「何を笑っとるんじゃ。クソボケが!」

ラプラスはロイの顔面をぶん殴る。

さらに間髪入れず、ロイの顔面に拳を叩き込む

「調子に乗るなよ!貴様ぁ!!」

反撃しようとするロイだったが、得意技の血刃閃紅波は発動せず、動くこともできなかった。

そしてラプラスの左腕には、ロイの心臓があった

バチュ

ラプラスが心臓を握りつぶすと、ロイは跡形もなく消え去り死亡した。

【転スラ】ロイ・バレンタインが死亡!?強さや軌跡をご紹介!:まとめ

ロイの登場期間は非常に少なく、死に方も残念でしたね…

そのため強さがわかりづらく、自分より下だと思うものにはとても高圧的。

と言うなんとも嫌なやつというイメージしか湧きませんw

ではまとめていきます!!

  • ルミナスの代理として魔王に
  • 西方聖教会の法皇
  • 侵入してきたラプラスを一撃で追い返す
  • 魔王達の宴にてルミナスが魔王だとバレる
  • ロイは西方聖教会の聖地へ帰る
  • ラプラスを見つけ、クレイマンが死亡したことを伝える
  • ラプラスにボコされ、死亡する

となります!

それでは、最後までごらんいただきありがとうございました!